1. まとめトップ

毛色&猫種で見る 猫の性格まとめ

毛色と種類から見る猫の性格をまとめました。実家で飼っていた&飼っている猫たち(三毛、縞三毛、キジ、黒、ハチワレ)や我が家の猫(スコティッシュ)はあたってます。あなたのおうちの猫さんはどうですか??

更新日: 2016年03月12日

donokumaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4698 お気に入り 8253684 view
お気に入り追加

ページ数が多く、やや見づらいですが…ご容赦くださいm(__)m

【毛色別 猫の性格】

▼黒/ソリッド・ブラック

カラス猫、熊猫という別名も。

甘えんぼで穏やか、頭もいい。でも親に茶トラがいると暴れんぼになることも。毛の根元が薄い色のコは協調性あり。

赤の遺伝子を隠し持っている黒猫の場合は少々警戒心が強かったり、暴れん坊だったり、気が強かったりします。

感情豊かで、人間だったら芸術家系。

・一説に黒猫は家に金運をもたらすと言われている。

物事をじっと哲学者のように考える猫、と言われています。

非常に賢く、人間の気持ちをよくわかる猫ですから、穏やかに接することが必要です。こちらの気持ちを理解して、困ったときや落ち込んでいる時には、寄り添ってくれるような猫さんです。食べ物に関しては、好みが激しくて、好きなもの以外食べないよ!という自己主張をしてきます。

▼ブラックスモーク/グレー

気の良い穏やかな気質の猫が多いようです。猫とも人とも協調性を大切にしてくれます。

黒猫ほど気が強くなく、白猫ほどデリケートでもない。その中間くらい。穏やかで寛容だけど、ちょっと内気だったりもする。

はにかみやで頑固なところがあります。

ストレートな愛情表現が苦手なので、柱の影から鼻先をのぞかせて、「あたし、ここにいるの~。気がついてくれないかなぁ?」と、ひたすら同居人に念を送ります。

▼白/ソリッド・ホワイト

見た目どおり優美で繊細で賢く、可憐で細やか。

気が強く、頭もよく、時に神経質。

甘えんぼさんの場合は飼い主への独占欲が強く出ることも。でもやっぱりクール。

白ネコさんは高貴な性格をしていいます。

飼い主と距離を置き、猫の威厳を保ちながら生活します。僕は僕・・・私は私よ、という感じなので、お互い自立して暮らしましょ、というタイプの猫さんです。

ゴロゴロ甘えん坊の子は他の猫以上に強い愛情表現を好む傾向が高く、異常なまでに同居人にまとわりつくことがありますが、時に極端にクールになり、ひとりの時間を邪魔されたくないことがあるようです。

▼黒白/ブラック&ホワイト

黒の方が多い。別名、タキシードキャット、被衣。 “はちわれ”や“ソックス猫”など。

・要領がすこぶる悪い。
・落ち着かない。
 ゆっくり抱けない。膝から降りてはまた乗っかるを繰り返すところがある。
・警戒心が強い内弁慶。冒険はしない。人に近づかない。

穏やかでマイペース、甘えん坊、活発によく遊ぶ子が多いようです。明るい性格で、誰とでもうまくやれる協調性の高い子が多いです。

▼白黒/ブラック&ホワイト

白の方が多い。別名、牛柄、ブチ、鞍掛け。

1 2 3 4 5 6 7





このまとめへのコメント1

1

本をつくってます。行動範囲は、高円寺・中野・新宿界隈。



  • 話題の動画をまとめよう