1. まとめトップ

【健康】【ダイエット】朝食は食べるな!朝食有害説のまとめ

「朝食を抜くと太る」「朝食をとらない子どもは朝食を毎日とっている子供より成績が悪い」あなたもこのようなお話をテレビなどで聞いたことはありませんか?今回は誰もが健康に良いと思っていた「朝食」についてまとめてみました。

更新日: 2014年06月19日

seiyapoyon62さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 140931 view
お気に入り追加

◆「朝食を抜くと太る」は嘘!?

ドイツのミュンヘン大学、栄養医学研究所のフォルカー・シュスヅィアラー博士らの研究によると、朝食をしっかりとる人は、少しだけ食べる人や全く食べない人に比べ、カロリーを多くとることはあっても、決して少なくなることはないことがわかった。

米国立体重管理レジストリのデータによると、ダイエットに成功した78%の人は朝食をとっていたが、残りの22%は朝食抜きでもダイエットできた。

◆朝食有害説

朝は胃腸がまだ充分に覚醒しておらず、そこに食物を詰め込むと、負担が大きくなりすぎて、消化が充分になされない事があります。

朝食をぬくのは、最初一週間はきついですが慣れると胃の調子がよくなります。長年の胃痛に悩んでいた人が、胃薬を飲まなくなったりします。

◆「朝食」を思いついたのは、あのエジソンだった?

人間が朝食を摂るようになったきっかけは、トーマス・エジソンが発明したトースターを売るために販売業者が朝食必要論を提唱した事がきっかけであると言われています。

エジソンが、マスコミ相手に語っています。「みなさん、健康のためには1日3食とりましょう」 ざわめく記者たち。ナレーターが言うには、「じつは1900年初頭のアメリカは1日2食がふつうだった」のです。これがマスコミを通して発表されると、一大センセーションに。「あのエジソンが言うんだからな」アッというまに1日3食が広まったといいます。

エジソンの最大の発明は朝食だった?

◆朝食を摂らない子供は朝食を摂る習慣がある子供よりも学校の成績が悪いというのは間違い!

TV番組などでは、朝食に関する実験がよく行われています。朝食を摂った人と摂らない人の午前中の勉強や運動の能力を比較してみますと、大抵は朝食を摂った人の方が成績優秀で、それが朝食必要説の裏づけとなります。

しかし、この能力実験は条件の段階で既に公正であるとは言えません。なぜなら、普段から朝食を摂る習慣がある人を実験の対象としているからです。

朝食を摂らない習慣の子供は、夕食を遅い時間に摂ったり、夜更かしをしたりと、日常生活全般が乱れている傾向が顕著な事も明らかになっています。

木を見るな森を見ろってことですね。

◆農林水産省が朝食推進運動を必死になっているわけ!

全国民が朝食を摂る事によって、年間で1.5兆円が業者の懐に入り込むそうです。

朝食を抜く人間が増えると、食品業界、薬品業界、医療業界に大打撃を与え、先進国の経済発展の阻害要因の一つとなる事でしょう。

◆日本の朝食の歴史

日本においても江戸時代中期までは原則として一日二食で、一日三食になったのは元禄時代になってからです。

うーん、思ったよりは最近なんですねぇ。。

◆各国の朝食事情

日本
ごはん、味噌汁、納豆、生卵、焼き魚、漬物、海苔加工品など。茶粥を食べるところもある。洋風ならパン、目玉焼き、コーヒーやスープなど。

アメリカ
アメリカ合衆国は移民の国であるので様々な形態の朝食が並立している。各移民が出身国の伝統を持ち込んでおり、また米国の地で生み出された新たな選択肢も加えられている。

フランス
パン(バゲットまたはクロワッサン)や、シリアル、 飲み物にカフェ・オ・レ、コーヒーなど。

ドイツ
パン・コーヒー・ヴルスト(ソーセージ)・ハム。果物を取ることもある。コーヒーでなく、紅茶や野菜ないし果物ジュース・麦芽を溶いたミルクを好むものもある。

中国・香港・台湾
地域によって異なるが、概ね粥や麺、饅頭(マントウ)など。粥には油条と呼ばれる揚げパンが供される場合がある。点心などで済ませる者も多い。

朝から揚げパン…。

◆一度は食べてみたい世界の朝食まとめ!

1 2







  • 話題の動画をまとめよう