1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

”覚えてる?” 池袋ウエストゲートパークに出てた人気芸能人たち【IWGP】

TBSでやっていた「池袋ウエストゲートパーク」を覚えていますか?今では超人気の芸能人たちがいっぱい出演し、豪華だなーと懐かしく思います。

更新日: 2012年06月02日

卍郎さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
444 お気に入り 1947863 view
お気に入り追加

池袋ウエストゲートパークとは

2000年4月14日から同年6月23日にかけて、金曜21:00-21:54にTBSで放送された(全11回)。

平均視聴率は14.9%。脚本は宮藤官九郎。チーフ演出は堤幸彦。通称およびドラマ内での愛称は『I.W.G.P.』。

真島誠 - マコト(長瀬智也)

通称「池袋のトラブルシューター」。血液型はO型。地元・池袋の工業高校を卒業後に「プータロー」(フリーター)となり、実家の果物屋を手伝ったり賭けボウリングで小遣いを稼ぎながら、池袋西口公園=池袋ウエストゲートパーク (IWGP) で過ごしている。元は有名な不良だったが、性格は意志の強い正義漢。池袋では名の知れた存在で、彼の家にはしばしば困難な依頼が持ち込まれるが、持ち前の好奇心と人の良さから首を突っ込む羽目になり破天荒な方法で解決する。

1978年11月7日 -
TOKIOの最年少メンバーでボーカリストでもある。

渋沢光子 - ヒカル(加藤あい)

マコトの彼女。お嬢さん学校の生徒で、よく池袋に遊びに来ている。父親は交響楽団の指揮者、母親は目白の大学勤務で、実家は裕福だが両親とも不在がち。マコトの女関係でやきもちを焼き、すぐ泣く。

1982年12月12日 -
映画
『新宿少年探偵団』
『劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI』
『海猿』

安藤崇 - タカシ(窪塚洋介)

池袋を勢力下に置くカラーギャング集団「G-Boys」・「G-Girls」の通称「キング」。血液型A型。マコトとは高校の時の同級生。高校卒業までは気弱な少年だったが、飄々としたトリッキーなキャラクター性と非常に残忍且つサディストな嗜好を持ち、暴力と独特のカリスマ性で不良少年たちをまとめ上げている。マコトの資質に注目し何度も勧誘している。親衛隊と呼ばれる配下と共にマコトの依頼に協力することも多い。誰も口にはしないが「ブス専」である。

1979年5月7日 -
卍LINEという名義でレゲエDJとしても活動している。また、空水という名義でミュージック・ビデオの監督も務めている。
一時休業中の、2004年6月6日の昼12時10分ごろ、神奈川県横須賀市の約26mの高さにある自宅マンションの9階から転落した。

森正弘 - マサ(佐藤隆太)

マコトの相棒の大学生。血液型B型。いつもマコトとつるんで池袋西口公園で遊んでいる。ボウリング場でアルバイトしている。友人のシュンや電波にも彼女が出来たにもかかわらず自分一人は彼女が出来なかったり、やっと出来た彼女が女子高生であったがために、彼女の友人達にリンチされ、恐喝されかけるなど女運がない。

1980年2月27日 -
2009年7月14日、かねてから交際していた一般人女性との結婚を発表した。
映画
『絶対恐怖 Booth ブース』
『ダメジン』 / 『ガチ☆ボーイ』
『ROOKIES -卒業-』

水野俊司 - シュン(山下智久)

マコトの友達。血液型B型。イラストが得意な専門学校生。アニメオタクだが、その事に触れられると不機嫌になる。マコトやマサとは本屋で万引きをするのを見つかったことから知り合い、「いけふくろう」像を盗んだ時からマコトたちのグループと一緒に行動するようになる。内気で人見知りが激しいがマコトにはなついている。

1985年4月9日 -
NEWSの元メンバー。愛称は山P(やまぴー)。
テレビドラマ
『野ブタ。をプロデュース』(2005年)
『クロサギ』(2006年)
『プロポーズ大作戦』(2007年)
『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2008年、2010年)
『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(2009年)

斉藤富二夫 - サル (妻夫木聡)

池袋を仕切る暴力団「羽沢組系氷高組」の構成員で、組長の娘である「姫」こと天野真央の付き人。マコトの中学校の時の同級生だが、高校時代まではいじめられっ子だった。その反動でヤクザになる。血液型O型。小柄な体躯だが非常に闘争心が強く冷静な判断力も持ち合わせている。行方不明の「姫」の捜索をマコトに依頼した(みかんの回)。その一件以来マコトに恩義を感じ、情報の提供などで便宜を図っている。

1980年12月13日 -
愛称は「ブッキー」。
映画
『ウォーターボーイズ』
『ジョゼと虎と魚たち』『69 sixty nine』
『春の雪』『涙そうそう』
『どろろ DORORO』『憑神』『悪人』
ドラマ
『ランチの女王』『ブラックジャックによろしく』
『オレンジデイズ』『スローダンス』『天地人』

山井武士 - ドーベルマン山井(坂口憲二)

池袋で最も切れている男。血液型AB型。凶暴で孤独、鼻と耳のピアスをチェーンで繋げているのがトレードマーク。マコトやタカシとは高校の時の同級生だが3回留年しているため、マコトたちより3歳年上。高校時代にドーベルマンと決闘して以来、「ドーベルマン殺しの山井」と呼ばれていた。後に「Black Angels」の一員に。ヒカルに強い好意を持っている。

1975年11月8日 -
元世界王者で、「世界の荒鷲」と称された元プロレスラーで柔道家の坂口征二を父に持ち、自身も柔道二段の腕前を持つなど格闘技に精通している。
テレビドラマ
『医龍 -Team Medical Dragon-』

横山礼一郎 -(渡辺謙)

池袋署の署長。東京大学卒のキャリア。連続女子高生絞殺未遂事件(池袋のストラングラー事件)を解決するために急遽配属となった吉岡刑事の後輩で、駆け出し時代の通称は「ハンサム」。マコトとのボウリングで愛車のBMW3シリーズを賭け、負けたこと(イチゴの回)をきっかけに知り合う。過去に自分の妻が犯罪者に傷つけられ歩けなくなって以来犯罪者を心底憎んでおり、署長になった現在でも自ら現場に関わろうと行動する真面目な男性だが、犯罪を潰すためならどんな手段でも使う冷酷な面もある。また、マコトの才覚に気付く一方で、彼を危険視している部分がある。

1959年(昭和34年)10月21日 -
日本映画
『タンポポ』/『海と毒薬』
『スペーストラベラーズ』
『陽はまた昇る』/『北の零年』
『明日の記憶』
日本国外映画
『ラストサムライ』/『SAYURI』
『硫黄島からの手紙』/『インセプション』

浜口巡査 -(阿部サダヲ)

マコトの家の近所にある交番勤務の巡査。風俗マニア。威勢は良いものの、ケンカにはからっきし弱い。ラストチャンスの常連。

1 2





このまとめへのコメント1

  • yryk_19さん|2013.02.25

    安藤裕子さんも!です。

1

ヒキニートが色んなダイエット試してみる
http://matome.naver.jp/odai/2136446329748973501



  • 話題の動画をまとめよう