1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

失敗しない中古車選びのポイント

新生活が始まり、友達が車が必要になったというので、一緒に車を見に行くことにしました。どうやら新車ではなく中古車を買う予定だということ。中古車は安く買えるのが魅力的ですよね。中古車雑誌を見てみると、中古車を買う際は気をつけるべきポイントがあるようなのでまとめみました。

更新日: 2012年04月23日

musasi2号さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
727 お気に入り 376432 view
お気に入り追加

◆まずは基本情報をチェック

値段と年式、走行距離などを確認します。この時「乗り出し○○万円」「コミコミ○○万円」などは明細があいまいになってる場合があるので、見積もり書をもらい内訳をチェックしましょう。

車の修復歴が乗っているコンディションシートのあるカーショップを選びましょう。修復歴を隠して販売してるなんてところは論外です。

注意するところは「走行距離メーターの巻き戻し」です。走行距離が正しいかどうか書類と照らしあわせて確認しましょう。

◆外観のチェックポイント

まずは真正面から見てフェンダーが歪んでいないかチェックします。ズレがあったら正面からぶつかった可能性があるので、クルマ自体が歪んでいるかもしれません。

出典glv.jp

後ろからみて歪んでないかチェックしたら、擦り傷、小キズがないかよく確認しましょう。

注意ポイントは、外側と床側とのパネルを接合した下に突き出ている部分。歪みや修理/交換の形跡などがないか調べましょう。

◆内装のチェックポイント

転席と助手席を座り比べてみて運転席がビックリするくらいにヘタっていたら、走行距離の巻き戻しがあるかもしれません。

取り付けネジを回した形跡がないか、ブラケット部(取り付け部分の金具)を修正したような形跡がないか確認します。

一度中を開けて汚れやパーツのヘタリやキズがないか確認しましょう。スムーズに閉まらない場合は車が歪んでいる可能性があります。

ボンネットを開けてクモの巣なんて張ってたら論外です。整備状況を販売スタッフに聞いて確認しましょう。オイル漏れなどしてたら後々大変ですからね。

◆実際に動かしてみる

外観のチェックで異常がなかったら、今度はエンジンを掛けてみましょう。すんなりかからなければ注意です。

排気ガスの色が画像のようにクリアないろならOKですが、黒い排気ガスがでたり、音が変だったら整備が行き届いていなかったクルマかも…要注意です。

エンジン音をかけたらボンネットをあけて、エンジン音をチェックしましょう。ここで「カラカラ」「キュルキュル」など妙な音がしたら、販売スタッフに聞いてみましょう。

最後は必ず試乗してチェックしましょう。試乗しても大丈夫なことが確認できたら、できれば高速道路も走らせてもらいましょう。

◆2種類の中古車ショップの違いについて

【メリット】
メーカー系なので品質が安心できて保証付き
【デメリット】
比較的高い。そのメーカーしか基本的には買えない

一般的に「ディーラー」と呼ばれているのは、自動車メーカー系が、自社の下取り車を中心に中古車を販売しているお店のことです。

【メリット】
いろいろなメーカーのクルマを同時に見られる
【デメリット】
程度が悪い車両を扱う販売店もある

一般中古車店はジャンルを問わずに色んな車を選べて、値段もディーラに比べて安いのが特徴です。

◆参考リンク

1





musasi2号さん

宇宙船ができたら「musasi2号」と名づけます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう