1. まとめトップ

アイムジャグラー必勝攻略法まとめ

人気パチスロ機”アイムジャグラー”の必勝攻略法まとめ

更新日: 2015年05月16日

9ry4them00nさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
607 お気に入り 2059426 view
お気に入り追加

ニューアイムジャグラーEX-KTのクリスタルパネル登場!
(ニューアイムジャグラーEXと同一スペック)

・獲得枚数 BB約325枚 RB約104枚
・告知機能(先告知1/4、後告知3/4)
・スペシャルボーナス音
ボーナス終了後100ゲーム以内のゾロ目時にBB成立で流れる音楽に「ウィリアムテル序曲」と「ピアノ協奏曲第1番」を追加!
・チェリー同時抽選
ドキドキのチェリー同時抽選は枠内にBARが無くてもボーナスの可能性あり!

時代に求められるには理由がある
新たな頂を目指して再登場
(ニューアイムジャグラーEX-Cと同一スペック)

・獲得枚数 BB約325枚 RB約104枚
・告知機能(先告知1/4、後告知3/4)
・スペシャルボーナス音
ボーナス終了後100ゲーム以内のゾロ目時にBB成立で流れる音楽に「ウィリアムテル序曲」と「ピアノ協奏曲第1番」を追加!
※アイムジャグラーEX比較
・チェリー同時抽選
ドキドキのチェリー同時抽選は枠内にBARが無くてもボーナスの可能性あり!

ニューアイムジャグラーEXのブラックパネル登場!

不動 揺るぎない信頼。ジャグラーは変わらない

2012年4月発売、型式名は「ニューアイムジャグラーEX-C」。新筐体になったものの、基本ゲーム性や確率などはアイムジャグラーAPEXとほぼ同じ。
ゾロ目時のプレミアミュージックはAPEXよりも種類が減った。筐体上部の3連LEDが点滅というプレミアム演出が追加されている。またレーバーON時のファンファーレはAPEXよりも高頻度で出現する。
2014年7月には、同一スペックで検定を取り直した「ニューアイムジャグラーEX-KT」が発売された。

基本のゲーム性はEXのDNAを完全継承

2011年3月発売。基本ゲーム性や確率などはアイムジャグラーEXとほぼ同じであるがリール制御が若干異なり、左リールにBAR無しのチェリーでもボーナスの可能性がある。ゾロ目BIG時のBGMの種類が増えている他、1ゲームBIGの場合はボーナス中左上ランプが点灯する。
その他新しい告知として、レバーON時ファンファーレ(BIG確定)、第3停止リールをネジリ(押しっぱなし)でGOGOランプ点灯、GOGOランプ非点灯時のBIGボーナス入賞(生入り)でGOGOランプ点灯など。

アイムジャグラーSPのホワイトパネルが新登場!「GOGO!ランプ」が大きくなってとっても見やすく!

楽しさSP(スペシャル)級!アイムジャグラーEXの後継機登場!

大ヒットとなったアイムジャグラーEXの後継機として、まず2009年7月に『アイムジャグラーSP』が発売された。ゲーム性は『アイムジャグラーEX』をほぼ踏襲しており、スペック面でも近いものとなっている。(ただしボーナスゲーム中の2枚掛けや獲得枚数は『7』と同様)しかしあまりのアイムジャグラーEXの人気の高さが故に、入れ替えはなかなか進まなかった。(設置期限が過ぎたため設置が出来ない新規開業の店舗にはよく導入された)
そして認定を受けた後の設置期限到来を控え、スペックを極力近づけた後継機が複数発売された。

アイムジャグラーEXにブラックパネルが登場!

アイムジャグラーEXにグリーンパネルが登場!

アイムジャグラー7にピンクパネルが登場!

アイムジャグラーEXの兄弟機が登場!EXの機能をすべて継承!さらにジャグラーの醍醐味「GOGO!ランプ」点灯チャンスをUP!

アイムジャグラーEXの大ヒットを受け、2007年3月に『アイムジャグラー7』が発売された。
1枚掛け・2枚掛け時の全小役の配当が15枚に増えたが、ボーナス時に2枚掛けを必要とするため(EXは1枚掛け)、レギュラーボーナスの純増枚数はEXと同じであるもののビッグボーナスの純増枚数が最大312枚に減少した。そのかわり、メイン小役のブドウの確率が少し上がってコイン持ちがよくなっている。またボーナス確率が多少変更されており、設定6以外のボーナス合成確率がやや低くなった。また、チェリー当選時のリール制御が変更されており、BARなしチェリーでもペカるようになった。それ以外のゲーム性はEXと同じである。

JUGGLERは変わらない!!待望の5号機ついに登場!初代ジャグラーから受け継がれる伝統のGOGO!ランプは健在!

アイムジャグラー法則 その1

BIG・REG併せて30回以上引いている台で、BIG比率が7割を超えており、なおかつBIGが3連以上している台を狙え!!

これはあくまで目安ですが、
例えば、BIG21回・REG9回の当たりを引いている台。
この台はBIG比率が7割ということになります。
高設定のような感じなのにやたらとBIGに偏っている台。
こういった台は良く見かけます。
これは台の大当たり乱数が完全にBIG寄りになっている状態です。
高設定ほどREG比率が高いにも関わらず、大勝ちをみせるのは
ほとんどがこういった状態の台です。
アイムジャグラーである程度勝つ時というのはほとんどの場合、
台本来のスペックを超えた急な上昇グラフがどこかで描かれます。
それはやはりBIGの連チャン時であって、
その流れのグラフにはかなり偏った傾向が確認出来ました。
極めてBIGに偏っている台は、逆に狙い目となるようです。
目安のヤメ時はREG2連時。基本的に0ゲームヤメでもOKです。
逆に、極端にREGに偏っている台を高設定と信じて打つ事は非常に危険です。
台の乱数が本来の比率以上にREG寄りになっている可能性が高いです。

アイムジャグラー法則 その2

REG3連後で128ゲーム以内の台を狙え!!

4連後、5連後以降も同様です。
空き台があれば即GETして下さい。
REGが極端に続いた後は、
早いボーナスを引く(ボーナス確率がアップしている)傾向が見られます。
この条件下ですと通常理論値の1.4倍程度のボーナス確率になるようです。
これは設定6ですとボーナス合算確率が96分の1の計算となり、
大幅に理論値を上回る事となります。
もちろんですが、そこで引いたボーナスがREGであった場合は
必ず、更に128ゲーム回す事を忘れないで下さい。
前回の当たりがBIGだったかREGだったかというのは
他の法則でも重要な点ですので必ずチェックして下さい。

アイムジャグラー法則 その3

184~228ゲーム間の台は条件不問で狙い目となる!!

この範囲のゲーム数の台のみ条件不問で理論値以上の当たりを引いていることが判明しました。
通常の理論値の1.1倍程度ですが、実はこれは大きな差で、
機械割は設定1から103%を超える計算になり、明らかに狙い目といえます。
アイムジャグラー唯一の「引き戻しゾーン」と呼べそうです。
1台あたりの効果は他の法則ほどではないものの、
拾い易さではダントツだと思います。
私は1日30台以上拾う事が出来た日もありました。
試行回数を重ねるほど、期待値通りの収束を呼ぶ事が出来ます。

アイムジャグラー法則 その4

1ツブ連チャン(100G以内の連チャン)を3回以上続けている台は256ゲームを超えるまで追う
更にその次のボーナスが100ゲームを超えてもこなかった場合はヤメ。来た場合は再び256ゲームまで追う

少し長くなってしまいましたが大事な法則です。
連チャンの波は、一旦終わったと思ってもまだ残り火が残っていることがよくあります。
これはその残り火を逃さないための法則です。
私は3時間以上この流れが続いたこともあります。
理論値の1.2倍程度の確率でのボーナスを確認しています。
アイムジャグラーではこういった周期のような傾向がよく見受けられます。

1 2




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1



  • 話題の動画をまとめよう