1. まとめトップ

【参考動画集】結婚式の映像作成に使えそうなネタ・動画・注意点

結婚式・2次会の映像、ムービーを作成する時に困らない為に、ネタを集めました。なかなか決まらないんですよね。作る際のネタ・素材の参考になればと思います。

更新日: 2012年05月19日

dogrunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
370 お気に入り 171537 view
お気に入り追加

このまとめの目次(随時更新)

1)まず始めに:実際に色々な方が作成したムービー
2)それではネタを考えましょう:オープニングムービー・プロフィールムービー用
2−1)オープニングムービー作成のコツ
2−2)プロフィールムービー作成のコツ
2−3)エンドロールムービー作成のコツ
2−4)有名な音楽、映像まとめ
2−5)ネタ素材:カウントダウン
2−6)ネタ素材:オープニング
2−7)動画作成便利リンク
3)最後に:実際に色々な方が作成したムービー

まず始めに:実際に色々な方が作成したムービー

集めてみました。みなさんクオリティが高くて、知らない人の結婚ムービーなのに感動します。
最終的にはこういうのを作りたいですね。の前編です。

「つながる」テーマでこういう動画も面白いですね!

みんなの想いが伝わってきます。
時間かかったでしょうね。。。いいですね。

これすごい。オリジナリティがあふれてます。まねできないなぁ。。

かなり有名な動画です。仲間の想いが伝わる素敵な動画です。作るのも相当大変だっただろうな。。

それではネタを考えましょう:オープニングムービー・プロフィールムービー用

できるだけ有名な映画や、アニメなどのパロディである程度最初は出落ちで持っていくのがわかりやすく、今までの経験上も、ウケがよいです。

オープニングムービー作成のコツ

●有名な映画や、アニメ、その時に流行っているドラマなどのオープニングパロディにする
・出落ち的に必ず盛り上がりますが、参加者の年代を考慮できるとさらにGoodです。
・できるだけシンプルで効果的なオープニングムービーを使うと、不意の修正にも対応できます。

●だいたい2分前後が望ましいです。

●動画作成全般にいえることですが、複雑にしすぎると、動画編集ソフトがフリーズしたり、プロジェクトファイルがクラッシュしてしまって、数十時間かけたのにやり直し・・・ということもあり得ますので、必ず定期的にバックアップをとりましょう。

プロフィールムービー作成のコツ

●特に披露宴で上映するものの場合、会場によって映像の縦横比が指定されている事が多いです。その場合、映像のサイズが指定の枠を越えてしまうと、文字が切れてしまったりするので注意しましょう。
※最近の編集ソフトは、通常は16:9のハイビジョン書き出しが出来る物が多いですが、由緒ある結婚式場などは、4:3の比率が基本のケースも多いため、くれぐれも文字がはみ出てしまわないように注意しましょう。

●長くても10分程度におさめる事ができるとベスト。来席の方が集中できる時間である一般的な目安です。(新郎新婦のストーリーが多く、必要な場合映像の緩急がついていて問題ない場合は多少長くなってもOKです)

●一つのテキスト、写真の表示時間は、少なくとも4秒以上は欲しい所です。3秒だと、ほとんど読めない、見ても印象に残る前に次に行ってしまう、という事になります。特に、高齢の方も来席するような披露宴での上映の場合は、ある程度長めに表示した方がよいです。
※映像を制作している人間としては、何度も見るので、3秒位の方がテンポが良く感じてしまいますが、初見の人にとっては、3秒だとほとんど読めないです。
※ネタ的な短いテキストなら3〜4秒、通常のテキストは5〜6秒、少し長い、重要なテキストは7〜8秒、を目安に作成されると良いと思います。
※テキストを9〜10秒くらい表示している間に、写真を2枚表示させる、という入れ違いにすると、
見ている人もそこまで長く感じず、写真もいっぱい見れて、テキストの内容もスッと入ってくる、というやり方も有ります。

●スライドショー形式ではなく、撮影した動画を編集して作成する場合、声は会場では意外と聞こえないので、比較的大きめのテロップを差し込むようにすると、後列の人でも内容が把握できるのでよいです。

エンドロールムービー作成のコツ

●写真を半分くらいの大きさにして、テキストを画面下からスタッフロールのように流す、というスタイルにする場合、動画のレンダリングに相当時間がかかる事が予想されます。

●つまり、修正するたび、書き出しに時間が凄くかかるので、シンプルな内容だから、と油断していると、作成に時間がかかってしまい、間に合わなくなって焦る…というパターンが良くあります。注意しましょう。

●蛇足ですが、同じように、スターウォーズ風のオープニングを作成する場合も、文字をロールさせるので、ここにもレンダリングに時間がかかります。地味でも編集に時間がかかる部分は把握して、動画の作成スケジュールを練っておきましょう。

●MacのFinalCutProを使っている人は、特にこういったエンドロール作成の際は、リアルタイムレンダリングは必ずOFFにして作成しましょう(実際に自分がリアルタイムレンダリングをONにしたまま作って、凄い時間かかった事があります。。。)

有名な音楽、映像まとめ

オープニングムービーネタとしてはかなり最適じゃないでしょうか。
宇宙空間に、黄色の文字でテロップを流すだけで、かなり雰囲気でます。

しゃべくり007もやってるし、曲もいい感じに短いので使えそう。新郎にジェームズボンドをやってもらって、バキュン!とすれば場内は湧くはず!!

有名どころをつきたいので、こういうあたりも外せないです。

迫りくる新郎新婦!かっこ良く仕上げたい。

老若男女、知らなくても盛り上がる感じの曲じゃないでしょうか。

合わせてスパイっぽく演出なんてやってみたいです。

新郎新婦の、出逢い〜試練を乗り越えて結婚までのアドベンチャームービーとして、使えそうです。

どう使うかが難しいけど、この曲は一度入れてみたい。

怪しい雰囲気の、逃避行〜明るい雰囲気のプロフィールムービーへつなぎ!等ですかね。

この楽しい雰囲気・・・最近の映画にないなぁ。使えそう。

1 2 3




犬も歩けば棒に、、、走れっ!
twitterもやっています!
https://twitter.com/hatsugaringo
知って後悔する雑学
http://goo.gl/8PDEy