1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

総再生回数:2億5295万回。YouTubeで聴くGoosehouseカバー曲の人気の秘密

【2014/2/23更新。記事全体のリニューアルを開始します。】

更新日: 2014年02月26日

437 お気に入り 691114 view
お気に入り追加

『Goosehouse(グースハウス)』は、現在7名の若手シンガーソングライターによって構成されている音楽集団(2014年5月1日現在)。

SONYのプロモーション企画『Play You. House』(2010年6月~2011年3月)を前身として、2011年4月から活動を始めた。活動の拠点を、YouTube・USTREAM(ライブ配信サービス)・Twitter・Facebookなどのソーシャルメディアに置いてファンを広げ、2014年にメジャー・デビューを果たしたことで注目されているグループでもある。

中でも、YouTubeで公開されている動画(その多くがカバー曲)の総再生回数は、2014年2月23日時点で、なんと、2億5295万回(※)。

どうしてGoosehouseのカバー曲がこんなに人気があるのか? その理由をまとめてみた。

(※ YouTube/Goosehouseチャンネルの『概要』ページ右下の総再生回数(再生件数)を参照。再生回数は、Play You. House時代のカバー曲の他、オリジナル曲、告知動画を含む。)

①それぞれが、ソロで主役をはれるシンガーソングライター

Goosehouseは、マスプロモーションされて売り出されるアーティストグループとは異なり、もともとソロで活躍しているシンガーソングライターのシェアハウス的立ち位置から出発している。

カバー曲も、全員で歌ったり、数人で歌ったり、歌いやすいように、メンバーも楽器も自由に変化させて構成され、それが可能なだけの実力を各人が持っている。そのため、お互いの個性を尊重し、間合いを計るような独特の『和気あいあい感』が魅力となっている。

下の『笑顔/いきものがかり(Cover)』を例に、発声順に各メンバー情報をまとめる。
(卒業メンバーについては④章も参照。★印:現行、☆印:卒業。2014年5月1日現在)

発声順:齋藤ジョニー/ワタナベシュウヘイ/竹渕慶/沙夜香/d-ize/工藤秀平/マナミ/竹澤汀

(サイトウ・ジョニー)1⇒5期生。1987年10月27日生まれ。
2011年、米カントリー・ミュージックの 人気シンガー、テイラー・スウィフトのワールド・ツアーで、日本・香港公演のオープニングアクトを アコギ1本の弾き語りでこなす。2010年6月のPlay You.House 誕生時より参加。2012年5月にハウスを一旦離れるが、2013年4月に5期生として復帰。ソロ活動では、1stアルバム『I am Johnny』(2011)、 2ndアルバム『齋藤ジョニー』(2012)をリリース。

(渡辺修平)4期生。1988年11月1日生まれ。
愛称『ワッシュウ』。2012年6月にハウス参加。d-iZe兄とはまた違ったハスキーボイスと、強靭さと優しさをあわせ持つ声質で、短期間にファンの心をつかむ。2010年より、ワッシュウ・ジェット宮田・ナガトメマサヒロによるバンド『モノクロカラー』で活動していたが、現在バンド活動は休止中。2014年、LUHICA feat. NABE 名義で参加した楽曲『君と踊ろう』が資生堂CM曲に抜擢された。

(タケブチ・ケイ)1期生。1991年7月11日生まれ。
2010年6月のPlay You.House 誕生時より参加。圧倒的な歌唱力とチャーミングな表情、気さくな人柄がそろって、twitterのフォロアーは6万人以上。2013年末よりSony Music Records と Goosehouse のコラボによる彼女のソロ企画、『 Kei Takebuchi SoloProject 』が始動、2014年3月5日、彼女のオリジナル『舞花 〜my flower〜』 を含むミニアルバム『KEI’s 8』がリリースされた。

(サヤカ)3期生。1986年5月12日生まれ。
2011年10月にマナミとともにハウス参加、その美声で即、多数のファンを獲得。翌11月の原宿クエストが人生初ステージという新人ぶりながら、早くも『さや姉』の愛称を得たのは、d-iZe兄と歳が近いというより、高校・大学・社会人と競技スキーで活躍、さらにシンガーとして飛躍しようとする彼女へのファンの尊敬の念によるところ大。2013年に青山 月見ル君想フにて人生初ソロライブも無事完了。

(ダイズ)1期生。1984年11月4日生まれ。元ハウス・リーダー。
『兄さん』。2010年6月のPlay You.House 誕生時より参加。リーダーとしての器を最初から備えていた逸材。甘くかつ渋いハスキーボイス、チャラくもコンサバも自在のファッションセンスで、女性・男性ファン多数。2012年、1stアルバム『i-D』をリリース。シンガーとしての経験は長そうに見えて、25歳頃まで国際政策専攻の大学院生だったという意外な経歴の持主。2014年4月末でハウスを卒業。

(クドウ・シュウヘイ)1期生。1988年4月4日生まれ。
2010年6月のPlay You.House 誕生時より、音楽ユニット『K.K.』の相方、木村正英とともに参加。K.K.ではギター・ボーカル担当。2011年2月~4月、台湾で楽曲制作・ライブを行い、台湾最大の音楽フェスティバル『春浪音樂節』で、創作部門3位を獲得。2014年にはK.K.5年ぶりのアルバム『the profile』を発表。工藤は、ナオト・インティライミのサポートギターリストとしても活躍。

(マナミ)3期生。 1984年11月13日生まれ。
2011年10月 に沙夜香とともにハウス参加。歌唱力に定評があり、2010年より、いつき・マナミによるユニット『アニーポンプ』として活躍、映画『恋極星』の挿入歌・東大駒場祭への楽曲提供等を行う。同年、CDデビュー、2人がファンという水森亜土のイラストも話題となる。現在、アニーポンプの活動は休止中。2013年より新バンド『The Kerti Okkar(ザ・ケルティオーカー)』の活動を本格化。

(タケザワ・ミギワ)2期生。1991年6月19日生まれ。
2010年10月、Play You.House に中村千尋とともに参加。透明感のある美声と、ちょっと悲しげな表情の中、時々見せる笑顔に惚れ込む男性ファン多数。ボーカルだけでなく楽器もオールマイティにこなし、音楽の枠を超えた創造活動を志向、その好例が、楽曲と連動した絵本『猫のプシュケ』(2013)の執筆。ソロ活動ではSTROBE MUSIC所属、1stミニアルバム『点と点のあいだ』(2012)がある。

②自分が音痴でも、彼等と一緒に歌いたい!と、思ってしまう

YouTubeでは、『この中に入って一緒に歌えたら、きっと楽しい』というコメントがよくある。
これは、取り付くシマもないほど完璧に外観をプロモートしたアーティストグループでは、ありえないコメントで、Goosehouseの性格をよく表している。

もちろんコメントする側も、彼らがプロであることはよく判っているのだが、つい、そう思いたくなるほど、歌うことの楽しさや、メンバーの仲良し感が動画から伝わってくる。

下の『My Way』と『日曜日よりの使者』で、その魅力の一端をまとめる。

音楽って楽しく歌うものである、って教えられた。

最初の方、左上で女の子が踊ってますね 笑

画面左上で麦わら帽子で踊っているのは神田莉緒香。こうしてメンバーが映りこむのは、Goosehouseのカバーでは日常茶飯事。一緒になって曲を楽しんでいる。曲が終わると拍手されたり、『ヤバイよ!』と激励されるのが恒例。カメラの前だけ楽しいフリをする虚構をTVで見なれている我々には新鮮でまぶしい。コメントの『俺もうね…今日の仕事 終わったわ』というのは、d-iZe兄の最後のセリフ。
こうした全てのディティールがGoosehouseのカバーの魅力。

秀平くんの気遣いが素敵~!かっこいい!!

この曲は、関取花(Play You. House時代のメンバー)と工藤秀平の2人だけの場面に次々メンバーが加わる演出。ところが、神田莉緒香の場所が、工藤秀平とカブって神田が見えにくくなることを、たぶんこの時点で、工藤が気づく⇒

⇒工藤は、さりげなーく、2回に分けて左に移動。
たぶん画面の手前右上にモニターがあると思われるが、それを気にしている様子はおくびにも出さない。
こういうところ、ファンは見逃さない。

花ちゃんと慶ちゃんがぎゅーってしてるのが可愛すぎる!
みんな楽しそうでいいな~~!!

秀平くんが4分34秒に
慶ちゃんの背中ポンってしたの私は見逃さ­なかった!
萌える!!←

最後に、『明日は君が日曜日からの使者だぜ!』とキメる場面。
明らかに、竹渕慶は照れている。が、やり遂げる⇒

⇒やり遂げた竹渕慶を、関取花が超抱きしめて、いたわる。
それを見て、工藤秀平も竹渕の肩にちょっと手をかけて、ねぎらう。

もう、キミたち、どんだけ仲良しなんだよ! と言いたくなるシーン。

1 2 3 4 5




Goosehouse 好きのデザイナーです。
『もう Goose でいいよ。』っていう
サイトをやってます。遊びに来てね。



  • 2014年をまとめてみた