1. まとめトップ

バーボン・ウイスキー入門 おすすめ銘柄からつまみまで

ウィスキーのまとめはたくさんありますが、バーボンのまとめはなかったので作ってみました。オススメ銘柄、飲み方、販売店、おつまみについてまとめました。

更新日: 2014年05月01日

gs1さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
392 お気に入り 601749 view
お気に入り追加

バーボン最高。

バーボンウィスキーとは?

バーボン・ウイスキー (英: bourbon whiskey)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州を中心に生産されているウイスキー(アメリカン・ウイスキー)の1種。略して「バーボン」とも呼ばれる。

主原料は51%以上80%未満のトウモロコシ(80%以上のトウモロコシを含むものは「コーン・ウイスキー」と呼ばれ、区別される)・ライ麦・小麦・大麦など。これらを麦芽で糖化、さらに酵母を加えてアルコール発酵させる。その後、連続式蒸留機でアルコール度数を160プルーフ (80%) 以下に調整し蒸留。その後125プルーフ (62.5%) 以下で内側を焼き焦がしたホワイトオークの新樽に詰めて2年以上貯蔵・熟成させる。熟成の際に焦げた樽の色と匂いが移り、完成したバーボンは独特の芳香を持つようになる。
熟成の際に樽の内側を焦がす理由については、クレイグ牧師が樽を置いていた鶏小屋が火事に遭ってしまい偶然にできたという説、最初から内側が焦げていた樽を偶然使用したのではという説、あるいは魚が詰めてあった樽の生臭さを消すために仕方なく内側を焦がしたのではという説などさまざまあるが、詳細については定かではない。
完成品として市場に出荷される際には、アルコール度数は80プルーフ (40%) 以上であることが義務付けられている。

オススメの銘柄

バーボンの代名詞といえばワイルドターキー。バーボンらしさを必ず楽しめる一本。

114プルーフ、57度。ガツンと来る味わいに病みつきになることまちがいなし。

ちょっと高級なものが飲みたければ、ブラントンに決まり。芳醇で奥の深い味わいです。

出典ceron.jp

丁寧に作られた、代表的なバーボンウィスキー。

厳密にはバーボンではなくテネシー・ウイスキーだが、その独特な味わいにハマる人が多い。

バーボンの定番 ハーパー。一度は飲んでみましょう。

量販店で2000円を切る値段ながら、バーボンの真髄を味わえる一品。

飲み方

・ロック
・ストレート
・レモンとソーダでバーボンソーダ
・トワイスアップ(ウィスキーと水を1対1)

どこで買う?

バーボンに合うおつまみは?

1 2





gs1さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう