1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

偉人たちの失敗集 【成功者の過去】

偉人の失敗集です。

更新日: 2012年06月11日

hiropon5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
376 お気に入り 315158 view
お気に入り追加

アルベルト・アインシュタイン

彼は4歳になるまで話すことができず、7歳まで文字が読めなかった。両親は彼の知能が低いと思い、先生の一人は彼のことをこう表現した。「精神的に遅れており、社会性はなく、いつまでもとりとめのない空想にふけっている」学校を退学になったあとチューリッヒの学校から入学を拒否されている。後になんとか読み書きができるようになった。

相対性理論を築きあげた理論物理学者。20世紀最大の天才と言われる。

J.K.ローリング

離婚と生活苦で、うつ病になり自殺も考える。貧しいシングルマザーとして生活保護を受けながら執筆をつづける。

彼女が書き上げた本の名前は「ハリー・ポッター」

エイブラハム・リンカーン

1832年の春にビジネスのトラブルで無職になり、その後1835年には恋人のAnnを亡くし、かなりの打撃を受ける。1832年に州議会に立候補したが落選し、それから数えて合計8回の選挙に落選する。結婚してからは次男を病気で亡くしている。

第16代アメリカ合衆国大統領。アメリカ国民に最も愛された大統領でもある。

ウィンストン・チャーチル

2ヶ月早い未熟児として生まれる。子供の頃のチャーチルは反抗心旺盛で、よく罰を受けていた。寄宿学校に入れられ両親はあまり訪ねて来ることはなく、父親ともあまり話をしたことがないとチャーチル自身が後に述べている。子供の頃には言語障害があり、何年もの間苦労した。寄宿学校を出てから士官学校に入るのに3度も落ちている。1922年、1929年と選挙で敗北。

イギリスを第二次世界大戦を勝利に導いた戦時内閣の首相である。

チャールズ・ダーウィン

医師の道になじめずあきらめた時、彼の父親に「動物を捕まえることしか能がない」と言われた。彼自身の自伝にはこう書かれている。「父親や師範からはごく平凡な子供と思われ、どちらかというと一般の知性レベルに達していないと思われていたようだった。」

進化論の方向性を確立し、生物学で重要な功績を残した自然科学者である。

トーマス・エジソン

彼は小学校の教師に「学習する知能がなさすぎる」と言われ、仕事は2度「生産性がなさすぎる」と解雇され、電球の発明に1000度の失敗があった。後にインタビューで記者に「1000回失敗したという気持ちはどういうものですか」と尋ねられ、「1000度の失敗をしたわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と答えた。

発明王の異名を持つ発明家。

ジークムント・フロイト

フロイトはヨーロッパの科学者の集まりの演壇で、初めて自論を披露したときブーイングを受けた。

精神分析学者。精神力動論を展開した。

ヘンリー・フォード

自動車会社が成功するまでに7度の失敗、5度の破産をしている。

自動車会社フォード・モーターの創設者

マイケル・ジョーダン

ジョーダンは高校のときにバスケットボールのチームから外された。彼はその後「人生において何度も何度も失敗した。だから成功した」と伝えている。

バスケットボール史上最高のプレーヤーとなる。

ウォルト・ディズニー

ディズニーは新聞社で編集長から解雇を告げられ、その理由は「彼は想像力に欠け、よい発想は全くなかった」と言われた。ディズニーランドを建てる前に何度も破産し、テーマパークもアナハイム市から、どうでもいい連中しか寄せ付けないと、建設を拒否された。

アニメーション・漫画の巨匠

1 2





( ・∀・)イイネ!!



  • 話題の動画をまとめよう