1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

超初心者向けのローリスクな資産運用

20代の皆さん、貯金していますか?YESの方、その貯金、資産運用に回していますか?「何それ?」という方も多いのではないでしょうか。貯金は、銀行の低い利子の普通預金以外でも、増やせるんです。ほとんど何も知らない人向けに、ローリスクな資産運用の方法をまとめてみました。

更新日: 2012年05月08日

前髪の毛さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3845 お気に入り 981889 view
お気に入り追加

資産運用…一言で言うと、「あなたのお金を使って、もっとお金を増やす」ことです。

ローリスク…変動が少なく、大損をしにくい種類のものです。その代わり、ローリターン(利益が少ない)となります。

▼投資信託

投資家(=あなた)から資金を集め、専門家が運用して利益を出す
※運用…下記項目に出てくる、各種資産運用

出した利益を、投資家に分配する

メリット:1万円前後から投資ができ、手軽に始められる

初めから大きな額は扱いたくないですからね。

メリット:資産運用をプロに一任することができる

楽チン!面倒な事はしたくない初心者向けですね。
ただし、当然コストも掛かります。

デメリット:運用するプロが優秀かどうかを判断するのが難しい

過去の実績や投資方針などから、じっくり比較検討しなくてはいけないですね。

▼定期預金

預入期間を決めて銀行に預金をする。

(そのお金を元に、銀行は利益を出す)

預入期間終了後、利子(=利益)がついて還ってくる。

【例】
年利0.4%、元金100万円、期間1年の場合
→100万円×(0.04%×1年)=4,000円の利益

メリット:満期まで引き落とせないので、強制的に貯蓄ができる

「ついつい使っちゃって無くなっちゃった」ということがありません。

メリット:普通預金よりは高い金利がつく

預金額や預入期間、銀行によって違いますが、普通預金は0.01~0.05%程度なのに対し、定期預金は0.2~0.4%(5年)程度つきます。
ただし、他の資産運用に比べると、これは低い方です。

デメリット:預けている間は下ろせず、解約には違約金が必要

解約して結果的に損(元本割れ)すると、預けた意味が無いですね。

▼外貨預金

日本円の預金を、外国の通貨に換えて預金する

為替レート(両替率みたいなもの)の変動により、利益を得る

【例】
100万円をアメリカドルに替える場合。
1ドル=85円の時に1万1764ドルで買う。
↓(円安)
1ドル=100円の時に1,176,400円で売る。
→176,400円の利益。

※銀行によりますが、上記例だと数百円から数万円の手数料が発生します

メリット:金利と為替差益(上記例)の、2種類の利益が見込める

もちろん定期預金であれば、金利もさらに高くなります。

メリット:日本に比べ、金利が高い国も多い

変動はしていますが、アメリカ、ユーロ、オーストラリアなどは日本に比べて10倍近く違います。

デメリット:為替レートの影響が大きく、通常の預金よりリスクが高い

国の経済事情や為替は、日々変動していますからね。
下手すると、元本割れになる可能性もあります。

デメリット:ペイオフ対象外なので、銀行が倒産しても保障がない

通常の日本円預貯金では、1,000万円までは資産を守ってくれます(ペイオフ制度)。

▼株式

どこかの会社の株券を買う

(そのお金を元に、会社は利益を出す)

・見返りとして貰う配当金で利益を得る
・株価が上昇した後に株を売って、その差額で利益を得る

【例】
1株10,000円の株を100万円で100株買う

1株50,000円になった時に500万円で全部売る
→400万円の利益

※証券会社によりますが、上記例だと数百円から数千円の手数料が発生します。

メリット:配当金と売却益の、2種類の利益が見込める

配当金は、優良な会社でも2~3%程度で、通常は年に1、2回配られます。
なお、配当を実施していない企業もあるので注意が必要です。

メリット:企業独自の優待サービスを受けられる

割引券や食料品、オリジナルグッズなど。
好きな商品を売っている会社の株主になると、嬉しい物がもらえそうですね。

デメリット:倒産や株価値下がりで、大損をするリスクがある

倒産は全てが紙クズになってしまいます。
値下がりは、また元に値上がりするまで売るのを待っていればいのですが、戻るとは全く限りませんので、損をしてでも早めに手放しておいたほうがいいことが多いです。

▼個人向け国債(日本)

国債…国家が発行する公債(借金)のこと。

日本の国債を買う
=日本は、あなたから借金をする

(そのお金を元に、国は利益を出す)

発行時に返却期限と利率が定められていて、これに応じた利息で利益を得る。

【例】
個人向け国債(変動10年) 第1回債を1,000万円保有している場合。
→ 465,000円の利益
(詳細)
http://p.tl/imPE

※ほとんどの場合、手数料は発生しません

メリット:最低金利0.05%が保証されていて、損をすることがない

最も安定性が高く、リスクの低い資産運用と言えます。

1 2





このまとめへのコメント9

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

前髪の毛さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう