1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

社会人なら知っておきたい!できる男のスーツメンテナンス術

これさえすればスーツメンテナンスは大丈夫!毎日着るスーツだからこそ、日頃の手入れが大切になっています。

更新日: 2012年05月03日

tsukasansanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
212 お気に入り 26691 view
お気に入り追加

■一日着たら、二日休ませる

同じスーツを毎日着ないことがスーツを長持ちさせるコツとなります。

交替に着て、一日着たら二日は休める。
その間にシワも取れ、早く痛むこともなくなる。
最低でもシーズンごとに3着は持っておきたい。

■ハンガーはスーツに合ったものを

厚みのあるハンガーが最適。

スーツの肩幅に合った厚みのあるハンガーを使えば型崩れを防げる。

■パンツは「ズボン吊り」で

ハンガーに2つ折りで吊るす方法が一般的ですが、線が付いてしまうことがあるので、できれば専用の吊るすタイプのものを利用しましょう。

折り目を揃えて裾を上にして専用ハンガーに吊るせば、その重みでシワをとる効果も期待できる。

■ブラッシングを欠かさずに

ジャケットを脱いだらまずハンガーに掛け、汚れやフケなどが溜まりやすい両肩や後ろ襟をチェックしましょう。

日頃からしっかりとブラッシングさえしていればクリーニングの回数はシーズンオフに1回出すだけでも十分。

■シワになったら霧吹き

霧吹きで上着全体を満遍なく湿らせていきます。

水道水を使うのが無難。ちょっとしたシワならこれだけでも十分復元する。

■アイロンをかける場合は「当て布」を

生地を傷めないように、必ず当て布を。

スラックスの折り目が逃げないようにアイロンがけをする場合、生地を傷めないように心がける。

■着ないスーツはカバーを被せて収納する

スーツをしまっておく場合は、虫除け、除湿の効果のあるスーツカバーでしっかりスーツをカバー

シーズンオフに収納しているスーツはカバーをかけて収納する。
そうすることで大敵であるカビや虫食いからスーツを守ることができる。

■リンク

1




楽しく有益な情報をNAVERで発信できれば良いと思っています◎
放置していたTwitterを再開しようと思います!