1. まとめトップ

【就活生必見】内定者が教える就職活動の要領 その2

【就活生必見】内定者が教える就職活動の要領 その1               http://matome.naver.jp/odai/2133558174748519101 の続きです。合わせてお読みください。

更新日: 2016年05月22日

1769 お気に入り 612065 view
お気に入り追加

行きたい企業とか業界なら
12月くらいに開催される合同説明会、大学内説明会、職場(工場)見学会とかにはちゃんと行っとけ
俺は全部出て媚び売って、それで行きたい化学メーカー受かった

自分が行きたい企業が決まっている方は出来るだけ多くの回数足を運んだほうが良いと思います。
実際に人事の方に顔を覚えてもらえる場合もありました。

2ch就職板の情報なしに就活は戦えなかった
十分な情報リテラシーが備わっていないと使いこなすのは難しいがよくも悪くも2chはすごい

無駄な煽りや明らかに嘘臭い情報を無視してれば
2ちゃんはかなりの武器になる

みんしゅうよりも使えると思います。
あくまで自己責任で。

間違ってもランキングで企業選びはするな。
ランキングはブラック企業ランキングだけ見ればいい

ランキングは参考する程度にして、実際に足を運んで自分で選んで下さい。
就職するのは他でもないあなた自身です。

嘘でも第一志望というべき。じゃないと内定くれない。
他と迷ってるでも結構落とされると思う。

嘘でも第一志望って言った方が精神衛生上いい。
俺は面接終わった後に、
「あー、何で第一志望って嘘つかなかったんだろう・・・これで落とされたら嫌だな・・・」
って常に後悔してた。杞憂に終わったからよかったけど、これから受ける人、そして来年受ける人はそこら辺も考慮した方がいい

全部の会社で第一志望と言って、内定もらえるならいくつでもキープしとけ
迷惑かかるって言っても向こうは織り込み済みなんだから全く大丈夫。

下手に正直に言って精神衛生上よくないのであれば、すべての企業に対して第一志望と言ったほうが良いと思います。
無駄なストレスは出来るだけためないように。

大手だから優良、中小だからブラックというわけではない。
そこら辺は企業によるから説明会、OB訪問などでは聞きにくい質問もするべき。
特に大手はCMなどのイメージ戦略で無条件に優良のイメージがつきやすいので注意

選考に入る前に気になることは出来るだけ質問するようにしましょう。
大手病に陥らないように注意。

大学の就職課が教えてくれるのは綺麗事だけだ。
奴らが考えているのは学生のことではなく、大学の採用実績を上げることだけだ。

内定者体験談は参考にしないように。
大学のなかでも「超優秀」な奴らから選りすぐった奴だから。そして、就活は年によって違う。

大学の就職課は一度も利用しませんでした。
面接をするのは就職課の職員ではなく企業の人事なので、あまり参考にならないと思います。
内定者体験談は個人の環境によるところが多いので参考にしませんでした。

「要領のいい人が、仮面をかぶって演じて内定をたくさん取っている。
私は真面目に地道にやっているのに内定が貰えない。ずるい。でも演じてまで内定貰う意味を感じません。」
とか、まるで要領のいい人が何の努力もしてないような言い方、
自分が最大限努力してるかのような言い方をするやつ。こういう奴には絶対なるな。
見ていて頭悪いなって思うし、大抵こういう場合は本人の性格に問題がある。

実際嘘をついていたとしても、嘘をつくには知識がいる。その事で勉強はしてきてるはず。
嘘をついた自分のほうが魅力的であるのを認めなければ先には進めない。

内定をもらえない言い訳にしか聞こえないので絶対にこういう人にはならないように。
真面目に地道にやっていても、やり方が間違っていると結果はついてきません。

面接官の「なんで?なんで?」攻撃が自己分析に一番良かったりする

完全に同意します。
「なぜの5乗」という言葉がありますが3乗くらいまでやれば面接対策として十分だと思います。

ペコペコするより自信満々で多少態度デカい方が面接はうまくいく。

謙遜しすぎるより態度が大きい方が良いです。
もちろん横暴なのは困りますが。

自己分析に時間使うくらいなら、志望業界の面接を受けまくれ
志望動機も自己PRも勝手に掘り起こしてくれる

実践に勝る経験はないです。
多少下手でも面接官が勝手に言葉を補ってくれるのでそのまま志望動機や自己PRに使えます。

一次面接は会話のキャッチボール、他の志望者より客観的に見て頑張った経験、経験から学んだ事を上手く言える事(すごい経験でなくていい)、しっかりした志望動機。このうち2つあれば通過。二次や三次は3つ。最終は運。

やったことではなく、どのように取り組んできたかが評価されるポイントです。
私の場合は最終面接は意思確認のところが多かったのですが、ばっさりと落とす企業も多いので最後まで気を抜かないように。
そこで落ちたら縁がなかったと思って次に切り替えましょう。

学校で受けさせられたセミナー通りの受け答えするやつ多すぎ。
親戚のおっちゃんが人事やってるから聞いてみたら、やっぱりそういうやつ多いと。
それ自体は悪評かに繋がらないらしいけど、あまりにも白々しいやつはチェック入れて刎ねるって言ってた。
だから身の丈にあった丁寧な行動をするのが一番らしい。
いつも通りに、しっかりと普通にやれる人は、これからも同じように動ける人なわけで、そんなのは好感度が上がると。

意識の高い学生()でなくてもいつも通りを出せれば通ります。

どんな面接でも終わった後は毎回フィードバックするべき
失敗しても落ち込むより先に次に繋げる努力をするほうがいい

これは毎回必ずやっていました。
少しでもいいので気付いたことはメモにとって後で見返すようにするべきです。
この積み重ねが違いを生みます。

大手病は厄介な病気だが、隠れ優良中小病も凄く厄介。大手は周りのレベルも高く人気だが、採用人数も多い。だが、後者は採用人数が少なく実質倍率が非常に高くなる事も。しかも、ミーハー層がなくなるだけで、知る人ぞ知る企業なので、決して周りのレベルも低くはない

大手からいくつも内定をもらっている人でも隠れ優良中小企業には手も足も出ない人もいます。
特に化学・食品業界に多いような印象です。

グループディスカッションは無条件で司会役の選考通過率が高い。
どうやって司会役をもぎ取るか。

面接官が「ではディスカッションを始めてください」
と言った直後の一瞬のお見合い状態を逃さず、
「名前が分からないとやりずらいので簡単に自己紹介しませんか?」
ここで異を唱える学生は皆無なので、場のイニシアチブを簡単に握ることができる。

司会をやらなくてもGDの通過率はよかったのですが、こういう考えもありますね。

面接官の目の色を一回でも変えさせたら勝ち

いかに面接官を笑わせるかということを意識していました(笑)
マニュアル本通りの面接では面接官の目の色を変えることはできません。

・なぜその業界なのか(他業界との比較)
・なぜその会社なのか(同業他社との比較)
・なぜその職種なのか(自分の適性とか)

は個々にちゃんと言葉にして形にできた方がいいと終わり際に気付いた
3つまとめて志望動機。1つでも欠けたらダメ

どの企業でも聞かれることだと思いますが完璧に答えられる人は少ないと思います。
だからこそこの3つに特に力を入れてください。

女は笑え。口元だけじゃなく、目も。本当にこれは大事。
ただ笑いすぎると、余裕ありすぎに見えて「コイツ他社行くな」と勘違いされるから、
その辺は加減を。

愛嬌って大事だよね
その人の印象が大きく変わってくる

女性は特に笑って下さい。
能力+笑顔があればほぼ受かります。

大手の内定もち理系院生です。

理系学生諸君へのアドバイス
・資格はあれば気持ちプラス程度、無くてもマイナスにはならない。
・研究内容と仕事内容を無理に重ねなくてもよい。所詮企業から見れば学生レベルの研究力はそれ程役に立たないと見られている。
重要なのは「研究(仕事)を行うための下地があるか」。学生が2年程度で勉強できるなら、会社入って半年もすれば如何様にも矯正可能だから。
・推薦状をフリーパスと誤解しない事。ヘマさえしなければ大体は通るが、舐めてかかると面接官も馬鹿ではない。あっさり落としてくる。

文理共通
・最重要なのは笑顔。面接に限らずどんな境遇でも笑顔を維持できるのは非常に重要。
・面接練習以外で「ここもついでに受けておこうかな」程度の気持ちのところはばっさり切る。
・よく自己分析などと曖昧な日本語があるが、要するに「自分の行動に理由付けをする」。
実際の面接でも「自己PRをしてください」ではなく志望動機を喋らせる。そこから面接官が性格・エピソードを引き出してくる。
・面接で同業種の他社を受けていることは正直に言う。それは受けていて当然なのだし、重要なのは他社との違いを説明できる事。
・礼儀正しいのは当たり前。しかし最近はそれが当たり前でなくなっているのが問題。

オマケ
・合同説明会は出会いの場

追い込まれた時に人間性が出る
友達を失いたくなかったら一時の気分で八つ当たりとかするな

就活の時は友人関係が大きく変化する。
余裕持てない時に自分を優先させるか、友人を思いやることができるか、はっきり分かれる。
友人を大事にしな。思いやりな。絶対良いことがあるよ。

自分が辛い時こそ周りの人を大事に。
カフェなどで余裕のない就活生を見かけることがありましたが、そういう日常の態度から気をつけていくことが重要だと思います。

最後に

2014卒向けの記事ですが2013卒の人にも読んで頂けるものだと思います。
就職活動は終わってみれば楽しかったと思えるものです。
悲観的にならずに最後まで続けて下さい。

関連記事

1 2





このまとめへのコメント1

  • youBEさん|2013.08.22

    大学の就職セミナー通りの面接、きっと企業側も思っているんでしょうね。

1

gakusei_matommeさん

4月上旬に就活を終えた大学生。
大学生向けのまとめを作成しています。
gakusei_matome



  • 話題の動画をまとめよう