1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

脱法ハーブが自販機で購入できる…身近すぎる販売の実態

近年、脱法(合法)ハーブ関連で、病院に搬送される事故やレンタカーを暴走させる事件などが多発しています。そんな脱法ハーブですが、なんと自動販売機で販売されている場所があるようです。誰でも購入できる自販機で販売の危険性が高いです。身近な脱法ハーブ販売の実態をまとめます。

更新日: 2012年05月09日

亀の甲羅さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 59307 view
お気に入り追加

▼脱法ハーブ自動販売機の実態

販売自粛の要請に応じずに販売を続ける自販機が存在する


※画像は神奈川県の雑貨店に設置されている自販機

価格>1箱500~1000円程度

1箱4000円で販売している自販機もある

飲料自販機と同じように設置されている

住宅街の一角や交通量の多い路上、店の脇、繁華街の一角などに設置されていることが多い

全国各地で自販機の設置を確認

吸引した男性が死亡した「神奈川県」や「岐阜県」「愛知県」でも設置が確認されている

子供でも簡単に購入できる危険性がある

誰でも購入出来る状態での販売なので、興味本位で購入する若年層が増えている

▼何故、脱法ハーブ自販機が無くならないのか?

自販機で販売されている大半は、ハーブ片がたばこのように紙で巻かれて売られている

商品を『お香』として販売

商品の箱には「お香です。人体へは絶対に摂取しないで下さい」と書き添えられている

使用方法を客の責任にしている

自販機を設置している店の代表は「吸引して体調を崩すかどうかは客の責任」とコメントしている

業者は違法の疑いがあることを知らない

美濃加茂市加茂野町に設置されていた自販機を管理していた業者は違法性を知らなかった

▼自販機より深刻な「ネット販売」

近年、脱法ハーブはネットで簡単に購入することが出来る

実態の把握や取締が出来ない

販売者・購入者がネット上でやり取りするため、実際の実態をつかむことが出来ない

規制成分の化学構造式の一部を改変、置換し公然と販売

関連情報

1




亀の甲羅さん

正確かつ有益な情報を集めています

このまとめに参加する



公式まとめ