1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

Androidスマホroot化手順・ツール集~XPERIA,HTC J,ARROWS,Galaxy~

スマホのroot化方法のまとめです。情報は陳腐化しないよう更新を心がけますが、検索等で最新情報の確認を行ってください。

更新日: 2014年07月22日

dpartyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
124 お気に入り 338204 view
お気に入り追加

root化はメーカーサポート適応外の作業です。パソコンやスマートフォンに問題が生じても全て自己負担となる可能性があります。リスクが大きいので本当に必要かどうかを充分検討して自己責任で実施してください。

情報は陳腐化しないよう更新を心がけますが、検索等で最新情報の確認を行ってください。

■docomo
Xperia Z1 SO-01F, Xperia Z1 f SO-02F, Xperia A SO-04E, Xperia Z SO-02E, Xperia AX SO-01E, Xperia GX SO-04D, Xperia SX SO-05D, Xperia acro SO-02C, Xperia arc SO-01C, XPERIA ray SO-03C, XPERIA PLAY SO-01D, Xperia acro HD SO-03D, MEDIAS PP N-01D, GALAXY NEXUS SC-04D, Galaxy S3 SC-06D, Galaxy S3α SC-03E, Galaxy S4 SC-04E

■au
Xperia Z Ultra SOL24, Xperia Z1 SOL23, Xperia VL SOL21, ARROWS Z ISW11F, ARROWS ES IS12F, Xperia acro IS11S, Xperia acro HD IS12S, HTC J ISW13HT

■Xperia(エクスぺリア)シリーズのRoot化手順

エクスぺリアAはワンクリックでのroot化ツールが公開されています。root化後にパズドラ(パズル&ドラゴンズ)を起動するための情報も。

http://docomo.publog.jp/archives/29283046.html

ワンクリックでのRoot化ツールではありませんが、成功事例が複数存在します。

参照
http://xperia.publog.jp/archives/24431498.html

※追記:ワンクリックでのroot化ツールhttp://docomo.publog.jp/archives/24878077.html

下記手順は参考です・・・
■PC側準備
1. Android SDKを導入
http://developer.android.com/sdk/index.html
2. 「たとえばこんな日は」さん提供のツールをダウンロード
http://www.mediafire.com/?v8nanz2f4s4d16m
3. ダウンロードしたrootkitGXSX.7zを解凍する(c:\rootkitGXSX とします。)

1. rootkitGXSXのpush.batを実行
2. rootkitGXSXのreadme_goroh_kun.txtの内容に沿って、(1)~(8)まで実施。
3. rootkitGXSXのreadme_tkymgr.txtを開く
4. コマンドプロンプトで、adb shell実行
⇒readme_tkymgr.txtの1つ目の「 sync;sync;sync」から3つ目の「 sync;sync;sync 」の前までコピー、コマンドプロンプトに張り付けてエンター。
5. コマンドプロンプトで、adb shell実行
⇒readme_tkymgr.txtの3つ目の「 sync;sync;sync」から5つ目の「 sync;sync;sync 」の前までコピーして、コマンドプロンプトに張り付けてエンター。
6. 同様に、readme_tkymgr.txtの5つ目の「 sync;sync;sync」から「/system」までコピー、コマンドプロンプトに 張り付けてエンター。
7. 同様に、readme_tkymgr.txtの残り部分「 echo」から「 reboot」までを実行。
8. コマンドプロンプトで、adb shell実行
su
rm /data/local.prop
reboot

Xperia GX SO-04Dのroot化と同じ手順で可能です。

※2012/8/23追記
ワンクリックでrootが取れるツールが公開されたようです。

http://docomo.publog.jp/archives/24878077.html
参照。

1. USBデバッガを有効

2. パソコンでroot化ツールをダウンロード
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350
の「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」

3. PCとXperia acro SO-02Cを接続

4. 2で解凍したフォルダの「runme.bat」実行

1. xdaのサイト(http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350)からツールをダウンロード。

2. ツール内のadb.exeをAndroid-SDKの最新版のadb.exeに差し替え

3. http://hotfile.com/dl/131037465/ebbb1e5/superuser.zip.html からダウンロードしたsuとSuperuser.apkを差し替え

ツール実行でXperia acro(IS11S)root化が出来ます。

1. http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350 から、DooMLoRD_v1_ROOT-zergRush-busybox-su.zipをダウンロード

2. Xperia arc SO-01CでUSBデバッグを有効化

3. PCとXperia arc SO-01Cを接続。※PC Companionはスキップ

4. PC上で1で解凍したフォルダのrunmeを実行

1. XperiaのUSBデバッガを有効にする

2. パソコンでroot化ツールをダウンロード
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1320350の「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」

3. PCとXperiaを接続

4. 2で解凍したフォルダの中に「runme.bat」というバッチ実行

対象機種
・Xperia acro SO-02C
・XPERIA ray SO-03C
・XPERIA ray ST18i
・XPERIA PLAY SO-01D

1. NET Framework v2.0以降導入(※)

2. SuperOneClickv2.2-ShortFuseをダウンロード
http://www.4shared.com/zip/ICp5e5Fc/SuperOneClickv22-ShortFuse.html

3. USBドライバインストール

4. SuperOneClickv2.2-ShortFuse.zipを解凍し、SuperOneClick.exeを実行⇒Rootボタン

※Windows7 x64(testsigning:on), HuronriverPC, Renesus USB3.0portに接続

■ARROWS(アローズ)シリーズのRoot化手順

AndroidSDKをインストール
adb devicesを実行し端末番号表示を確認

lsm_disabler.koをDL
http://goo.gl/huCoc
lsm_disabler.koを端末にコピー

> adb push [コピー元] /data/local/
Superuser+suのau one Market 対策版をDL
http://homar.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

customフォルダのSuperuser.apkとsuバイナリを端末にコピー
> adb push [コピー元] /data/local/
adb shellで接続

adb shellから以下のコマンドを実行
$ cd /data/local
$ mv motion_activemass02.db motion_activemass02.db-
$ ln -s /data/local.prop motion_activemass02.db

端末を接続したまま端末側で「設定」->「自分からだ設定」->「ウォーキング/Exカウンター利用設定」->「歩数計利用」のチェックをOFF/ON

adb shlellから以下のコマンドを実行
$ mv motion_activemass02.db- motion_activemass02.db
$ echo ro.kernel.qemu=1 > /data/local.prop
exit してadb shell終了。

adb rebootを実行して端末を再起動

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行
> adb wait-for-device shell stop

lsm_disabler.koをカーネルにロード
# insmod /data/local/lsm_disabler.ko

/systemを読み書き可でリマウントして、suをコピー
# mount -o rw,remount /system /system
# suを/data/localへpush
# cat /data/local/su > /system/xbin/xsu

パーミッションを変更して書き込み不可でリマウント
# chown root.root /system/xbin/xsu
# chmod 6755 /system/xbin/xsu
# sync
# mount -o ro,remount /system /system

local.propを初期化
# echo '' > /data/local.prop
# exit

Superuser.apkをインストール
> adb install [Superuser.apkの場所]

suonの作成とパーミッションを変更
# chmod 744 /system/etc/install-recovery.sh
# exit
$ echo 'suon' > /data/local/suon

Android Terminal Emulatorから/system/xbin/xsuを実行

※xsuでは要rootアプリから呼び出せないので以下の内容でsu-copy.shを作成
端末再起動後にrootで実行すれば要rootアプリから呼び出せる

#!/system/bin/sh
sleep 180
insmod /data/local/lsm_disabler.ko
mount -o rw,remount / /
chmod 755 /sbin
cat /system/xbin/xsu > /sbin/su
chmod 6755 /sbin/su
mount -o ro,remount / /

adbドライバ等の環境構築
「/data/local.prop」作成

cd /data/local
mv motion_activemass02.db motion_activemass02.db-
ln -s /data/local.prop motion_activemass02.db

設定>自分からだ設定>ウォーキング/Exカウンター利用設定>歩数計利用をOFF/ON

mv motion_activemass02.db- motion_activemass02.db
echo ro.qemu.kernel=0 > /data/local.prop

再起動
su、Superuser.apk、busyboxを準備、ツールのbat実行
※ツールはARROWS X/ZのROM焼きスレ参照

■Galaxy(ギャラクシー)シリーズのRoot化手順

※初心者でも簡単にできるワンクリックのGalaxy S4 SC-04E用root化ツールがあるわけではないです。

詳細はこちら
http://docomo.publog.jp/archives/27673813.html

bootloaderをアンロックした後、再起動

CWM(ClockWorkMod)Recoveryをインストールして、初期の状態のROMをバックアップ

root化ツール(unlockroot)を実行

1 2




スマホ関連まとめ
・最新機種情報 www.bit.ly/IAnkdJ
・電池持ち改善 www.bit.ly/McryPc
・性能ランキング www.bit.ly/K5q7uP

このまとめに参加する



公式まとめ