1. まとめトップ

最多37回目の優勝も…横綱白鵬の悩みは、「ダメ押しぐせ」と「帰化せず親方」

大相撲夏場所は紆余曲折だった横綱白鵬。ピークを過ぎての限界説から休養まで促されながら、踏ん張り優勝争いにまで加わった頑張りは改めて評価されるべき。ただ力の衰えは隠しきれず。

更新日: 2016年09月08日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 519785 view
お気に入り追加

■白鵬、10年ぶり全休へ 横綱昇進後初 ケガで四股も踏めず再検査

大相撲の横綱・白鵬(31=宮城野部屋)が38度目の優勝と残り3勝に迫る1000勝が懸かる秋場所(11日初日、両国国技館)を休場することが7日、分かった。先場所中に右足親指を負傷し、夏巡業でも左膝付近の炎症が再発。8月29日の番付発表後に4日連続で自宅療養して今週から調整を続けてきたが、本場所を務められる状態ではないと判断し、親しい関係者に休場する意向を示した。8日に正式に表明する方針だ。

秋場所で横綱の務めを果たすべく懸命に調整を進めてきた白鵬だったが、やはり出場できる状態ではなかった。7月の名古屋場所9日目の勢戦でつまずいて負傷した右足親指の腫れはいまだに引かず、再発した左膝付近の炎症も完治せず。既に親しい関係者に連絡し、休場する意向を伝えた。

 骨に異常が生じていた右足親指に不安を抱えたまま、夏巡業(7月31日~8月28日)に参加したことが結果的には休場につながった。巡業序盤は朝稽古で汗を流す日もあったが「後半はほとんど稽古ができなかった」と悪化。さらに右足をかばい続けたことで、1年前の秋場所で途中休場の原因となった左膝付近の炎症も再発した。それでも、休場者が15人以上も出ていたこともあり「巡業は本場所に続いて大事なもの」と最後まで強行参加し続け、横綱土俵入りや取組を務め上げた。

しかし、その代償は大きかった。階段の上り下りすら困難な状況で、秋場所番付発表後の先月31日から4日連続で自宅療養。負傷の影響で体が熱を持ち始め、足がけいれんする日もあったという。今週に入ってようやく外出できる状態となり、朝と夜の“二部稽古”を敢行して出場を模索し続けた。前日(6日)には患部の血を抜いてやや上向きになったものの、初日4日前となった7日もいまだに四股すら踏めない状況は変わらず。朝稽古後には都内の病院で改めて検査も受けた。

 秋場所取組編成会議(9日)の前日までに「(出場か休場か)どちらかに心を寄せたい」と語っており、きょう8日に休場を表明する方針だ。07年名古屋場所の横綱昇進後、白鵬の全休は初めて。大関だった06年九州場所以来、10年ぶりとなる。20年東京五輪まで現役という最大目標を見据え、酷使し続けてきた羽を完全に一休みさせる。

■白鵬、秋場所出場厳しく 左膝など負傷「中途半端はいけない

左膝と右足親指の負傷のため大相撲秋場所(11日初日・両国国技館)への調整が遅れている横綱白鵬が5日、秋場所出場は難しいとの見通しを示した。東京都墨田区の宮城野部屋での朝稽古後に「中途半端はいけない。今回は厳しいね」と語った。取組編成会議前日の8日に判断する方針。

 4日に稽古を再開し、5日は約1時間、土俵の俵に乗ってゆっくりと横に移動するなどして、患部の状態を確かめた。四股やそんきょができず、歩く際には引きずることもあった。痛みや腫れが残っており「普通に歩けない。この状態で相撲を取ったら他も悪くする」と顔をしかめた。出稽古も行かない予定という。

 7月の名古屋場所で右足親指を負傷し、8月28日終了の夏巡業で古傷の左膝の痛みも再発。史上3人目の通算千勝にあと3勝に迫っており「希望は持っている。あと(初日まで約)1週間。時間があるといえばあるし、ないといえばない」ともどかしさを口にした。

■左膝負傷で秋場所休場も…2日連続稽古休む「階段上がるのも大変」

大相撲の秋場所(11日初日、両国国技館)で38度目の優勝と残り3勝に迫る通算1000勝を狙う横綱・白鵬(31)が1日、東京都墨田区の宮城野部屋で行われた朝稽古に2日連続で顔を出さなかった。

 白鵬が初日から2週前の週に2日連続で稽古を休むのは、きわめて異例のこと。師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)は「左膝に違和感がある。夏巡業中にぶつかり稽古をした際に(先場所痛めた右足親指を)かばってしまったようだ。かばうと膝に負担がかかるから。2日前に会った時に階段を上がるのも大変だったので、よほど痛いということ」と明かし、2日に両国国技館の相撲教習所(一般非公開)で行われる横綱審議委員会による稽古総見への参加も厳しい見方を示した。

 秋場所出場に可否についても「治すなら治す。悪化して次の場所もダメになることが一番いけない」と休場も視野に入れて今後の経過を見守る方針を明かした。

■白鵬「話したかった」=九重親方の眼力を再認識

大相撲の横綱白鵬は2日、元横綱千代の富士の九重親方が7月31日に死去したことを受け、「二人で、一回話してみたかった。それが悔いに残っている」とその早すぎる死を悔やんだ。巡業先の福井市体育館で語った。

 白鵬は入門当初の体重が62キロだった。なかなか大きくなれずにいた頃に見たのが、千代の富士のビデオ。体重差をもろともせず大型力士を倒す雄姿を胸に刻み、まねながら稽古に励んだ。「今でも、そのスタイルを身に付けてやっている」と取り口への影響を明かした。

 忘れられないのは「もう少し体をつくったら良いところまでいくよ」と激励を受けたこと。「当時はそうなのかなと思ったが、やっぱり大横綱の目は間違っていなかった」と話した。

■モンゴル帰郷 母国アマ相撲主管団体のトップ就任へ

名古屋場所で10勝5敗に終わった白鵬も成田空港からモンゴルに帰郷した。30日から首都ウランバートルで行われるアマ相撲の世界選手権への出席が最大目的。「相撲がますます世界に広まるよう仕事として帰ります」と話し、母国のアマ相撲を主管する団体のトップの座を元幕内・旭鷲山から引き継ぐことも明かした。

 場所中に痛めた右足親指の状況については「骨に異常はないが、(筋)繊維に多少損傷があるみたい」と説明した。

■白鵬、横綱皆勤場所ではワーストタイ5敗 通算1000勝先送り

白鵬は日馬富士に最後は力なく寄り切られ、横綱皆勤場所では12年夏場所に並ぶ自己ワーストの10勝5敗。立ち合いで得意の右が入り「安心した。攻め続ければ良かった」と動きが止まったことを反省した。

 場所後には母国モンゴルで開催されるアマチュア相撲の世界選手権に顔を出す予定。本来なら通算1000勝(残り3勝)と38度目の優勝を手土産に凱旋するはずだったが、どちらもかなわず言葉少なのまま会場を引き揚げた。

■4敗V消滅…“行司待った”にイラッ「もういいやと思った」

白鵬は最初の立ち合いで左手を出して立ったが、予想外の“行司待った”でリズムを崩した。2度目は「もういいやと思った」とがむしゃらに前に出たが、稀勢の里の突き落としにバタリ。12日目も“行司待った”で止められ整理できず敗れ「(立ち合いは)合ってるのに…」と納得できない様子。

 ただ、そこは横綱。38度目Vは消滅したが「あれで負けたら仕方ない。相撲に勝って勝負に負けた」と素直に敗戦を認め、千秋楽へ「今日みたいに前に出られれば」と切り替えた。

■白鵬、不満あらわに「相撲に勝って勝負に負けた はい、終わり」

逆転負けの白鵬は、最初の立ち合いを止めた行司への不満をあらわにした。呼吸が合わなかったかと問われ「合っているだろう。何回やるんだ」と強い口調。同じ展開だった12日目の照ノ富士戦のことにも触れた。

 2度目は立ち合いから一気の出足で攻めたが、土俵際で稀勢の里の左突き落としを食った。速攻の作戦について「最初はそう思っていなかった。もういいやと思って」と投げやりな言い方で悔しさをにじませた。

 3連覇が消え、千秋楽の日馬富士戦はどこまで気力を奮い立たせられるか。「きょうは相撲に勝って勝負に負けた。はい、終わり」と険しい表情で取材を打ち切った。

■白鵬、今場所1000勝消えた…右足負傷だけじゃない!食べ過ぎも敗因に

東横綱・白鵬の名古屋場所での通算1000勝が消えた。西大関・照ノ富士に立ち合い不成立の末に、左上手を許して寄り切られて3敗目。場所前から目標に掲げていた史上3人目の大記録は秋場所(9月11日初日・両国国技館)以降に持ち越しとなった。2敗で東横綱・日馬富士と東大関・稀勢の里がトップ。この日、敗れた白鵬、西小結・高安と西前頭2枚目・宝富士、東前頭10枚目・貴ノ岩が3敗で続く。

白鵬が結びで1日に2回も“負けた”。1度目の立ち合いで左四つに組み合ったが立ち合い不成立。行司の「待った」の声が飛ぶ中で寄り切られると、2度目は左前みつを許して横向きにされて向こう正面に落とされた。通算1000勝に向けてラストスパートに入ったはずの最強横綱の失態。支度部屋では質問に答えず「まあ」「ふー」を繰り返した。

 9日目の勢戦で右足親指を負傷。その影響で右足を蹴って踏み込めず両足で突っ込む中途半端な形でしか立てなかった。「右足を引くと痛みが出る。ピリッときた」。帰り際に歯がゆい現状を口にしたが、敗因はそれだけではない。食べ過ぎだ。

場所中は後援者と会食に出かけ、名古屋の食事を堪能した後に夜食も口にしているという。猛暑で衰えたスタミナを食事で補おうとしたが逆効果。前日は「徐々に体調も良くなってきた」と好調を口にしたが胃の痛みを感じていた。体重もベストの155キロから5キロ以上増えた。小さな歯車の狂いは2012年夏場所以来の12日目までの3敗(休場は除く)という数字になって表れた。

 プランも狂った。千秋楽翌日にモンゴルに帰省。母国で開催されるアマチュア相撲の世界大会に主賓として出席予定だが、1000勝を“持ち帰る”もくろみは崩れた。この日の朝稽古後、「(優勝争いは)どうなってもおかしくない。対応していくしかない」と語った通りの展開。2敗の2人との対戦を残しており3場所連続38度目の優勝の望みはあるものの、追う立場となった横綱は逆転のシナリオを描くしかない。

■わずか3秒、らしくない完敗の白鵬 優勝争いから後退する3敗目

呼吸が合わず、行司がすでに組み合っていた白鵬と照ノ富士を止めた。立ち合い不成立。館内のどよめきが鎮まる前に、仕切り直しで一気に横綱が寄り切られた。優勝争いから後退する3敗目。結びの波乱に無数の座布団が舞った。

 白鵬は「(不成立の相撲で)右足を引いたときにぴりっときた」と言った。相手は大関とはいえ、両膝に不安を抱えている。らしくない完敗だ。照ノ富士に早々と左上手を与え、出し投げで横向きにされて寄られると力なく土俵を割った。勝負に要した時間はわずか3秒だった。

けがの影響を引きずっているようだ。今場所2つ目の金星を配給した9日目。右足親指を負傷した。以降は立ち合いの踏み込みに鋭さを欠く。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は「場所前の調整でやり過ぎた面がある」と体調面にも懸念を示していた。

 「年に一度の名古屋場所で」と達成を目指していた史上3人目の千勝も、この黒星で今場所中の達成が不可能となった。12日目までに3敗を喫するのは途中休場した昨年秋場所をのぞけば、平成24年夏場所以来だ。

 残り3日の終盤戦で対戦を残すのは、豪栄道、稀勢の里、日馬富士と難敵ぞろい。横綱10年目に突入した今場所。38度目の優勝を狙う第一人者が劣勢に立たされた。

■栃ノ心に23戦全勝 右足親指に不安も48秒かけ寄り切る

白鵬は過去22戦全勝の栃ノ心との力相撲を制し、2敗を守った。土俵上でつまずき敗れた前日の相撲で右足親指に不安が生じ、この日は長い距離を歩かず済む裏口から入場。それでも「万全の態勢で治療し臨んだ」と48秒をかけ慎重に寄り切った。

 つられて足をばたつかせるなど万全ではなく、取組後は「疲れもある」と右太腿を手で叩く場面も。通算1000勝と38度目Vの同時達成には残り全勝が求められるだけに「これからが早いような感じになる」と表情を引き締めた。

■勢が初金星「それはもう…真っ白」白鵬をはたき込み

<大相撲名古屋場所>◇9日目◇18日◇愛知県体育館

 西前頭4枚目の勢(29=伊勢ノ海)が、初の金星を獲得した。過去の対戦成績が9戦全敗だった横綱白鵬(31=宮城野)をはたき込みで破った。

殊勲の白星でインタビュー室に呼ばれると「もう全く、必死で当たっていったので、はっきり覚えてないんですけど…。今日はいつもと違う立ち合いで当たっていきました」と打ち明けた。

 立ち合いの場面。仕切り線の右ギリギリに手を付き、白鵬の正面からずれる形で立ち合った。自動的に、白鵬得意の右かち上げから体を遠ざけた。

1 2 3 4 5 ... 47 48





時事系のメルマガを08年から配信しています(平日刊)。他に競馬(週3回)とマーケティング(サービス、お客)関連(週1)のメルマガも。他では自閉症の息子関連ブログなど



  • 話題の動画をまとめよう