1. まとめトップ

多い?少ない?有名人・芸能人のDV疑惑報道

国内外の有名人のDV(ドメスティック・バイオレンス)・デートDV、家庭内暴力の報道・疑惑を集めました。加害者側の人達についてです。新たに見つけたら追加します。

更新日: 2015年08月14日

yamadayamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 1700304 view
お気に入り追加

IZAMさん(元SHAZNA):疑惑

本当にキレやすくて、道で肩がぶつかっただけでもケンカを売るんです。殴るのもひどいし(中略)「彼の優しさは最初だけ。私はもう彼とは関わりたくもないけど、決してだまされないで、気をつけて」

週刊現代2006年12/02日号「元カノが暴露する『夫IZAM』の『DV癖』」

伊勢谷友介さん:疑惑

現在でもタレント活動を続ける伊勢谷の元恋人Aさんの関係者によれば、Aさんは伊勢谷と結婚まで考えた間柄だったが、度重なる暴力に悩み、結局それが原因で破局したという。

モデルのBさんも伊勢谷と1年近く交際。人知れず日常的な暴力に苦しんでいたが、ついに親の知るところとなり、最終的に伊勢谷は数百万円の金をBさんに支払ったという。

井戸田潤さん(スピードワゴン):疑惑

産休に入っていた時、仕事で地方に行くために早朝の飛行機に乗る予定だった井戸田が寝坊したが、自分に非があるのに祐実に携帯電話を投げつけた。更に怒鳴りつけ、身重の祐実に空港まで車を運転させた。(芸能レポーター・梨元勝氏)

祐実さんの母親と関係が上手くいっておらず、母親側が流した話ではないかとも言われています。

井上ひさしさん

「父は肉体的にも精神的にも追い詰められて、母に当たるしかなくなる。そんな時、編集者は『好子さん、あと二、三発殴られてください』とお願いした」(「激突家族―井上家に生まれて」76ページ)

元妻の西舘好子さんと娘の石川麻矢さんが著書の中で井上ひさしさんのDVについて触れている。

内田裕也さん

希林さんによると、内田容疑者のDV行為は、1973年の結婚当初から始まった。そのころは、毎晩のように暴力を振るわれ、希林さんも、負けじと激しくやり合ったというのだ。その2年後、長女でタレントの也哉子さん(35)が生まれる前には、DVを理由に別居した。

エドワード・ファーロング

ロサンゼルス国際空港で恋人に暴力を振るった容疑で警察に拘束され、その後、警察はその場で恋人の腕に怪我があることを確認してエドワードを逮捕したという。

収監中のエドワードに対する保釈金は5万ドル(約400万円)に設定されている。また、エドワードの恋人の名前は公表されていない。

エリック・ロバーツ

ジュリア・ロバーツ(左)の兄

1995年2月、妻のエリザを突き飛ばし、配偶者虐待で取り調べを受けた。

出典日本文芸社「ハリウッド噂の真相」190ページ

大沢樹生さん

長男は大沢からも殴られたり、「お前がいると家族が壊れる」と暴言を浴びせられるなどの虐待を受けるようになった。今年9月16日、日本刀を喉に突きつけられ「これを引いたら死ぬぞ」と脅されたことをきっかけに家出したという。

大沢さんの子供が週刊文春2012年10月4日号で告白。大沢さん側は模造刀の日本刀を突き付けた以外は事実ではないとコメント。

奥大介さん

元妻の佐伯日菜子さんに近い関係者によると「結婚数年後から奧容疑者による暴力、暴言が絶えなかった」という。佐伯さんは弁護士に相談後に被害届を出し、当時夫だった奥さんの逮捕に至った。

その後、横浜地検が奥元選手を起訴猶予とした。理由は明らかにしていない。

O・J・シンプソン

1 2 3 4 5 6 7







  • 話題の動画をまとめよう