1. まとめトップ
9 お気に入り 131226 view
お気に入り追加

東京都に、インド・スリランカなどの熱帯産インコが野生化して住み着いているって知っていましたか?

インド南部スリランカ原産のオウムの仲間で、ペットとして日本に入ってきたものが逃げ出して定着したようです。都内の20箇所以上に生息し、800羽を超える数がいるとのことです。

生息しているインコの種類はワカケホンセイインコ

全長約40cm。緑色の体色で雄の成鳥には喉から首にかけて広い黒帯が走り、首の後ろは細い桃色の帯となる。この模様からツキノワインコという別名もある。
通常の緑色の他、色変わりとして青色、黄色、白色の個体もいる。嘴は大きくて赤く、尾羽は長い。寿命は、飼育環境下で最長約30年である。
多数の言葉を覚えることや、ワカケダンスに代表されるような面白い行動をとることからペットとして人気がある。

■どのあたりにいるのか

新宿御苑の周辺はビルが立ち並ぶオフィス街で、カラスやスズメ、ハトぐらいしかいないものと思っていただけに、いかにも熱帯らしい色のこの鳥の存在はかなり意外な感じです。見渡してもビル街の一角で整備された公園なのでかなり浮いています。

東工大にこのインコのねぐら(インコが集団で夜を明かす場所)がある。

いまの状況

現在は東京都を中心とする大きなグループと、千葉県千葉市、群馬県前橋市
を中心とする20羽前後の小さな個体群に限られています
http://homepage2.nifty.com/tokyo-birdstudy/report/0909.pdf

東京都を中心とした個体群は

東京工業大学(以下、東工大)のイチョウ並木をね
ぐらとしており、1 9 8 3年には5 0 0羽が記録されていました。近年では1 2 0 0羽から1 5 0 0
羽まで増加していますが、その増加傾向はとまっていると考えられています(個体
数が安定する冬季の数値)。

東京都を中心としたグループの分布

東は荒川を境に、西は神奈川県、北は埼玉県まで分布しています。
基本的には深い森を好まず、都市公園でも緑地の表面を利用してあまり中には入ってこないため、横浜方面や多摩地域のような森林が多く残る場所へは行かないようです。

大岡山南商店会の旗にはインコが描かれている…

■海外でも

オーストラリアの街にインコが大量発生

住民は「鳴き声がすごくうるさいの」、「果物まで、なんでも食べ尽くしてしまうんだ」と話した。
アデレード近郊の街、ストラサルビン。
人口5,000人ほどのこの街に、その倍の1万羽近い大型インコが住みつき、問題となっている。
インコは、木の葉っぱをついばむため、街中の木々は丸裸に。
さらに、農作物にも被害が出ている。

■捕獲しても良いの?

新宿御苑辺りにいる野生化したインコを虫取網で捕獲して家で飼う事は法律的に問題...?

インコはもともと人間の元で暮らしていたのが逃げて野生化してしまっただけなので捕まえて飼っても何の問題もありません。
逃げたインコが野生化することは生態系を崩してしまう恐れがあるので良くないですね。

■野生のスズメはダメだから…ダメだろう派

何故スズメって飼っちゃいけないの?

合法的に飼育できる鳥はメジロとホオジロの2種のみで一人に1羽と規定されています。ただし、最近はそれも認めない方向にあります。
それ以外の鳥はスズメであってもドバトであっても極端な話、移入種であるセキセイインコでも野生のものは捕獲、飼育はできません。

1





over31さん

海外ドラマ大好き!洋楽大好き!ワンちゃん大好き!まんが大好き!
NAVER大好き!



  • 話題の動画をまとめよう