1. まとめトップ

iPhoneが壊れた時の対処法まとめ

もはや生活の一部となったiPhone。そんな大事なiPhoneが故障したとなったら大ピンチです。そんなときの対処法と便利情報です。

更新日: 2012年05月24日

cielo0805さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 42342 view
お気に入り追加

使っていてiPhoneの調子が悪くなった時の対処法

iPhoneがうまく動かず、「フリーズしてしまう」、「文字の入力がもたもたする」「アプリがちゃんと起動しない」といった「故障かな?」と思うことがあるかも知れない。そんな時にはいくつかの対策があるので試してみるといいだろう。

まず、やるべきなのが「再起動」だ。パソコンと一緒で再起動をしてみると、アプリの不安定な起動などは解消することが多い。本体上部の電源ボタンを長押しし、電源を切って、改めて電源を入れてみよう。
画面下にあるホームボタンと、電源ボタンを同時に長押しで、iPhoneをリセットできる
つぎに試すのが「リセット」。画面下にあるホームボタンと、電源ボタンを同時に長押しつづける(電源をオフにするメニューが出ても長押しし続ける)とAppleロゴが表示され、リセットがかかる。しばらく待つと、再起動が始まる。多くの場合、リセットをすれば復活する事が多い。

iPhoneを水没させた時の対処法

もし、iPhoneを水に落としてしまったときは、まずは慌てずに電源を落とそう。本体上部の電源ボタンを長押しすれば、電源が切れる。真水であればそのまま乾燥するのを待つ。洗濯水などに落としてしまったときは、まずは水で洗うことが肝心だ。
次にイヤホンジャックやコネクタ部分などに侵入した水をティッシュなどできっちりと吸いとっておこう。
さらに欠かせないのが、まずは本体全体をきっちりと乾燥させること。「シリカゲルといった乾燥剤とiPhoneを一緒にジップロックにいれておく」のもいいかも知れない。乾燥させたあとに電源をいれれば、見事に復活することもあり得るのだ。

一番やってはいけないのが、まだ乾いていない状態で電源を入れてしまうということ。濡れた基板に電流が流れると、それだけで壊れてしまう。とにかくきっちりと乾燥させることが大事なのだ。

数日間、乾燥させたら、電源を入れてみよう。これで使える可能性がないことはない。。

水没をさせて壊してしまうと、内部に保存してあるデータを復活させることは困難だったりもする。その時に備えて、こまめにiTunesと同期してバックアップしておくのが良いだろう。数日間に1回は、パソコンと接続して充電しつつ、同期するというのがオススメだ。

それでもだめだったら...

それでも「動作が不安定。故障しているのかも……」と思うなら最終手段。iPhoneを購入時の状態に戻してしまうことが可能だ。

iPhoneをパソコンと接続してiTunesを起動。サイドバーからデバイスを選ぶと、アップデートファイルと「復元」を選ぶ項目がある。この「復元」を選ぶと、iPhoneを初期状態に戻してくれるのだ。

この画面で「復元」を選ぶ。OSのバージョンが最新の場合は「更新」ボタンが「アップデートを確認」ボタンに変わる

この画面で「復元」を選ぶ。OSのバージョンが最新の場合は「更新」ボタンが「アップデートを確認」ボタンに変わる


「復元」を行えば、データなどきれいサッパリとなるが、設定などは再び行わなくてはならないこともあるので、覚悟して行うのがいいだろう。

復元処理が終わったら、バックアップデータを使ってデータをバックアップ時まで戻すか、まっさらな状態で使うかを選ぶ。

iPhoneの画面が割れたりホームボタンがおかしいなどの本体の故障

もはや生活の一部となっているiPhone。持ち運ぶ事も多いことから落下してしまったり傷つけてしまう事も多いはず。iPhoneは液晶も大きいため割れてしまったりする事も多々あると思います。
そんな時基本はApple Store(直営店)に持って行き修理するのですが何しろ高いしストアが少ない。そう思った方はiPhone修理ショップ(iPhone Dr.)で修理しましょう。
正規店ではないのですがネットで調べてみると以外と沢山でますよ。
しかも修理費用も格安です。Apple Storeで画面修理をすると30000円ほどかかったりする事もありますが修理ショップなら10000円以下で直せるとこもあるので調べてみては?

iPhone修理のリンク一部

iPhone修理に関してのリンク

1




cielo0805さん

iPhoneなどのApple関連の情報やグラフィティアートなどの情報を中心に役に立つ情報からくだらない事まで自分なりのまとめを発信していきたいです。

このまとめに参加する