1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

アクセス数が劇的に伸びるキャッチコピーのつくり方

PCを持っているかたはもうブログを当たり前のようにやっておられる時代ですが、どうせやるならたくさんの人に見てもらいたいですよね。反応があるのも楽しみですし。そこで大切になるのは、人の目を引くキャッチコピーです。たくさんの方の目に止まるキャッチコピー・タイトルの作り方をまとめたいとおもいます。

更新日: 2012年05月28日

You_9180さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2899 お気に入り 162080 view
お気に入り追加

☆つくる前におさえておきたいポイント

「誰に」伝えるかをはっきりさせる

伝えたい内容を、誰に伝えたら一番刺さるかを考えます。

何を主張したいのかをできる限り明確にする

なんのことが書いてあるのか分からないようなタイトルは、まず読んでもらう事は難しいです。

世間一般の人が知らない難しい言葉は避ける

「何それ?」と頭に疑問符を浮かべられてしまうのがオチです。

記事を全部書いて、一度読んだあとにタイトルを考えてみる

マッチしていないと、読み手は困惑して、満足度は下がってしまいます。

なるべく短くする

ぱっと見ごちゃごちゃしてスルーされる可能性が高くなりますし、理解しにくくなる場合が多いです。

☆キャッチコピーをつくるテクニック

コンプレックスを刺激する⇒例.「あなたのブログがつまらない理由」

人が気にしていることを刺激するタイトルは、読まれやすいです。

具体的な数字を入れる⇒例.「3分でできる朝ごはんレシピ」

具体的に数字で表すと、読者の期待感をあおることができます。

関心を得るためにリストを使う⇒例.「2012年の映画TOP10」

内容が整理されて分かりやすく、感心を引きやすいです。

誇張した表現を使う⇒例.「最長の○○」、「最もクールな○○」

あまり表現を誇張しすぎると、チープになってしまうので1~2個程度におさえましょう。

読者に呼びかける言い回しをする⇒例.「婚活中の女子必見」

呼びかける言い回しをすると、読んでもらえる確率が上がります。

視界に入りやすい記号を使う⇒例.「3分でできる☆特急朝ごはん」

文章の羅列だけは、人は無意識に視界から外そうとします。使いすぎには注意。

話題のキーワードやトレンドをいれる⇒例.「アップルのテクノロジーを選択」

「アップル」があるだけでグッと興味深く見えますね。

■参考サイト

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

You_9180さん

PC/Web色々勉強中

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう