1. まとめトップ

埼玉貧乳問題の原因が判明!? 原因は”睡眠時間”

埼玉のみならず、貧乳の原因について取り上げてます。ベースは2012年5月28日放送「月曜日から夜ふかし」の調査結果からです。あくまで一説を取り上げているだけなので、過信は禁物です。

更新日: 2012年06月02日

卍郎さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 200930 view
お気に入り追加

埼玉貧乳問題とは

遺伝子でバストの大きさは限定されない

バストの大きさと遺伝はあまり関係がない

バストの基礎になる胸骨や胸筋といった部分は遺伝の影響があるものですが、胸骨や胸筋だけがバストの大きさを決定するわけではありません。

成長ホルモンを促す特別な食べ物はない

バランスの良い食事が大切

特定のモノばかり食べるとむしろ栄養バランスが偏るのでよくない

睡眠時間が適切に取れているかが重要

胸を大きくする女性ホルモンは寝ているときに分泌される

大体夜10時~深夜2時くらいの間に十分な睡眠をとることが必要

成長ホルモンやその他ホルモンが多く分泌される

埼玉に焦点をあてると…

女子高生の睡眠時間 埼玉最下位

出典平成18年 総務省統計局社会生活基本調査

乳腺の成長に影響を与えている因子のひとつとして考えることができる

埼玉県は塾・予備校費 全国1位

出典総務省統計局 家計調査2008年

1世帯あたり学習塾・予備校費用1位は埼玉県で6万9689円。2位以下は東京都(5万7791円)、千葉県(5万1277円)、岐阜県(5万0434円)、三重県(4万9090円)と続いている。

家での勉強時間 全国4位

出典平成18年 総務省統計局社会生活基本調査

通学時間の長さ 全国2位

出典平成18年 総務省統計局社会生活基本調査

…埼玉の女子は「遠くの学校に通学」「塾でも勉強」「家でも勉強」のため睡眠時間が短いと考えられる

夜10時前に寝ている埼玉の高校生 10.8%

出典埼玉県教育局教育総務部教育政策課2007年

成長ホルモンについて

思春期後半にピークを迎え、その後、分泌量は加齢と共に徐々に低下していきますが、成人後も一定量が分泌されます

成長ホルモンは、通常、夜の睡眠中(とくに夜10時~午前2時の間)に多く分泌されます

女性は、ある年齢になるとバストの乳腺のなかにラクトゲン受容体ができあがり、それが成熟したときに成長ホルモンが作用するとバストが大きくなるといわれています

成長ホルモンによるバストアップの効果は、ラクトゲン受容体の成熟度による

10代では未熟だったラクトゲン受容体が、後に成熟していたのであれば、成長ホルモンを投与すると、バストアップ効果が現れます。しかし、ラクトゲン受容体が未熟なままだと効果は現れません。残念ながら、事前にラクトゲン受容体の成熟度を確かめる方法はないようで、成長ホルモンを投与してみないとわかりません。

1 2





ヒキニートが色んなダイエット試してみる
http://matome.naver.jp/odai/2136446329748973501



  • 話題の動画をまとめよう