ロードバイクに限らず、自転車はフレームとギア、ブレーキといったパーツ類、それからタイヤとタイヤホイールといった部品で構成されています。
中でもロードバイクを選ぶ際に最も重視される部分がフレームです。
フレームの素材、形状によってロードバイクの性格は大きく変わります。
ここでは、フレームの素材について説明します。

現在市販されているロードバイクに用いられている素材には、おおむね以下の3種類があげられます。

■アルミニウム(アルミ)
今回取り上げる価格帯のロードバイクでは採用されている割合が最も多い素材です。
軽量で硬いため、ペダルを踏み込むとキビキビと走るのが特徴。
その反面、振動吸収性などに劣るため、長距離を走る場合に疲労が蓄積しやすいという難点が指摘されています。
しかしながら、近年はメーカーの形状設計等でそうした欠点を克服したモデルもあります。

■カーボン樹脂(カーボン)
かつては高価な素材の代名詞でしたが、最近ようやくこの価格帯のロードバイクにも採用されるようになってきました。
アルミ同様に軽く、樹脂自体の設計で硬くも柔らかくもできるという、ある意味では夢の素材と言えます。
もっとも、この価格帯のカーボンバイクは快適性を重視して柔らかめに設計されている場合が多いようです。

■クロームモリブデン鋼(クロモリ)
その名の通り、(高品位な)鉄のフレーム素材です。
鉄にはしなりが生じるため、カーボンとは感覚が異なりますが乗っていて疲れにくいのが長所。
難点は重いことで、アルミやカーボンのロードバイクと比べるとどうしても車体重量が増してしまいます。
昨今のアルミやカーボンのバイクはフレームを太く設計する場合が多く、似たような見た目になっている車種が多い中、クロモリはフレームを細く設計できるため、外見がまったく違うのも特徴と言えます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ロードバイク】レビュー満載!初心者にオススメの10~20万円のロードバイク一覧(2012年版)

最近、街中でもロードバイクをよく見かけるようになりました。風のように速い速度に魅了される方も多いのではないでしょうか。またフィットネスやツーリング、レース・ロングライドイベントへの参加など楽しみ方は色々。自転車にぴったりの今の季節、ロードバイクライフを始めましょう!

このまとめを見る