1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

【重要】Facebook広告が個人の顔写真や名前を利用開始。簡単3Step嫌な場合の拒否設定の方法。

Facebookのソーシャル広告がはじまります、それに自分の個人情報を使われたくない場合の設定方法。

更新日: 2013年09月03日

mamonoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
67 お気に入り 54744 view
お気に入り追加

今週の金曜日からユーザーの顔や、名前をFacebook広告に利用するようになります。

1,下記リンクをクリック

2,「外部広告の設定を編集」をクリックしプルダウンで「非公開」を選択後「変更を保存」をクリック。

「将来的にこれが可能になった場合、以下に情報を公開する」の拒否設定が完了

3、「ソーシャル広告を編集の設定」をクリックしプルダウンで「非公開」を選択後「変更を保存」をクリック。

「自分に関するソーシャルコンテンツの公開範囲」の拒否設定が完了

なお、ソーシャル広告の仕組みはこうなっている

ソーシャル広告では、広告コンテンツに加えて、Facebookページへの「いいね!」など、ユーザーが実行したアクションが表示されます

ソーシャル広告に適用されるプライバシー設定

Facebookがユーザー情報を広告主に販売することはありません

今のところビッグデータ販売等はしないようです。

自分に関するソーシャルコンテンツを承認済みの友達だけに表示する

今回の設定を行うことで承認を拒否できます。

写真が使用される場合、ユーザーのプロフィール写真が使用され、写真アルバムからの写真は表示されません。

プロフィール写真が広告に利用され、友人に表示されることが可能になります。

Facebook&Twitterのプライバシーポリシー関連まとめ

1




マモノさんです。
嫌いなものは不倫する中小企業経営者

このまとめに参加する