1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この夏、ゴキと会わない徹底対策

黒い悪魔…ゴキブリ。出てきた瞬間に背筋が凍りつきます。そもそも見るのすら嫌なのでゴキブリを見ることもない家にするための対策を調べました。まずは侵入経路を防ぎ、徹底的にゴキブリを排除します。今年こそはもうゴキブリを見なくていい年にします。皆さんの役に少しでもたてば嬉しいです。

更新日: 2012年06月01日

373 お気に入り 319398 view
お気に入り追加

■ゴキブリの餌の元を排除

食べ終わった食器、シンクに付いたカス、スポンジ泡は残さない

すべてがゴキブリの餌になります。清潔に保つことでゴキブリを寄せ付けない環境にします。

ペットの食べかけの餌を放置しない

ペットの餌もゴキブリには餌になります。食べかけは素早く片づけましょう。

食器カゴやシンク、冷蔵庫の水受け皿などに水をためない

常に水が溜まっているような場所を放置せず、ゴキブリに飲み水を残さないようにしましょう。

ジャガイモ、にんじん、玉ねぎなど冷蔵庫に入れる

玉ねぎはゴキブリの大好物。冷蔵庫で保存します。また皮などのクズもしっかりと密閉しゴミとして出しましょう。

除湿機を使い高温・高湿度にならないようにする

ゴキブリは餌になるダニを繁殖させたいために温度・湿度管理を心がけましょう。

■外からの新入を防ぐ

ドアの郵便受けはチラシを挟まったままにしない

ゴキブリの多くは外から侵入してきます。隙間ができることでここからも入ってきます。新聞などは別のケースを用意して入れてもらうようにすると◎です。

網戸は左右を確認して正しく使う

通常、網戸は右側に配置する。左側に配置すると、ガラスとの間に隙間ができるので要注意です。

■ココまでするともっと効果的

部屋にはルームスプレー、トイレにはミント系の消臭剤などミントの香りで防ぎましょう。また、見落としがちな、配管の隙間や、ガーデニングの受け皿など、対策をしておくと◎

観葉植物、ガーデニングの受け皿は定期的に掃除する

植木鉢、プランターの下の水受け皿はゴキブリの巣になったり、産卵されたりする要注意ポイントです。

市販の物を一工夫して使い、効果的にゴキブリを寄せ付けない家にしましょう。

『網戸に虫来ない』タイプのスプレーを玄関などの隙間の周りに使う

薬剤が長期間残留するように作られてるのでこれを応用します。
屋外の方から扉や窓の枠を囲むように『幅30cm以上』あけてぐるりと吹きつけましょう。

『着火タイプ』のバルサンを2回に分けて焚く

着火タイプの方が薬剤の粒子が小さく、隙間の奥まで届きます。ゴキブリの卵には効果がないので『15日後』に再びバルサンを焚き卵で生き残ったゴキと新たにやってきたゴキを駆除します。

■参考リンク

1





このまとめへのコメント2

  • datenosagetuさん|2012.06.05

    プロの掃除屋(業者)に相談依頼することも有り!だと思います。

  • nanasi_3さん|2012.06.03

    スポンジ泡(洗剤)はゴキブリは食えない筈。

1

ヤンデれ莉莉さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう