1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【梅雨対策】洗濯のコツ&部屋干しのテクニック【臭い対策】

ジメジメする梅雨はお洗濯物が臭ったり乾きにくかったりで最悪の季節。梅雨どきの室内干しのコツや、部屋干しした時の臭い対策をまとめてみました。クーラーや空気清浄機、サーキュレーターを使ってみるのも手ですが、節電が叫ばれているので部屋干しをマスターしてはどうでしょうか?節約にもなるし一石二鳥

更新日: 2016年05月16日

aqua38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
428 お気に入り 467298 view
お気に入り追加

【梅雨時期のお洗濯のコツとにおいの原因を作らない方法】

洗濯槽の汚れを専用洗剤や漂白剤などで落としておく

せっかくきれいになった洗濯ものに汚れが付着したら元も子もないですので!

汚れ物をため込まない。

晴れを待つより毎日少しずつこまめに洗う方がベターです。
汚れは時間を置くほど取れにくくなってニオイの原因にもなりますし、
洗濯物の量が増えれば部屋干しも大変です。

洗濯物にランドリーボックスは必須

その日着た洋服や下着、使ったタオルなどを、洗濯機の中にポンと放り込んでいませんか。
適度な湿気がある洗濯機の中は、雑菌が繁殖しやすい場所です。
籐のバスケットや、メッシュ素材のものなど、
できるだけ湿気を逃がす通気性の良いものがおすすめです。
また、ランドリーボックスに入れるにしても、
明らかに湿ったものは一度乾かしてから入れるようにしましょう。

洗剤は多ければキレイに洗えるわけじゃない

部屋干しの洗濯物はニオイが気になるから、汚れやニオイが落ちるように、たくさん洗剤を入れる…
 これ、絶対にNGです
多く入れすぎた場合、洗濯で溶け切れなかった洗剤の残りかすが衣類や洗濯機の中に残り、
雑菌やカビとなってニオイの元となったり、さらにはアレルギーの原因となることもあります。
気になるときは、液体のものに変えたり、一度お湯で溶かしてから使うなどの工夫をすると
より洗剤の効果が上がり、ニオイを防ぐことにもつながります。

すすぎにはお風呂の残り湯は使わない

洗いの時は残り湯の温かさが洗剤の酵素を活性化させる効果もありますが、
すすぎに残り湯を使うと汚れが衣類にうつって臭いの元になります。
それでもやっぱり残り湯をという方も、せめて最後のすすぎだけは水道水にしましょう。

洗い終わったら、すぐに干す

洗濯物は終了のサインが出たら、できるだけ素早く洗濯機から取り出して、干しましょう。
湿気がこもって密閉された上に、適度な温度もある洗濯機の中は、時間が経てば経つほど、
雑菌の宝庫になります。
その中に入れっぱなしにすれば、ニオイの原因がキレイになったはずの洗濯物に
再びついてしまいます。

タイマーなどでセットしておく場合でも、すぐに対応できる時間を設定してください。

ニオイ対策をする。

(1)臭いの元から落とす高機能ナノ洗剤や、室内干し向けの洗剤・柔軟材を使用する
(2)風呂の残り湯を利用する際には除菌処理をする
(3)洗濯槽の中のカビ汚れを専用洗剤などで取り除く

【狭い部屋でもできる!梅雨時の部屋干し(室内干し)コツ】

早く乾かすための工夫をする。

洗濯物と洗濯物の間に十分な空間をとって干す、
扇風機やサーキュレーターで風を当てる、除湿器を使う

カーテンレールや壁沿いはNG

部屋干しをするとき、カーテンレールや鴨居などに洗濯物を干していることがありますが、これもNG
カーテンや壁は目にはつかないかもしれませんが、意外と汚れており、
それが洗濯物につけば、これもまたニオイの元です。
また窓や壁があるため、空気も動きにくく、乾くのに時間がかかってしまいます。

換気扇・エアコンの除湿を使う

換気扇やエアコンの除湿機能を使って、湿気を取り除くのも有効です。
寝食をする室内に干すのが目障りなときは、
換気扇のある浴室に突っ張り棒などを使って洗濯物を干すのもおすすめです。

裏技・新聞紙で除湿する

新聞紙には、除湿の効果があります。
洗濯物を干した下に敷いたり、丸めたものを散らばしておくと、
洗濯物の湿気を吸収してくれるため、乾きが早くなります。

長いものと短いもの、厚手のものと薄手のものは交互に

洗濯物と洗濯物の間に風が通るように、できるだけ間隔を開け、
洗濯物の長さや厚さも交互にすると、乾きが早くなります。

スカートやズボンは筒干しに

裏地がついていたり、内側にポケットがあるようなスカートやズボンは裏返しにして乾かします。
内側まで素早く乾かせるのと同時に、外に干した場合は日光による色落ちも防げます。
また、干すときはハンガーピンチを使って、筒干しにしましょう。
早く乾くのと同時に、シワもつきにくくなります。

バスタオルやシーツは蛇腹干しに

部屋干しで最も困るのが大きなバスタオルやシーツですが、
これはピンチハンガーで蛇腹に干すと、少ないスペースでも重なり合わずに干すことができます。

【梅雨時のお洗濯にあると便利なグッズ】

物干しざおにテントをさし、その中に洗濯物を干す
撥水加工を施したテントが雨から洗濯物を守る!
下がメッシュ加工で通気性も抜群!
洗濯物が乾きやすい

1





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます
女性向け、ライフハック、美容、子育て、雑学、暮らしのアイデア、DIY、100均アレンジ等役立つ情報をまとめています



  • 話題の動画をまとめよう