1. まとめトップ

ブラックラグーン名言集

ブラック・ラグーン/BLACK LAGOONの名言集です。

更新日: 2012年11月28日

kyarannさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
127 お気に入り 502871 view
お気に入り追加

日本の一商社・旭日重工(あさひじゅうこう)の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。商会は、ディスクと緑郎を引き換えに旭日重工からの身代金奪取を狙っていたが、機密漏洩を懸念した旭日重工と彼の上司・景山は、ディスクと緑郎を両方消滅せんと画策し、傭兵派遣会社・エクストラ・オーダー(E.O.)へ商会の襲撃を依頼した。やがて、旭日重工が自分を見捨てたことを景山に伝えられ、E.O.の襲撃に遭った緑郎は、狼狽の果てに閃いたアイディアを商会のメンバーへ提案し、この危機の打破に成功する。

本名は岡島緑郎(おかじま ろくろう)。東京都出身で、父や兄は中央省庁の官僚。1年浪人して国立大学を卒業後、一流企業である旭日重工の資材部東南アジア課で商社マンをしていた。ラグーン商会の件で会社に見捨てられたことをきっかけに本名を捨て、「ロック」(命名はダッチ)を名乗ると、そのまま商会のメンバーとなる。
銃器は一切使えず、また使わないが、いざという時の肝は据わっており、作戦においては頭脳労働が中心の参謀役。その際、商社マン時代の知識が役立つことも多い。記憶力や機転に優れ、取引経験のあるベネズエラの名家・ラブレス家の家族構成からその飼い犬の名前まで記憶している。

ロック 名言

ロビンフッドがいねぇなら、
ロビンフッドになればいい。
泣き寝入りして文句たれて生きてるよりゃ、
よっぽどマシな生き方だ!

俺は・・・、俺が立っている場所にいる。 それ以外の何処でもない。

いいんだ、このままで。
空を仰いで--------海を眺めて・・・眠るんだよ。

違う!…違うよ。

世界はほんとは、君を幸せにするためにあるんだよ。
いいかい、血と臓物なんか、世界のほんのかけらでしかないんだ。
すべてなんかじゃないんだ。

あれは未来から来た殺人ロボットだ。
映画と違うのはシュワルツェネッガーじゃないことだけだろ?

貴女は一つ勘違いをしている
義理じゃない、正義でもない・・・理由なんてたった一つだ
そいつは俺の趣味だ

俺がこんなに拘ってんのはな
そんな生き方に気づかせてくれたその女が――
俺を切った連中と・・・・・・同じことを抜かしてやがる。
俺にゃそいつが、我慢ならねェ。

暴力バカに、つける薬はねえって書きな。

部長、覚えておられませんか。俺はね、もう死んでるんですよ。
あんたがそう言った。

バレルを6インチに延長し、象牙製のグリップに髑髏と2本のカトラスを埋め込み、スライドの左には「9mm SOWRD CUTLASS」、右にはタイ語の刻印が施されている。ただし、実際には海外製のコピー品)を二挺同時に使うことから付けられた「二挺拳銃(トゥーハンド)」の異名を持つ、凄腕の銃使い。
米系華人(中国系アメリカ人、アメリカンチャイニーズ=移民した華僑の子孫)の娘で、過去のことに触れられたり思い出したりすると死んだような虚ろな眼になるが、銃撃戦のような命のやり取りの際には水を得た魚の如く非常に生き生きとなる。

レヴィ 名言

神もいねえ、中国人のメスガキに頼れるものはいったい何 だ?そいつは金だそして銃だ、この二つがありゃ天下太平だ

力、さ。神よりゃよほど役に立つ。

正義なんてもんはなくても、地球は回るんだぜ。

見ろ見ろロック!サタデー・ナイト・ライブみてェだぞ!

あたしの役目はあんたの生命(ライフ)を守る事で――
あんたの生き方(ライフ)を邪魔する事じゃねえもんな。
だから――
ついていくよ、マスター。

あたしらの世界じゃ
落としどころってのが大事だろ。
姉御だって百も承知だろう?

一ついいことおしえてやるよ。
こんなもんはな
撃てて当たりゃいいんだよ

タラワだろうがアラモだろうが守ってやる自信はある!
でもな、くたばりたくてたまらねえ奴は
どんなにしたって守りようがねえんだよ、
このアンポンタン!

あたしらの世界じゃ、落としどころってのが大事だろ。
姉御だって百も承知だろう?

あたしはあんたの保母さんでも保護観察官でもないんだ。・・・なら・・・どういう名目で、あんたの無茶に付き合えばいいのか、てェ話だよ。

成り行きはもう、御免だ。

遅い、遅かったぜ。
私らの行く着く果てなんて、泥の棺桶だけだってのによ。
おまえ、生きようとしたな。

おもしれえ。おもしれえってのは大事なことだぜロック。
やったろうじゃねぇか!

ラグーン商会のボスであり、「ブラック・ラグーン号」の船長。
ベニーいわく「タフで知的で変人」な筋骨隆々の大男で、常に冷静を保ちサングラスを外さない、インテリの黒人。ロアナプラでは相当の人望があるらしく、バラライカや張、ヨランダといった各勢力の重鎮にも一目置かれており、彼らと常にタメ口で喋る。ベトナム戦争に従軍していた経歴を持ち、河川哨戒部隊TF116に所属していたと公言しているが、その発言には不自然な点が多い。

ダッチ 名言

そいつはクールだな。

貧乏白人が手前の低能さを棚上げして、
愉快に生きようと思ったら、
あっという間にマーチ好きのバカが一匹出来上がる
どこに行っても変わらねぇ法則だ

1 2 3




このまとめへのコメント1

  • tamoshiiさん|2013.03.18

    一回読んだくらいでマニアになったと勘違いしたやつがまとめたんだなってよくわかる内容でした
    正直、犬の糞にも劣る
    あんたはブラックラグーンを何もわかっちゃいない
    全巻20回読み返して出直しな

1

kyarannさん



公式まとめ