1. まとめトップ

妊娠中はこれだけ読めば大丈夫!おすすめのマタニティ本

妊娠中は不安でいっぱい。雑誌を読んでもwebを見ても様々な情報が飛び交い、どれが正しい知識なのか、どの情報を信じればいいのかわからない。人に聞いてみても周りは自分の都合にあわせて色んな意見をぶつけてくる。そんな不安なマタニティ生活を少しでも和らげるために適したおすすめの5冊を紹介します。

更新日: 2012年06月07日

evisbeerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
295 お気に入り 136436 view
お気に入り追加

◇すべてがわかる妊娠と出産の本

アメリカの家庭に、かならず1冊置いてあるベストセラー妊娠・出産マニュアルの日本語版。見どころは何といってもきめ細やかな医療情報と、ほかの本にはない丁寧な解説。ささやかな疑問にもきちんと答え、自分の体と相談して、自分に合った出産をしたいと願っている女性たちをサポートします。

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,747位
3位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 出産の知識
5位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠の知識
14位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 一般
(2012年6月7日現在)

妊娠・出産本を数多く購入しましたが、この本はおすすめの一冊です。
アメリカで妊娠出産本のバイブルといわれるWhat to expect when you are expecting a abayを購入しようと思って調べていたら、日本語訳が販売されていることを知りました。

自然分娩信仰派や無痛分娩推奨派など、とても偏った観点から書いた本が多い中、とにかく、客観的観点から書かれているというのが気に入りました。
3分診療ではなかなか病院で相談できない各月のマイナートラブルについて書いてあったり、病院で質問する前に基礎知識として十分な専門的な情報(出生前診断についてなど)もあり、とても情報豊富で充実した内容なので、おすすめです。

◇はじめての妊娠・出産安心マタニティブック

アメリカで80万部を突破した「The Pregnancy Journal」の日本版。妊娠した日から出産日まで、毎日の胎児の成長と母胎の変化、栄養アドバイス等を詳しく解説。日本では「週・月単位」で解説した妊娠出産本は多々あるが「日単位」は初めて。妊婦の不安や気がかりを解消し、安心して赤ちゃんを迎える心と体の準備できる一冊。
1~2日に1箇所、体調や気づいたことなど自由に書き込めるメモ欄付き。

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 362位
1位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 出産の知識
1位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠の知識
2位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 初めての妊娠・出産
(2012年6月7日現在)

すごく読んでいて温かい気持ちになりました。

実際に妊娠すると女性の体にはこういう変化が起こって
胎児はこうなっているんだ、というのが
きちんとしっかり分かる本です。

妊娠されている方はもちろんですが、
教育の上でもいいと思いました。

出産だけがゴールという妊娠中のイメージから、妊娠期間の自分と赤ちゃんの成長過程を楽しめるようになりました。
1ヶ月単位の赤ちゃんの成長や母体の変化についてネットや本で読みつくしてました。でも、その内容が自分にあてはまるのはその期間のいつなのか知りたかったのですが、この本は見事にその欲求にこたえてくれてる気がします。

◇シアーズ博士夫妻のマタニティブック

妊娠10カ月間と産後1カ月を月別に、やさしくていねいにアドバイス。医学的なことはもちろん、著者自身の親としての体験に基づいたアドバイスや先輩ママたちの体験談も豊富です。

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,897位
4位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 一般
(2012年6月7日現在)

すごく役立ちました。
マタニティ雑誌は広告がらみが多くて嘘か本当か良くわからなかったけど、この本は気になる点がズバッと書いてある!
この月はこんな時期、出産方法、あらゆることが書いてあります。
不安疑問解消できます。

ほんとうに私を励ましてくれました。
妊娠はマニュアルどおりにするものではなく、
自分らしく、楽しむものという気持ちを私の中に根ざしてくれた
価値ある一冊です。

◇子育てハッピーアドバイス 妊娠・出産・赤ちゃんの巻

育児本として定番の「子育てハッピーアドバイス」シリーズ。
この妊娠・出産・赤ちゃん編もおすすめです。

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 9,211位
21位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 一般
(2012年6月7日現在)

読んだのは出産後だったけど、妊娠前に出会いたかった。

産院選びや陣痛、妊婦が抱きがちなQ&Aなど、
おなじみの明橋&太田のベストセラーコンビで
エッセイ&コミック調でわかりやすくまとまっているので最初の1冊に最適。

タイトル通り、妊娠から赤ちゃん初期までの事柄が書かれているので、簡単な予習をするのにも最適です!
この本で興味をもった部分や不安に思う部分を早めに、先生や本、ネットでより深く勉強していけば鬼に金棒。
イクメンになるための入門編としても最適な一冊だと思います。

◇子育てハッピーアドバイス

医師・カウンセラーとして活躍中の著者が「『赤ちゃんに抱きぐせをつけてはいけない』は間違い」「叱っていい子と、いけない子がいる」など、子育てに大切なポイントを、マンガやイラストで分かりやすくアドバイス。すぐに読めて、心が軽くなる。子育てに自信と安心を贈る1冊。


☆出産後の心構えとしておすすめの一冊です。

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,069位
7位 ─ 本 > 人文・思想 > 教育学 > 生涯教育
22位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 妊娠・出産・子育て > 子育て
(2012年6月7日現在)

親として、子供を一人の人間として向き合い、大きく包み込める度量が持てる本です。子育てで、疲れたな、と思う時にぱらぱらとめくると、気持ちが落ち着けそうです。

育児に不安だらけの日々でしたが、この本に出会って、自分の子育ての軸はこの本だ、っていう気持ちになりました。
そのとおりにはなかなかうまくいかないけれど、不安が強くなったとき、疲れた時、読んでいます。
いろいろな育児の方向性がある中で、自分はここなんだ、っていう再確認ができて落ち着きます。

1




evisbeerさん

コツコツ更新予定



  • 2014年をまとめてみた