1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ちょっと怖いとなりのトトロの都市伝説

2007年ころから話題になっている、となりのトトロの都市伝説についてまとめました。

更新日: 2014年11月30日

384 お気に入り 3421077 view
お気に入り追加

2007年ころから話題になっている、となりのトトロの都市伝説についてまとめました。

後半、サツキとメイの影が薄くなる

「メイ」と書かれたお地蔵さんが一瞬映っている

サツキがメイを探す場面で、一瞬お地蔵さんがフラッシュバックをする。
そのお地蔵さんをコマ送りで見ると「メイ」と書かれたお地蔵さんが写っている。
その後、メイがお地蔵さんと並んで座っているシーンがある。

ここでも、お地蔵さんと比べてメイの影が薄くなっています。

トトロは、死期が近い人間、もしくは死んだ人間にしか見ることができない

主題歌歌詞には「子供の時にだけ〜♪あなたに訪れる〜♪」とあるが、
カンタにはトトロが見えなかった。
メイは物語序盤からトトロが見えていたが、サツキは序盤は見えていない。
そして、メイがいなくなった後、サツキがトトロに「妹のところ(=あの世)に連れて行って」とお願いすると見えるようになる。

猫バスはあの世に繋がっている乗り物

さつきはトトロに死んだメイの元へ連れて行って欲しいと頼み、あの世へ連れて行かれてしまった。
そしてネコバスの行き先が「墓道」になっています。

サツキとメイは母親に会ってない

サツキとメイは病院にいる母親の近くまで行くが会っていない。
そして終盤の病院のシーンで母親が 「今、あの木のところで、サツキとメイが笑ったような気がした」と言ったが、
これは生きている人間に対して発する言葉としては不自然。
そして、父親は全く気が付かなかったのに対し、母親だけが死んだメイとサツキの気配に気づいたのは、
母親にも死期が近づいていることを現している。

母親の入院していた病院は実在した

親の入院していた七国山病院は、東京都の八国山緑地に隣接する東京白十字病院と新山手病院がモデルになっている(どちらも元結核療養所)。
結核は1950年までは日本人の死亡原因のトップ、トトロの時代設定について宮崎駿は「テレビのなかった時代(=NHKの放送開始が1953年なので、それ以前と考えられる)」と話していることから、母親の先は長くないと考えられる。

エンドロールは過去の回想シーン

エンドロールで、家族が一緒にいるシーンが流れるが、両親の顔が劇中よりも明らかに若い。
つまり、サツキとメイが生きていた過去の回想シーンである。

トトロの名前の由来

トトロの名前の元になったトロルとはノルウェーの伝承に伝わる邪悪な妖精で、死神とも言われている。

物語は、全てお父さんの妄想だった

田舎に来る前からサツキとメイは既にこの世に存在しなかった。
劇中でお父さんが書いていた内容は、死んだ娘たちの物語だった。
サツキとメイがトトロと一緒に木の上でオカリナ吹いていたシーンで、お父さんがチラリと木を見て、
少し満足げにして執筆を続けているのは、死んだ娘達がこうなれば良かったと思ったことを小説にしていたから。

「となりの」市で起きた事件との関連

1963年5月、埼玉県狭山市で実際に起きた、少女を被害者とする強盗強姦殺人事件、「狭山事件」の影響を受けていると言われている。
狭山市は、となりのトトロの舞台となった埼玉県所沢市の 「となりの」市である。
宮崎駿がアニメーションの世界に入ったのが事件の翌年の1964年。
サツキとメイの名前も、狭山事件の起こった5月(英語でメイ、日本語でサツキ)が由来であると言われている。
また、ジブリがトトロに関する都市伝説を否定したのも5月であった。

参考

関連まとめ

注目まとめ

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

おもしろ系まとめ
http://bit.ly/UbXSoO

ためになる・ライフハック系まとめ
http://bit.ly/SxQZet

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう