1. まとめトップ

余裕しゃくしゃくの仕事ぶりと人気はなぜ?とんねるず石橋貴明さん・木梨憲武さん

30年以上も第一線で張るとんねるずは若い芸人の憧れの的(もちろん私も大ファンです)。そんな彼らも今のレギュラーは「みなさんのおかげした」のみ。それでも余裕で入られるという理由はやはりこれまで培った実績でした。

更新日: 2016年06月29日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
118 お気に入り 2090086 view
お気に入り追加

■鈴木保奈美が18年ぶり連ドラ主演! 安田成美から"とんねるず夫人"リレー

女優の鈴木保奈美が、8月13日スタートの東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『ノンママ白書』(毎週土曜23:40~24:35、全7回)で、18年ぶりに連続ドラマの主演を務めることが29日、明らかになった。

このドラマは、鈴木演じる中堅広告代理店に勤める49歳・バツイチ・子ども無しの土井玲子が、50歳を前に恋に仕事に奮闘していく姿を描もの。精神科医・香山リカの新著『ノンママという生き方~子のない女はダメですか?~』(7月7日発売)と連動し、伴一彦が脚本を担当する。

98年のフジ系『ニュースの女』以来の連ドラ主演となる鈴木は「主演ということに関して、突き詰めると具合が悪くなりそうなので、あまり考えないようしています(笑)」と言いながら、自身の役柄について「真面目で仕事を愛し、人の悪口を言わない女性。そんな土井を私自身、徐々に好きになっているところです」と愛着がわいているようだ。

今作が放送される"オトナの土ドラ"枠では現在、木梨憲武夫人の安田成美が主演を務める『朝が来る』が放送されているが、バトンタッチを受けるのは、石橋貴明夫人の鈴木で、とんねるずの両夫人がドラマ主演をリレーすることになる。

■Every Little Thing・伊藤一朗 とんねるずの番組出演をめぐり苦悩していた

23日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、Every Little Thing(ELT)の伊藤一朗が、同番組の出演をめぐり苦悩していたことを明かした。

番組では、「史上最多人数の落とし穴の祭典! 全落(ぜんらく)アモーレアナホーレ2時間半SP」と題して、何も知らないタレントたちが落とし穴に落ちていく様を競う「第1回 全落オーガスタ」が千葉・東京ドイツ村で開催された。

その中で、伊藤は大トリとして最終ホールに登場した。伊藤は、全落シリーズで、これまでに2度、2位を獲得している。約2年半ぶりの参戦となった今回、伊藤はCM撮影と聞いて現場に入り、池の淵でギターを弾かされていた。

すると、伊藤の背後から、仕掛け人のELT・持田香織の放つ「ハメハメ波!」が大きな波動となって出現し、押し出された伊藤は派手に水面へ転落した。

ズブ濡れになった伊藤は「落ちた瞬間に、『みなさん』にスゴイ呼ばれてなかったんで、最近ちょっと悩んでたんですけど」「走馬燈で『あっ、呼ばれた!』」と落ちながらも、安堵の気持ちに包まれたと明かしたのだ。

伊藤はそのまま、さらなる仕掛けへ誘導されると、再びあっさりと池へ落下。伊藤は「そういえば、こういう展開になってるんだなぁ」と怒ることもなく、久しぶりの感覚を思い出し、共演者たちの笑いを誘った。

持田にも落ちっぷりを絶賛されて、伊藤は笑顔を見せていたが、優勝はIKKOに。伊藤は、またしても2位止まりの結果となった。

■香川、長友「とんねるずスポーツ王」参戦 木梨もウキウキ

サッカー日本代表の香川真司(27)、長友佑都(29)らがテレビ朝日「とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2016夏の決戦スペシャル」(26日後8・58)の企画「キックベースボール対決」に出演した。

 代表の海外組選手が数多く顔をそろえたオープニングに木梨憲武(54)は「ゆっくりと見ていたい」と浮き浮きとした表情。自分のチームにタレント・平愛梨(31)と交際中の長友がいることから「今日はアモーレJAPANです!」と宣言した。

 長友は「キックベースはやってみると凄く楽しい。プライドを懸けたガチ勝負を見ていただきたい」とアピール。アモーレにささげる豪快な一発が飛び出すのか注目されるが、木梨は「勝ち負けより、ゲームを真剣に戦う代表選手たちが美しい」と話した。

■石橋貴明がお笑いコンビのANZEN漫才に激怒「つまらなかったらぶっ飛ばす」

9日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるずの石橋貴明が、お笑いコンビのANZEN漫才を怒鳴り散らす一幕があった。

番組では「お笑いイミグレーション NEXT」のコーナーで、若手お笑いコンビとして、ANZEN漫才のふたりがネタを披露した。緊張気味のみやぞんと、あらぽんは、何を言っているのか不明瞭な自己紹介をはじめると、ネタに入る前に早速ダメ出しを食らってしまう。

石橋は「売れる匂いがしない」と、致命的な一言を放った後「(同じ事務所の先輩の)三四郎が言うには『みやぞんは、すげえバカなんですよ』って」と続けた。これに、みやぞんは「誰ですかあ?」と返して「いや、お前だよ」と、共演者から一斉にツッコミを受けた。

その後、再びネタ見せ前の質問で、ふたりはようやく足立区出身で保育園からの幼なじみなのだと説明することができ、みやぞんは高校時代に野球部で、ピッチャーで4番打者だったという。ところが、その後もみやぞんは、自分についての質問に「分かんないです」と答えを続ける。

石橋が高校野球について「東・東京大会は何回戦まで行ったの?」と、聞くと、みやぞんは「それも分かんないす!いいところまで行ったんですけど!国士舘に負けたんですけど!」と混乱しはじめた。

尋常ではない動揺をみせるみやぞんに、石橋は「なんで分かんねえんだよ!」「この野郎!」と怒鳴りながら、卓上の名札を投げつけ、笑いを誘った。眉間にしわを寄せて激怒する石橋に、みやぞんは「本当、詳しくないんです、野球が!」と、元野球部とは思えない言い訳をしてしまう。

その後も、激しい石橋からのツッコミにみやぞんは支離滅裂な受け答えを続けて、盛り上がりをみせたが、石橋は「それだけやって、ネタつまんなかったら、ぶっ飛ばすからな!」と、ふたりに檄を飛ばした。

そしてようやくふたりが持ちネタの「I LOVE 足立」を披露して笑いを誘ったが、ここで石橋は「なんでネタがつまんねえんだよ!」「もっと、めちゃくちゃな方が面白いのに…普通なんだもん…」と強烈なダメ出しをして、再び笑いを誘っていた。

■ピン芸人・永野 とんねるずのドッキリにマジギレ「なんすかコレ?」

2日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、お笑い芸人の永野が番組企画にマジギレする一幕があった。

番組では、ニセ情報で芸能人を呼び出し、落とし穴に落とすドッキリ企画「全落九十九里クラシック」の後編を放送した。ゴルフを模したこの企画は、出演者たちを騙して落とし穴に落とし、その落ちっぷりの見事さを競わせるものだ。

別室でドッキリを見る石橋貴明は永野に対し、「豪快なイーグルが出るかもしれない」と期待をのぞかせた。しかし、企画が始まり穴に落ちた永野は、駆け寄る木梨憲武を不機嫌そうににらみつけ「気持ちワル」「なんすかコレ?意味がわかんないんですけど」と訴え始めた。

また、木梨が「怒ってんの?」とたずねると、永野は憤慨した様子で「ちょっと怒ってます。ナメられてるなって」と返答した。石橋が音声で「キレてるの?」と尋ねると、永野は低いテンションのまま「キレてるっていうか、何なんすか?」と眉をひそめた。

終始ちぐはぐだった永野とのやりとりで、石橋は「ダブルボギーです」と低評価を下し、「これ、『あゆむちゃん』に言っておきます」と永野の事務所社長の名を出して、永野を叱ったのだった。

なお、永野は本気で不機嫌になった理由は、今回の落とし穴が「プライベート」でのものだと勘違いしたためのようだ。

■石橋貴明がフジテレビの困窮ぶりを暴露か「制作費がもうない!」

2日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で石橋貴明が、番組の制作費が困窮しているかのような発言をする一幕があった。

番組では、見た目は汚いが料理は美味しいレストランを紹介する「帰ってきた きたなトラン」のコーナーで、元フジテレビの平井理央アナウンサーが久しぶりに登場した。

平井アナはコーナーの冒頭に「今回はいつものように『きたなトラン』の進行をしてくださる、バナナマンさんだったり、おぎやはぎさんだったり、(博多華丸・大吉の)華丸さん的な方が、いらっしゃいません!」と、コーナーMCのお笑い芸人が出演しないことを説明した。

すると石橋は、「彼ら(MC芸人)にですね、簡単な仕事でギャラを渡さないというのが、もう…。フジテレビの制作費がもう、ないんです!」と声を張って、笑いを誘ったのだ。

実際には、制作費の関係でおぎやはぎらが出演しなかったのかは不明だが、これまでもとんねるずのふたりは同番組内で、おぎやはぎやバナナマンに「簡単にギャラは渡さない」といった発言をたびたびしている。

なお、今回のMCは次世代を育てていくという趣旨で、若手芸人7組の中からダーツによって、LOVE ME DOと、ふとっちょ☆カウボーイが選ばれ、ロケに同行していた。

■きゃりーも巻き添えに!石橋貴明、芸人への「病気でハゲたの?」発言に批判殺到

5月26日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)にて、芸能人が落とし穴に落ちる「全落 九十九里クラシック」が放送された。全落シリーズは2010年から放送されている同番組の人気ドッキリ企画である。

「今回は平成ノブシコブシの吉村崇、トレンディエンジェルの斎藤司、あばれる君などの芸人のほか、モデルのダレノガレ明美や歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが出演したことで視聴者から注目を集めました。特にダレノガレは、落とし穴から上がる際に胸元が大きくはだけ、一部が自主規制されたこともネットでは話題となりました」(テレビ誌記者)

 今回の全落企画は予選会ということで、初出場の芸能人ばかりが登場した。

 しかしそんな中、石橋貴明のある芸人へ対する発言に、視聴者から批判の声があがったという。

「トレンディエンジェルの斎藤が落とし穴に落ちた際、石橋が『斎藤さんの髪って病気でハゲたの?』と通常の薄毛イジリとは違うツッコミを行いました。すると斎藤は『病気じゃないですよ』と苦笑いを見せましたが、その後も、石橋は出演者のきゃりーぱみゅぱみゅを使って、彼女も言っていたと嘘の冗談を言うなど、同じイジリを続けたのです。そのため視聴者からは『さすがにあのイジリはどうかと思う』『本当に病気で悩んでいる人がいるのに』『きゃりーちゃんを巻き込まないで!』と批判の声が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

 バラエティに出演した際は、薄毛イジリが鉄板となっているトレエン斎藤。しかし今回、石橋の出した「病気」というワードが、一部の視聴者に反感を買ってしまったようだ。

■きゃりー 初の“汚れ仕事”?落とし穴にハマり「マジかよ~」

デビュー5周年を迎えた歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)が26日放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)に出演。落とし穴に落ちる様を競う「第1回全落九十九里クラシック」に初参戦した。

トップバッターとして登場。同番組の人気コーナー「モジモジくん」と聞かされ、黒の全身タイツに身を包んだきゃりー。ライトバンが収録現場に到着し、車から降りると、2歩目、「キャー」と悲鳴を上げながら、すぐに落とし穴にハマった。

 歌姫にとって初の(?)“汚れ仕事”か。粉まみれになりながら「何これ?ビックリした。立ち上がれない」と穴の中でもがき「うちの事務所、こういうの絶対断っていたんですけど」と笑いを誘った。「モジモジくん」の収録はないと聞かされると「マジかよ~」と声を上げた。

■とんねるずの恫喝にバナナマンが動揺「どうしたんだよ?とんねるず」

12日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるずの恫喝のような発言に、バナナマンが困惑する一幕があった。

番組では、「衝撃映像連発大爆笑SP」と題し、放送888回を記念して過去の名場面をVTRで振り返った。中でも、2013年12月の「2億4千万のものまねメドレー選手権」では、バナナマン・日村勇紀の郷ひろみのものまねが「衝撃!本人の前でやりきった男」と紹介された。

郷に「リー!」の発音を直され笑いを誘った日村は、これをきっかけに、NHK紅白歌合戦での共演を果たしたのだ。

VTR後のスタジオでは、自分たちの若かりし頃のVTRに、設楽統が「あのときは本当に滑って! 大好きだったとんねるずさんとは、終わったと思ってね?ふたりで落ち込んで。したら今、こんなに近くなってすげえ嬉しいですよ」と、バナナマンが番組に初出演を果たしたときを振り返った。

すると、石橋貴明が「なんかさ、あの時はすごく離れてたのに。今は乗っ取られた感じがする」「なんかヒムケンとかさ、ああやってひろみさんにくっついて、紅白まで出るようになって。何かオレたちは利用されてるような気がする」と怪訝な表情を浮かべた。

日村が必死の様子で否定しようとすると、すかさず木梨憲武が眼光鋭く「(自分たちを)可愛がってくださいね!」と迫り、石橋も「オレたちがダメになった後」と付け加えた。

唐突な大御所の嫌味に笑いが起こる中、設楽は「嫌な老人みたいになってる!」「どうしたんだよ!? どうしたんだよ、とんねるず!? そりゃあないよ!」とツッコミを入れて笑いを誘っていた。

■川合俊一の重圧克服法に石橋貴明ツッコミ「だからメダルに…」

とんねるずの石橋貴明(54)が9日、都内でTBS「石橋貴明のスポーツ伝説…光と影」(18日後9・00)に収録に臨み、アスリートの知られざる苦労に何度もうなり声をあげた。

1 2 3 4 5 ... 26 27





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

時事系のメルマガを08年から配信しています(平日刊)。他に競馬(週3回)とマーケティング(サービス、お客)関連(週1)のメルマガも。他では自閉症の息子関連ブログなど



  • 話題の動画をまとめよう