1. まとめトップ

余裕しゃくしゃくの仕事ぶりと人気はなぜ?とんねるず石橋貴明

30年以上も第一線で張るとんねるず石橋貴明さんは若い芸人の憧れの的(もちろん私も大ファンです)。そんな彼も今のレギュラーは「みなさんのおかげした」のみ。それでも余裕で入られるという理由はやはりこれまで培った実績でした。

更新日: 2015年01月11日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
96 お気に入り 1188902 view
お気に入り追加

■ダウンタウン浜田 とんねるずの2人に挟まれ離陸!航空会社の陰謀!?「何これ!」

タレントのヒロミが、11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、お笑いコンビ・とんねるずとダウンタウン・浜田雅功の間に起きた珍事について語った。

 ある日、とんねるずが2人で飛行機に乗った時のこと。1席分、間を空けて2人が座っていたら、その間の席に浜田が座ってきたというのだ。

 とんねるずとダウンタウンと言えば、長年、ちまたで“不仲説”がささやかれていた。ヒロミはとんねるず・木梨からこの話を聞き、番組メーンコメンテーターのダウンタウン・松本人志も浜田から伝えられたと明かした。ヒロミは「飛行機会社が仕組んだ何かだと思う」とこの珍事を喜々として語った。

とんねるず・石橋と浜田は飛行機を降りた後も雑談をしながら歩いていたが、まわりの人々に「何これ!」と驚かれたという。2組は昨年3月の「笑っていいとも! グランドフィナーレ感謝の超特大号」で共演を果たしたことで、「だいぶん(周囲の目も)変わった」と松本は振り返ったが、まだまだ“不仲説”は根強いようだ。

■『スポーツ王』木梨憲武の「殺意が芽生えるつまらなさ」に、引退勧告の声が殺到中!?

正月恒例となっている、1月2日に放送された『夢対決2015 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)。とんねるずの2人がスポーツ各界のスーパースターたちとユニークな対決に挑み、毎年高視聴率を獲得。人気急落がささやかれるとんねるずとしては、ここぞとばかりに存在感を示すチャンスとなっている。

ところが、53歳にしてますます熱気を帯びる石橋貴明とは裏腹に、木梨憲武(52)の“つまらなすぎるトーク”に、視聴者もついに限界がきたようだ。

 番組コーナーで一番の人気企画となっているのが、5年連続となる錦織圭とのテニス対決。今年は、松岡修造、マイケル・チャンに加え、元世界ランク1位のアンドレ・アガシまで参戦。しかし、これに水を差したのが木梨の意味不明な言動の数々だった。

 冒頭、意気込みを語る場面では、

石橋「圭にとっては、これが本当のファイナルなんで」
木梨「ちなみに、ケイとミーは今活動していません」

 さらに、この番組での共演が出会いとなった錦織とマイケル・チャンだが、一部で「親善試合で会った」と報じられていることに対して、

石橋「急にマイケル取られてたから」
木梨「(錦織に向かって)7万円ちょうだい」

 そして、錦織、松岡、マイケル、アガシが素晴らしいプレーで観衆を魅了するも、木梨の「すいません、近くで見ると疲れる」
「これ、この営業で全国回れるぞ」といった的外れなトークで、いい雰囲気が台なしに。挙げ句、撮影カメラを相手コートに持ち込むと、そこにアガシの打球が直撃。

松岡「どっちのポイントなの?」
木梨「違う! 寄りの画だった」

「意味不明で会話がかみ合っていないし、面白くもなんともない。バラエティとはいえ、現役の世界5位や元世界1位、2位を前に、あれは失礼すぎでしょう。石橋のほうは、以前、ロスでマイケルの猛特訓を受けたり、今回も対戦前に8カ月間レッスンを受けたほど努力をしてきているし、豪華メンバーに対するリスペクトが感じられる。実際、1年目は木梨以上にドヘタだったのが、番組を重ねるごとに上達しているのがわかる。まだ初級レベルとはいえ、ところどころゲームに参加できていた。木梨のほうはウロチョロするだけで、もはや“邪魔”でしかなかった」(テニス経験のあるテレビ関係者)

 ちなみに、木梨単独のサッカーやスケートのコーナーでは、勝負の感想を求められても、「何が起きたかわからない」と絶句するのみ。石橋と2人で出ている場では、ゲストは誰も木梨に絡もうとすらしていなかった。

案の定、ネット上では、視聴者から“引退勧告”の声がズラリ。

「ノリのせいで冷めた」
「木梨はやることなすことことごとくウザい」
「殺意が芽生えるつまらなさ」
「もはやお笑い芸人でもなんでもない」

 放送作家が語る。

「木梨さんは昔、さまぁ~ずや森三中らと『お茶の水ハカセ』(TBS系)というゴールデン番組をやっていたが、メーンの木梨さんがあまりにつまらなすぎて視聴率わずか3%で打ち切りとなった。『食わず嫌い王』(フジテレビ系)もトークは石橋に任せっきりで、自分はただ食べているだけ。『スポーツ王』は、木梨仕切りのサッカーで毎年視聴率がガクンと下がっています」

その背景には、木梨のテレビへの意欲の低下があるという。雑誌のインタビューでは、「僕はそろそろドキュメンタリ―を中心にやっていこうかなと思っています」と語っており、昨年は趣味の絵画で個展を開いたように、今後はますます自身の趣味を兼ねたマイペースな仕事をしていくようだ。

 視聴者からの「引退勧告」の声は、本人の耳にはとっくに届いているということか……。

■有馬記念プレゼンター、石橋貴明さんのコメント

本日、有馬記念の表彰式プレゼンターを務めた石橋貴明さん(とんねるず)のコメントは以下の通り。

「素晴らしい有馬記念でした。自らの引退式を飾るとは...。また来年も来ます」

■森泉、自宅火災で石橋貴明に謝罪

フジテレビ系「バイキング」(月~金曜、午前11時55分)に水曜レギュラーとして出演している森。同日サプライズゲストとしてスタジオにとんねるずの石橋貴明が登場すると、「ご近所なんです」「よく犬の散歩で(会う)」とご近所トークが繰り広げられた。

すると突然、森が「この間、火事でごめんね~迷惑かけたね」と石橋に謝罪。状況を把握しきれていない出演者から「は?火事?」「え?」と疑問の声が上がると、「ちょっと、屋上でボヤが…」と、自宅の屋上で火災が起きていた事を明かした。

大きな被害は出なかったようだが、石橋は「消防車がきちゃって、すごかったよ」「オレ、うちが燃えてるのかな?と思って」と当時のことを振り返った。

■ ずん飯尾 石橋貴明言葉に衝撃

仕事終わりでたまに飲みに行かせていただくこともありますし、ロケの最中もカメラが回っていないところでいろいろと話します。タカさん(石橋貴明)はTIMさんと一緒の時に「この世界、逆転あるから」って話をしてくれたのが衝撃でした。タカさんいわく「とんねるず消えるな」っていう時期があったそうです。

その時、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)が始まったときに、次のチャンスをつかまなきゃいけないと必死だったって話をしてくれて。とんねるずなんて、ずっと第一線でやってきたと思っていたから、そんな時期があったって驚きでしたね。(明石家)さんま師匠も「毎日がオーディション」って言っているぐらいですし、あれほどまでの大物でもいつつまらないって言われるかわからない、って思っているんだなって感じました。

■泥酔絡み酒の俳優Aを一蹴 石橋貴明ポストBIG3の証明

かつては"芸能界の暴れん坊"と言われた「とんねるず」石橋貴明(52)の評価が、急上昇している。
「若くして売れたせいか、昔は生意気だと叩かれることもありました。実際、事務所移籍トラブルで干されたこともあったほど。しかし、ここにきて評価が急上昇しているんです」(ベテラン芸能記者)

かつては相手が大物芸能人だろうが頭をはたいたり、暴言を浴びせるなど、やりたい放題だった石橋。しかし、今では、「年上には礼を尽くし、後輩の面倒見もいい。彼を慕って事務所が違う、さまぁ~ず、おぎやはぎ、バナナマンなどの人気芸人たちが集まっています」(テレビ局関係者)という変わりようなのだ。

では、石橋に何があったのだろうか。彼を知るベテラン放送作家が語る。
「『笑っていいとも!』の最終回で石橋は相方の木梨、爆笑問題の太田、田中とともに"不仲""共演NG"と言われたダウンタウンのもとに、あえて"乱入"して番組を盛り上げたことからも、"今後は自分たちがテレビ界を引っ張っていかなくてはいけない"という強烈な責任感が芽生えているんですよ」

これを象徴するようなエピソードを本誌は入手した。
それは今年の7月末。都内の酒場でのことだ。「石橋さんは飲み仲間と、ある店で飲んでいたんです。すると、同じ店にいた映画主演クラスの俳優Aが泥酔して、石橋さんに絡み始めた。もちろん、周囲は止めに入りましたが、肉体派で知られるAは酒乱としても有名で、暴れると手に負えません。散々わめき散らし、あげくの果てに、石橋さんに飲んでいた酒をぶちまけたそうです。でも、それに対して石橋さんは怒るどころか、周囲にいる他のお客さんを気遣っていたとか。しかも、その俳優Aが後日、慌てて石橋さんに謝りを入れると、あっさりと許したそうです」(芸能プロ関係者)

ビートたけし、タモリ、明石家さんまの跡を継ぐのは、この男で決まりか!?

■マイケル・チャン氏が錦織選手のコーチに就任したきっかけはやはりとんねるず?

チャン氏が錦織のコーチに就任したきっかけは11年11月、都内で行われた東日本大震災の慈善試合の対談がきっかけとされているが、とんねるずの2人は「3年前のこの番組で出会ったこと」と主張している。

 11年正月の番組で錦織&松岡ペアに完敗した石橋貴明(53)が同年秋、特訓のため渡米。その時、教えを受けたのがチャン氏だった。この後、東日本大震災の慈善試合と同時期に行った12年正月放送分の収録で、チャン氏は今回同様にとんねるずの助っ人として錦織と対戦。コート上のやりとりで距離が縮まったという。石橋は「錦織圭が伸びたのは、この番組のおかげ。獲得賞金の10%はうちらに払ってほしいぐらい」と声を上げた。

とんねるずが今回、元世界ランク1位のアンドレ・アガシ氏(44)をもう1人の助っ人として呼び込むなど、コートにはスーパースターの強烈なショットが飛び交った。木梨憲武(52)は「修造がお付きの人に見えました」と錦織の成長を称えた。錦織は「(11月のATPツアー・ファイナルの会場の)ロンドンを思い出します。チャンは僕の弱点も分かっているのでやりづらい。でも、勝って2015年につなげたい」と闘志を燃やしていた。

男子テニスの錦織圭(24)がテレビ朝日「夢対決2015 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(来年1月2日後6・30)で、マイケル・チャン氏(42)と師弟対決を繰り広げる。

 錦織は9月の全米オープンで準優勝し、世界ランキング5位に躍進。その活躍を支えたコーチのチャン氏が今回、対戦相手とんねるずの助っ人として参戦。錦織はスポーツキャスターの松岡修造(47)とコンビを組んで、このほど、2対3のガチンコ勝負の収録に参加した。

■とんねるず・木梨憲武 キスを寸止めした石橋貴明にダメ出し「石橋っぽくない」

4日に放送されたフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、とんねるずの木梨憲武が、石橋貴明にダメ出しした。

 番組は女優の本田翼と俳優の東出昌大が対決する「新・食わず嫌い王決定戦」を放送。石橋は本田を「カワイイ。久々に現れましたね」とベタ褒め。「今年1位」とデレデレな石橋を他所に、木梨は「おいくつになられました?」と質問。本田が「22歳になられました」と返答した瞬間、石橋が本田の頬にキスをする素振りを見せた。

木梨は石橋のキス寸止め行動に、「今の本当にチュウするのやり直させて! 途中で止めちゃう石橋は、石橋っぽくないから!」とダメ出し。さらに、「昔の牧瀬(里穂)とかキョンキョン(小泉今日子)のように、まだ続いてるぜっていうのを…」とかつての石橋の暴走ぶりを例に挙げつつ、キスを期待しているようだった。

 木梨の発言にスタッフは大爆笑。ダメ出しされた石橋は笑顔を見せていた。

■過去最低視聴率の『FNS歌謡祭』! 敗因はとんねるず!?

1 2 3 4 5 ... 12 13




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

時事系のメルマガを08年から配信しています(平日刊)。他に競馬(週3回)とマーケティング(サービス、お客)関連(週1)のメルマガも。他では自閉症の息子関連ブログなど

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう