1. まとめトップ

余裕しゃくしゃくの仕事ぶりと人気はなぜ?とんねるず石橋貴明

30年以上も第一線で張るとんねるず石橋貴明さんは若い芸人の憧れの的(もちろん私も大ファンです)。そんな彼も今のレギュラーは「みなさんのおかげした」のみ。それでも余裕で入られるという理由はやはりこれまで培った実績でした。

更新日: 2014年07月18日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
82 お気に入り 855142 view
お気に入り追加

■大竹一樹が熱を出すほどの過酷ロケ…とんねるず×さまぁ~ずが霧島へ

大物コンビがヒッチハイクで目的地を目指し、旅の感動を伝える“2×2(にーにー)”。伊勢神宮、出雲大社に続き、今回は「またまたやるゾ! ご利益特番第3弾! とんねるず×さまぁ~ず 一文無しジャーニー2×2 超パワースポット霧島! いいキャラ祭りの九州上陸スペシャル!」(19日後9・0、フジテレビ系)と題して霧島(鹿児島県)を目指す。演出なしのガチンコロケを展開する同局の太田一平プロデューサーに話を聞いた。

「そもそもこの番組は、私自身が大好きなとんねるずさん、さまぁ~ずさんとご一緒させていただける番組が作りたい という単純なところから企画。お2組とも初めて出会う方々と触れ合うのがとても上手です」

そんな4人が日本のさまざまな土地でいろんな人に出会い、優しさに触れていく。どんな出会いがあるかもわからない“ドキュメンタリー”のような番組なのだ。

 「ロケ中は、4人から『このスタッフはバカじゃないの?』と言われるくらい、とにかく朝から晩まで、ほぼ24時間カメラをまわしています。もちろん寝るときも」

まさに、天候すら味方につかない番組史上最も過酷な530キロの旅が待っている。ところで“百戦錬磨”の4人だが、このロケでは明らかに普段とは違うプレッシャーを感じているという。

 「プレッシャーの証拠?なのかは分かりませんが、大竹(一樹)さんはロケになるといつも熱を出して体調を崩す(笑)。ですから大竹さんは今回も旅の途中、何度も検温しています。出演者の体調管理さえも番組の一部になってしまう…この番組ならでは、ですね」

 今回は美女2人も初参戦する。“石橋貴明&三村マサカズ”チームにタレントのローラ、“木梨憲武&大竹一樹”チームに女優の黒木メイサが同行。「出演者、スタッフ全員、全力投球でこの“ガチンコロケ”に挑んでいますので、リアルタイムで巻き起こるドラマをぜひリアルタイムでごらんください」と太田プロデューサーはPRする。

■とんねるずVS松山英樹 ゴルフ対決!石橋「凄かったですよ」

プロゴルファーの松山英樹(22)がテレビ朝日の人気スペシャル番組「とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 2014真夏の決戦スペシャル」(8月3日後9・00)に初出演する。

 とんねるずが独自のルールで一流スポーツ選手と勝負する番組。2000年にスタートし、今回15年目で初めて、とんねるずの2人がそろって海外ロケを敢行。松山が主戦場とする米国を訪れて、ゴルフ対決に臨んだ。

 松山に驚くようなハンデを課したドラコン対決や、768ヤードという超ロングホールを設定し、打数に関係なく、急いで移動して何分でホールアウトできるかを競争する「タイムアタック」などを行った。6月に米ツアーで初優勝を果たし、メジャー制覇の期待も高い松山は、とんねるずの挑戦に、持ち前の“負けず嫌い魂”全開で臨んだ。

この姿に石橋は「タイムアタックでは、カートを使って移動するというルールだったんですが、走った方が速いとかで自分の足で走っちゃって。凄かったですよ」と仰天。

 木梨も「収録が全米オープン最終日の翌日にもかかわらず、ロングホールで半分ぐらいダッシュしていて、底知れぬ体力を見せつけられました」と絶賛。番組については「ゴルフってダッシュする場面ないですから、あの瞬発力でグリーンへ駆け上がるとか、ゴルフ競技では見ることができない松山君の姿をお見せできます」とアピールした。

 松山も「いつもの試合とは違う特別な緊張感があって、なかなかうまくいかなかったんですけど、本当に楽しかったです」と笑顔だった。

■とんねるず、異例のゲスト出演!BS日テレ『おぎやはぎの愛車遍歴』放送100回記念

7月12日(土)に放送100回を迎えるBS日テレの人気番組『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』(毎週土曜22:00~22:54)に、とんねるずがゲスト出演。第99回(7月5日)に木梨憲武、第100回に石橋貴明が登場する。

自らがMCを務める番組以外での登場がほぼないといわれる、とんねるずの二人。口々に「おぎやはぎだから(この出演の話を)受けた」と話しているという。同番組は、車をこよなく愛するおぎやはぎが、女性自動車評論家・竹岡圭とともにゲストを迎え、ゲストがこれまで愛した車の「愛車遍歴」を、実際に見たり乗ったりしながら紹介。「愛車遍歴を辿れば、その人の人生が見えてくる!」をキーワードに繰り広げる“カートークバラエティー”だ。

第100回のゲストは、おぎやはぎの兄貴分とも言える、とんねるず・石橋貴明。車、音楽、洋服、芸能生活について語るうちに、その時代の空気が甦ってくるような、常に流行を作ってきた石橋ならではのトークが炸裂する。18歳での教習所通いを語るうちに思い出した、涙涙の切ない失恋体験。憧れのケンメリを購入しようと励んだバイトでは、意外な大物格闘家との出会いが。徐々に売れ始め、21歳で手にした人生最初の愛車。そのエンジンをかけた時の感動に勝る車には未だ出会えないという。そして、初めて愛車に乗せた女性は、なんと母親だった。

母親を乗せて首都高を1周した珍道中逸話も飛び出す。売れたら叶えたかった「いい車でいい店に乗り付けて、いい服を買う」夢を実現させた20代、「自分のために地球が回ってると思った」と振り返る。一方で、複数台の様々な車種を乗り分ける相棒の木梨とは対極的に、1台の車をじっくり長く乗る傾向のある石橋。仕事で使う車は、かならず国産の上位サルーンに決めているなど、意外なこだわりも見えてくる。さらに、芸能界でどう生きてきたか、といった普段はあまり聞けないエピソードや、とんねるずをかわいがってくれた美空ひばりとの交友秘話も語られる。

■大金持ちの石橋貴明 回転寿司「行ったことない」「行きたくない」

26日にフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」で「食わず嫌い王決定戦」が放送され、とんねるずの石橋貴明が回転寿司に行ったことがないと明かした。

 同コーナーでは女優の満島ひかりとバナナマンの設楽統が対戦。満島の旦那が、回転寿司が好きだという話題になり、設楽から「貴さんとか回る寿司、行ったことあるんですか?」と質問されると、石橋は「オレ、行ったことない」と返答。「やっぱり、行きたくない。寿司は大人になるための一番大切な第一歩みたいな。いつか、あそこでカウンターでお金心配しないで食ってみたいっていう。あそこは、大人になったら絶対座ってやるぞって思っていた場所なんで」と真面目に語っていた。そんな石橋を見て、木梨憲武は「よっ!! ドラマチックやろう」と冷やかし、「オレには一切ない」とコンビで対照的だった。

ちなみに、最後の実施となった2005年版の高額納税者ランキングでは、石橋の納税額は1億5291万円と公表され、俳優・タレントランキングで3位にランクイン。現在でも相当な額を稼いでいるはずの石橋。やっぱり、大金持ちは庶民が愛する回転寿司には行かないものなのか!?

■石橋貴明、日本ダービーで大損か

「いかにも札束が詰まっていそうなジュラルミンケースを片手にマネジャーも伴わず、テレビ局幹部の男性とプライベートで来賓席に来ていました。石橋は5月25日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に作家の伊集院静、ジョッキーの武豊と3人で出演。男の生きざまや酒の飲み方などについて語り合ったばかり。その縁もあってか、馬券は武が騎乗した(17)トーセンスターダムから流して分厚く買ったようです。でも結果は16着。さすがに帰りはガックリと肩を落としていたので百万単位でヤラれたのでしょう」(別の競馬サークル関係者)

■とんねるず石橋 仕事減でも気配り上手でフジの覚えめでたい

芸能人長者番付の常連、人気お笑いコンビの戦いは熾烈だ。先日、『いいとも』での奇跡の共演が話題になったライバルの大物3組といえばダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャン。

 3組の中でいちばん単価が高いのはとんねるず。レギュラーこそ少ないが石橋が1本300万円、木梨が200万円。

「とんねるずは仕事が激減している。ただ、石橋は傲慢キャラのようでいて、実は気配りの人だ。初対面の人には必ず敬語を使い、一度、仕事をした相手はADまで顔と名前を覚えているほど。

 フジ上層部のおぼえもめでたく、“制作費が高くついても『とんねるずのみなさんのおかげでした』だけは終わらせない”という人もいる。

■特番大コケと高額ギャラで転落するとんねるず石橋の評価

いまやテレビ界で“ギャラ泥棒”と呼ばれるほど落ちぶれてしまったのが、とんねるずの石橋貴明(52)だという。

 4月6日、石橋自ら企画を立ち上げ放映した特番『今夜解禁! 石橋貴明のスポーツ伝説…光と影』(TBS)が、視聴率8.2%と大惨敗を喫したのだ。
 「一番ショックだったのが、同じスポーツをネタにした中居正広の『超一流スポーツ選手20人が自分でスポーツ界のスクープ話しちゃいますSP』(テレ朝)に1.3ポイントの差を付けられて負けたこと。スポーツ番組では“豊富な人脈を駆使してカリスマ性を発揮する石橋”という風潮でしたが、これで石橋の賞味期限切れを皮肉にも証明してしまった。局内は静まり返っています」(関係者)

TBS関係者が地団駄を踏んで口惜しがるのも無理はない。
 「あの番組の制作費は約計5000万円。そのうちの1000万円が石橋のギャラです。対して制作会社に入って来るのは約200~300万。視聴率が取れていれば次回もOAされるため末端の制作会社は安い制作費でも許せますが、この視聴率では次はない。石橋は本当にギャラ泥棒ですよ」(関係者)

 今回の特番惨敗の一件は、瞬く間にテレビ界に伝播したという。
 「今年3月には、唯一のMC番組だった『リシリな夜』(TBS)も打ち切りになってしまった。既に唯一のレギュラー番組である『みなさんのおかげでした』(フジ)や特番『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』(テレ朝)も打ち切り調整に入ったという話もあります。ネックは、やはり高すぎるギャラです」(事情通)

■とんねるず石橋貴明が小泉今日子に公然セクハラ

17日に放送されたフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」で石橋貴明が久々にセクハラを発揮した。

 出演者全員がミニゲームにチャレンジして成功する事が出来れば商品が無料で貰えるという「タダ大好き! 戦う買い物おばさん」のコーナーに女優の小泉今日子と飯島直子が参戦。第3弾を迎えた今コーナーは、東急ハンズでバトルを開始。出演者一行は寝具コーナーに向かい、小泉がエアヴィーヴ四季布団の上に寝そべると、待ってましたとばかりに石橋が添い寝し、小泉に抱きついた。小泉は「一緒に!?」と笑い、満更でもない様子で「懐かしいこういうの」と嬉しそうだった。

かつて石橋は1988~1997年に放送されていた「とんねるずのみなさんのおかげです」で頻繁にゲスト出演していた小泉に、添い寝をしながら「ごめんね、ごめんね、ごめんね」とカラダを小刻みに動かしたり、胸を触るなどセクハラ三昧だった。また、「パパとなっちゃん2」というドラマ仕立てのパロディコントで、父親役の石橋が赤ちゃん役の小泉今日子がしゃぶっていたおしゃぶりを「おいしい」と恍惚の表情でしゃぶったセクハラは伝説と化している。コントのオチとしては石橋の暴走後に、木梨が石橋に飛び蹴りやスリッパで叩くなど、ツッコミを入れるのが定番だった。

 しかし、木梨は今回の石橋のセクハラに「(石橋が)このシーンをずっと待ってたようなね」と暖かく見守っていたのが印象的だった。

 コンプライアンスが厳しい中でも、大女優へ果敢にセクハラを実行する石橋。やはり芸能界の中でも異彩を放つ存在だ。

■本格的な共演は「夢のまた夢」?

「とんねるずが来たらネットが荒れる」

 松本が不仲説を逆手に取り、特番の中で連呼した。石橋はとっさに反応しゲキを飛ばす。

「憲武に行くぞって言え」

 マネジャーにすぐに伝言するよう促すと、木梨も「行く」と即答──千原ジュニア(40)が翌4月1日、石橋から直接聞いた話として自身のラジオ番組で“舞台裏”をレポートしている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

時事系のメルマガを08年から配信しています(平日刊)。他に競馬(週3回)とマーケティング(サービス、お客)関連(週1)のメルマガも。他では自閉症の息子関連ブログなど

このまとめに参加する



公式まとめ