1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

Tシャツが「だるだる」にならない洗い方

夏場はTシャツを着る機会も増えてその分洗う回数も増えます。お気に入りのTシャツは着たいけど洗濯する度にどんどん首が伸びていく…。お気に入りのTシャツの伸びない洗い方ってないのかな?と調べたら洗い方、干し方にコツがあったのでまとめたいと思います。洗濯の時にちょっとだけ気をつけてみます。

更新日: 2012年06月17日

321 お気に入り 81363 view
お気に入り追加

▼首元を『だるだる』にしないひと手間

出典nanapi.jp

首の部分を画像のようにきつく縛って洗濯するだけ。首の部分が伸びにくくなります。

袖部分に物干し竿を通すことで、伸びる原因の1つの「首部分への負担」がかからず干すことができます。

Tシャツワキの部分だけ洗濯バサミで留めて干すと首だけではなく裾も袖も、どこも伸びないそうです。

出典hoomy.jp

ハンガーで干すと首がだるだるになる原因に…。袖のほうをつまんで陰干しすることでダメージを減らせます。

▼Tシャツを長持ちさせる基本テク

干す時は『浴室乾燥』か『陰干し』する

ハンガーに吊るすと首回り肩の線等が崩れるので2つ折りにおして干すのが基本です。
外で干す場合は必ず陰干にしないとごわごわします。

洗濯機で洗う時は『手洗いコース』か『弱水流』で洗う

ただ汚れのひどい部分は事前に洗面器等につけて、つまみ洗いをしておきましょう。
弱水流で洗った方が摩擦は少ないので、Tシャツが長持ちします。

仕上げに洗濯のりを使うと首まわりがしっかりする

柔軟仕上剤の要領で、洗濯の最後に液体のりを入れて軽く脱水します。

水量は『多め』、洗濯量は『少なめ』で洗う

きゅうきゅうの状態で洗濯すると他の洗濯物との摩擦で痛む原因になります。

参考サイト

1




ちびゴリラさん

このまとめに参加する


NAVER リンク