1. まとめトップ
9 お気に入り 33595 view
お気に入り追加

世紀の10大誤審とは

2006年3月24日にFIFAの映像ライセンスを持った会社(なお、FIFAが公認しているわけではなく、ランキング作成には関与していない[17])が創立100周年を記念して発売したDVDビデオ『FIFA FEVER FIFA創立100周年記念DVD』に収録されている

10大誤審の内容について

誤審動画まとめ

1962年チリ大会 準決勝 ブラジルvsチリ

ブラジル代表ガリンシャは膝蹴りを相手DFに見舞ったとして退場。決勝は出場停止かと思われた。
が、ブラジル関係者および、チリ大統領の介入により出場停止が消滅、決勝へ出場となる。(05:20~)

2002年日韓大会 準々決勝 韓国vsスペイン

同じ試合から2つ
9位 スペイン代表モリエンテスがゴールするも、その前のスペイン代表ホアキンのクロスがラインを割っているとの判定に。(8:10~)
8位 同じくスペイン代表モリエンテスのゴールがファールでノーゴールに。(07:50~)

2002年日韓大会 ベスト16 韓国vsイタリア

上記韓国vsスペイン戦の4日前。
7位 トッティ倒れるも、シミュレーションで退場に(2:03:30~)
6位 トンマージの素晴らしい飛び出しはオフサイドに(2:08:10~)

1982年スペイン大会 1次リーグ カメルーン 0 - 0 ペルー

カメルーン代表ロジェ・ミラのオフサイド。選手が3人(判定によっては2人?)残っているもののオフサイドに。
ペナルティエリアのラインのおかげで非常にわかりやすいオフサイドです。

1978年アルゼンチン大会 1次リーグ ブラジルvsスウェーデン

最後の決定機を生かしたと思ったら試合終了。
この試合は1対1の引き分けでした。

2002日韓大会 ベスト16 ブラジルvsベルギー

ベルギー代表ウィルモッツが素晴らしいヘディングを決めるも、ファールの判定に。

1994年アメリカ大会 ベスト16 ドイツvsベルギー

ベルギー代表ウェーバーがドイツDFテクルに倒されるもノーファール(01:15~)

1986 メキシコ大会 準々決勝 アルゼンチンvsイングランド

説明不要、マラドーナの神の手ゴール。
ちなみにこの4分後、マラドーナの”5人抜きゴール”が生まれる。

1




_KKMT_さん

このまとめに参加する



公式まとめ