1. まとめトップ

10分でわかる足のむくみと解消法のまとめ

女性の天敵とも言える「むくみ」解消できればと思いまとめてみました参考になれば幸いです。むくみをほっておくとどんどん足が太くなってしまうので一度チャレンジをしてはいかがでしょうか?

更新日: 2015年12月06日

myutiebukuroさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3825 お気に入り 5132532 view
お気に入り追加

足のむくみの原因を知ることにより、その予防をすることができます。もし、むくんでしまった場合でも、効果的なマッサージやツボを刺激することで、ずいぶんと楽になります。足のむくみの原因は一体何なのでしょうか。足のむくみで悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。足のむくみは自分で確認することができます。一つは、ふくらはぎのだるさ。これは大多数の方が経験したことがあると思います。それとふくらはぎに弾力性がなく、ブヨブヨとしていないかどうか。もう一つは足首の少し上を、指で20~30秒間押さえます。指を離した時に、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいると確認できます。

足のむくみの原因には、立ち仕事やデスクワークで同じ姿勢を続けて血流が妨げられる場合の他、運動不足、睡眠不足、冷房、ストレス感、足を締め付ける靴、ヒールの高い靴、血流が妨げられる締め付ける下着なども原因となります。特に、ふくらはぎのむくみは、腰痛が原因になっている場合もあります。
 足のむくみの原因には、黄砂も考えられます。腎臓にも負担をかけるので、下肢静脈瘤が進行して、足のむくみも悪化させます。

脚のむくみチェック

まずは下記で、「脚のむくみやすさチェック!」をしてみましょう。チェック項目が多いほど要注意!

□ 夕方になると靴がきつくなる(入らない)
□ 脚がダルかったり重かったりする
□ 朝になってもむくみがとれない
□ 手・足の先が常に冷たい
□ 脚を指で押した跡が消えにくい
□ 汗をあまりかかない
□ 肩こりがひどい
□ お風呂はシャワーで済ませる
□ 熟睡できないことが多い
□ 立ちっぱなしor座りっぱなしでいることが多い
□ 運動する機会が少ない
□ 仕事でストレスがたまりがち
□ 塩辛い味付けを好む
□ 野菜や果物をあまり食べない
□ お酒をよく飲む
□ 水分をあまり摂らないor摂りすぎる

脚むくみ原因1:老廃物の滞り

むくみとは、静脈やリンパの流れが滞り、老廃物が管から漏れ出して細胞のすき間に溜まってしまう状態のことをいいます。通常、ふくらはぎの筋肉を使って静脈やリンパ管をポンプにように動かし、老廃物を上半身へと押し上げるものなのですが、筋肉が衰えてポンプ作用がうまく働かなくなると、体内の水分や老廃物が下半身に滞りやすくなり、むくみが生じてしまいます。
毎日の脚むくみチェックを習慣づけるのも大切なことです。
三日坊主になっては元も子もございません。飽きっぽい人は、無理をせずに簡単な解消法から実践していきましょう。

脚むくみ原因2:冷え

また脚のむくみには、冷えも大きく関係しています。日本人の女性約8割が悩んでる症状だと言われています。自分の手を足の内くるぶしから3本分上の部分にあてた際に「冷たい」と感じたり、押した時に「痛い」と感じる場合は、脚が冷えている証拠です。このような冷え状態が続くと血流が悪くなるのと皮膚の下に水分がたまった状態になり、むくみが発生。そして、むくんだ状態は筋肉を硬くすることで循環が悪くなり、冷えを増長。さらには、筋肉が硬くなることで脂肪も燃焼しにくくなり、皮下脂肪も溜まりやすくなって、脚がどんどん太くなるといった悪循環を招くことになりかねません。冷えた脚はむくみだけでなく、筋肉を硬くすることで贅肉も付きやすくしてしまうのです!

脚むくみ原因3:生活習慣の乱れ

食習慣や生活習慣の乱れも脚のむくみには大敵。塩分や糖分、水分の過不足、また、不規則な生活で自律神経の調整機能が乱れることも、脚がむくみやすくなるといわれています。バランスのとれた食事、宵越しのむくみを残さないための質のよい睡眠、そしてストレスフリーな生活も、むくみ予防には重要です。

適度な運動も重要

基本的なことですが、足のむくみ対策には適度な運動も重要です。
特にふくらはぎの筋肉を強化することで、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が強化され、足に降りた血液を、心臓に戻してくれる働きをしますので、結果、足にたまる水分が減り、足のむくみが解消されます。
そのために、爪先立ちを繰り返す運動や、軽いランニングも効果があります。

脚のむくみは、一度むくむと癖になります。多少面倒だと思っても、むくみは下半身太りや脚の太り、足首が太くなるなど、見た目にもどうかな?ということもありますので、美容のためにも真剣に取り組んでみるのはいかがでしょうか?

足のむくみと食べ物

リンパ管が詰まって老廃物がたまった状態にあるのなら、それを静脈に流してあげればむくみは解消されるということですね。
これらはくるぶし周辺、べんけい周辺、ふくらはぎの裏などに位置していますので、確認しておくとよいでしょう。
また、足の裏にもむくみに効くツボがあるので、青竹踏みや棒状のものなどで刺激してあげるのも効果があります。
予防法としては、日中は水分を多めに摂り、夜は少なめに補給すると良いでしょう。また、水分は、できるだけ温かい飲み物の方が良いです。

リンパ液濃度が高いと、リンパ管の中の老廃物が排泄され難くなり、むくみの原因になります。 辛い物や味の濃い物は避けた方が良いです。
スナック菓子やインスタント食品、ベーコン、ハムなどは塩分を多く含んだ食品なのでできるだけ控えましょう。

カリウムを多く含む食品をとることで、足のむくみの解消にも効果があります。じゃあ、逆に足のむくみに効果のある食べ物はなんでしょうか。
それは利尿作用があり、このような食品は体から余分な水分や毒素を排出し、体の中の塩分を排出する働きを持つ食品になります。
具体的にはすいか、きゅうり、あずき、バナナ、リンゴなどですね

足のむくみ 解消法のポイント

一般的に、足のむくみを解消するためには、「冷やさないこと」と「老廃物を溜め込まない」ことの大きく2点に集約されます。
まず「冷やさない」ということは、どなたでもお分かりかと思いますが、冷えは血流を悪くしますので、その結果、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなりますので、結果的に足のむくみにつながります。

また夏場のエアコンの冷風は、部屋の下部に溜まりますので、思った以上に足の冷えにつながります。仕事でディスクワークが多い女性などは、冷風が直接足に当たらないようにするなどの工夫することも、足のむくみを解消するためのポイントです。
寒い冬は説明するまでもなく、足先から冷えてきますので、厚めの靴下やストール、ストッキングなどに工夫が必要となります。

「老廃物を溜め込まない」ということでも、同じ様なことがいえますが、とにかく血流やリンパ液の流れを阻害するような、姿勢、生活習慣はさけ、特に同じ姿勢による血行不良での足のむくみを解消するためには、足先やふくらはぎを、座ったままでの状態でも、常に動かすように意識することです。

マッサージで足のむくみを解消

足のむくみは血行が悪くなると現れます。足には血行をよくする為のツボがたくさんあります。足をマッサージする事によりある程度のむくみは解消する事ができます。まずは足をマッサージして見ましょう。

オススメの足のむくみの解消法は?

個人的には温めて、冷やして解消、リンパマッサージなどがオススメです。 リンパがスムーズに流れるのを助け、水分や老廃物を排泄するのを助けることで、リンパの流れがよくなります。 リンパマッサージは通常のマッサージのように強い力を使う事なく実践できるため、女性にも自宅で容易にできるという長所があります。 またリンパの流れがよくなる事で代謝がよくなり、太りにくい体質に改善されるという効果も期待できますので女性には嬉しいですね。特に心臓から一番遠い足の循環がよくなる事で全身の流れをよくする事ができわずかながらダイエットにも効果が期待できます。 併用して効果のあるツボの指圧も行う事でより効果を期待できます。妊娠中の方には通常の解消法はオススメできない場合があります。

■足のマッサージその1

1.片足を伸ばして、もう片方の足をももの上に載せます。

2.小指がら順番にマッサージしていきます。
(指の両脇は血管が通っているため念入りに行いましょう)

3,指の股をつまみ、指の間を広げます。

4.指を1本づつひっぱります。

5.足の裏を順番に指圧していきましょう。

6.足の指の間に手の指を入れ、足首を回しましょう。

■足のマッサージその2

■足裏たたき

1.拳をつくり、手の甲で足の裏を順番にたたいていくだけです。

※痛いと思うほど強くは叩かない事。

■足のマッサージ番外編

この方法は一番オーソドックスですが良い効果が期待できます。

1.仰向けに寝て、手足を軽くあげて下さい。

2.手首、足首の力を抜き手足を細かく振ります。

3.この事を何度か繰り返して下さい。

※大きく振らない事がポイントです。細かく振るようにしましょう。
※寝る前などに行うのがベストです。

1 2





myutiebukuroさん

普段気になった事をまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう