1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

クリアな音が復活!イヤホン・ヘッドホンのお手入れ

スマホやiPodなどで音楽を聞きながら通勤していますが、最近音が悪くなった気がしました。そこで原因を調べていると、どうやらイヤホンの汚れに原因が…。掃除をしてみるとクリアな音が復活しました!そこでイヤホン・ヘッドホンのお手入れの仕方をまとめてみました。たまには掃除しないとダメですね。

更新日: 2012年06月20日

メグ乳業さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2970 お気に入り 450965 view
お気に入り追加

イヤホンをきれいに保つお手入れ

むき出しになっているイヤホンは、ほこりや耳垢がついて、音が悪くなる原因に。

耳に入る外側部分を、石鹸やぬるま湯を含ませた布で拭く

くれぐれも水に浸けたりしないこと。故障の原因になりますよ。

金属部分は、乾いた歯ブラシでブラッシング

汚れやホコリが目立つ時は、乾いたもので軽く優しくブラッシングを。

耳の中にフィットするので、耳垢がたまりやすく音がこもる原因になりますよ。

3.反対の穴からウェットティッシュを引き抜く

ウェットティッシュを引き抜く際、少し回転を加えてやると、もっと汚れがとれやすくなりますよ。

ヘッドフォンのヒビ割れを防ぐお手入れ

耳のあぶらがイヤーパッドのヒビ割れの原因です。きれいに保つ方法を紹介します。

1.水に中性洗剤を溶かし、布に含ませて固く絞って、イヤーパッドをふく

2.水につけて固く絞った布で拭く。乾拭きで仕上げる

洗剤が残らないように拭きとっていきます。洗剤がついたままで濡れていると、ヒビ割れの原因になりますよ。

接続部分(ジャック)のお手入れ

金メッキジャック≫アルコールやシンナーに浸した布で拭く

金は酸化等他の物と反応しにくい物質なので、メッキを剥がさないように、速乾性のあるもので。

イヤホンジャック≫綿棒&無水アルコールでやさしくほじる

キズを着けないようにやさしく汚れを取っていきましょう。水分は厳禁ですよ!

ゴールドグリッターを使ったBOSEの店員さんがやっている手入れ法です。ゴールドグリッターは液を吸わない堅い素材のものなら何でも使えますよ。

1)2リットルの水に、キャップ1杯のゴールドグリッターを入れる

2リットルのペットボトルを使うとちょうどいいですね。

2)霧吹きなどに入れ、布などに吹き付けやさしくヘッドフォンを磨く

これだけでピカピカの黒光りをキープして、ヒビ割れも防ぐことができます。

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

メグ乳業さん

牛乳キライ。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう