1. まとめトップ

「Mendeley」とは?

Mendeley(http://www.mendeley.com/)は、フリーで使える文献管理ツールです。ウェブとデスクトップの両方で文献を管理できます。

メリットとしては、
・ネットにつながっていてもつながっていなくても管理が可能で、同期も簡単であること。
・各種文献データベースから、ワンクリックで文献情報を取り込めること
・ワードなどへの挿入が簡単であること
・世界中のMendeleyを使う研究者とつながることができ、同じ分野の研究者が何を読んでいるかを知ることができること
・Windows、Mac、LinuxいずれのOSでも使うことができます。(iPhone用は開発中とのこと)
などが挙げられます。

一方、英語版しかないこと、そのため日本語のキーワード検索が万全でないことが主なデメリットです。

Mendeley は2007年にロンドンで創始され、最初の公開ベータ版は2008年8月にリリースされた。開発チームは様々な学術機関の研究者・大学院生・オープンソース関係の開発者らから構成された。Mendeley Ltd. への出資者の中には、Last.fm のかつての総括責任者や Skype 立ち上げ時の技術者、ワーナー・ミュージック・グループのデジタル戦略担当主任、それにケンブリッジ大学やジョンズ・ホプキンス大学といった大学の研究者たちが含まれている。

「Mendeley」を使うには?

「Mendeley」を実際に使っているひとたちの記事

それぞれのサイトにも登録の詳細なやり方が載っているので参考になります。

「Mendeley」のTips

引用形式をかえるためのチュートリアル動画です。

「Mendeley」の活動そのものに関するネットのニュース

他の文献管理ソフトとの比較

研究のすすめ方などについてこちら

1 2




このまとめに参加する