1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

【簡単5分】 意識するだけで文字を3割増しできれいにする方法 【字がきれい】

字か汚いと印象が悪い。でも、今さらきれいになんて書けない。そんなことはありません。意識するだけでも変わります、知っておけば!いざというときに実践するだけできれいな文字が書けるようになります。

更新日: 2012年07月18日

wata.motsuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1132 お気に入り 600272 view
お気に入り追加

漢字とひらがなの大きさを変える

比率は、  漢字1 : ひらがな0.8  の割合がちょうど良い

1文字の傾きを揃える

文字の傾きを揃えるだけでバランスがとれているように見える

中心線は真っ直ぐに

ヘンとツクリに縦の直線があるときは、真っ直ぐな線2本が平行になるように書く

ペンを持つときには、ギュッと握りしめない

筆圧が強すぎてもうまく書けません、力は抜く意識がちょうどよい

文字の間隔を意識する

文字一つ一つだけでなく、周辺の文字との間隔を上手に取ることできれいに見せられる

正しい書き順で書く

書き順は重要、特に字が下手な人は書き順を直せば、きれいになることも

ゆっくりと書く事を意識する

丁寧な字が必要なときは、長い文章は少ないので、ゆっくりと書くことで丁寧に見えるようになる

脳内に美しい字をイメージする

全体像ではなく、一文字ずつ、イメージして書く。これでも変わってきます

逆さ文字練習法

お手本となる字を逆さまに見ながら文字を書き写す方法。見慣れていない逆さ文字を見ると、「どのような字か?」を頭で考えて文字を書くようになるそうです。
日テレ「ドリームビジョン」で昔放送した練習法です。

1




好きなことをまとめてます
Twitter
@life_start1
リンク
http://netasoku-cruise.gger.jp/


NAVER リンク