1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

さりげなくアピールできるスッキリ袖のまくり方【クールビズ】

いくらクールビズ推奨といっても、毎日半袖で過ごすわけにもいかないのが実のところ。正しくオシャレな袖のまくり方を知って、この夏を乗り切りましょう!

更新日: 2012年11月05日

momemoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
811 お気に入り 448727 view
お気に入り追加

1. カフス幅でまくるパターン

このように、カフスの幅で折り返していきます。正統派パターンです。

まずは、王道のまくり方です。カフス幅で折っていき、最後だけカフス半分の幅で折り、カッチリ閉めて完成。

ずりおちてこないので、ワイシャツなどビジネスシーンで大活躍

カフの幅で3回腕まくりするのをおススメします。そちらのほうが、絶対、上品でしかもプロフェッショナルに見えます

上記から、ひと工夫。ひじが隠れるまで折ったら、二の腕部分をたくし上げて、ひじを完全に出して完成。

2. カフス半分幅でまくるパターン

カフスの幅の半分で折り返していくパターン。カフス幅よりややこなれた印象になります。

カフス半分幅で折って(まくって)いき、ひじをチラ見せくらいで完成。

カフスの半分程の幅で巻いた方が、カフス幅で巻いたものよりもスッキリとスタイリッシュな印象になる

カフス半分幅で、7分くらいまで折って完成。
(向かって左が半カフス幅で折った例)

3. いっきにまくるパターン

いっきにまくり、カフより下の部分だけさらに折り返す。このとき、カフに被せるようにまくり、カフが下向きに戻らないようにして完成。

上記の状態から、カフの先端を崩すのもあり。

カジュアルシャツはもちろん、ドレスシャツをあえて着崩したいときにおすすめ

■ 参考オシャレサイト

1





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ちょっと楽しい日々へ―
こんにちは^^ 料理50%、映画/音楽/ネタ50%くらいの割合でまとめています。どうぞよろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう