1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

誰でもできる「すべらない話の作り方と話し方」6つのコツ

日常の中でも、すべらない話が出来るように、そのコツをまとめてみました。

更新日: 2012年11月21日

sakubooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3376 お気に入り 454534 view
お気に入り追加

ここで言う「すべらない話」とは、人の期待を超え、聴衆を引き込み、意外な展開や流れでしっかりと結論まで落としこむことで、笑いをとったり、伝えたい内容が一層伝わる話として定義しています。

人は誰も1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである

▼すべらない話の作り方のコツ

1.共感できる話題選びと構成

Photo by Digital Vision. / Photodisc

面白い話のネタの大前提は「共感できる」話

いわゆる「あるあるネタ」が王道ということでしょうか。

聞き手と話し手の感覚がずれていると、聞き手は話し手の話のネタをすんなり受け入れることができなくなります。笑いたくても笑えません。

話のネタの全体像を伝えるときには5W1Hを意識して組み立てる

具体的に相手にイメージさせると共に、必要な情報を漏らすこと無く伝えることができます。

2.緊張と緩和を取り入れる

Photo by John Foxx / Stockbyte

場が緊張しているときにその緊張をふっと緩和させると笑いがうまれる

お葬式と言う緊張の中、長時間正座しすぎで足がしびれて立ち上がれない人を見た時、おかしくってたまらない。これが、緊張が緩和する瞬間です。

前回MVSの小藪さんが「葬式中に虫が頭に乗っかったおじさんの話」をしていましたが、まさに緊張と緩和を上手くアレンジした話でした。

3.三段落ちの物語展開

Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

同じシチュエーションを3つ畳み掛けること。そのうち最初の2つは最後のオチのフリとして用いられる

一段、二段でベクトルを作り、できるだけベクトルの強さ(長さ)を大きくすると、全く同じ落ちでも笑いが大きくなります

ベクトルとは方向性のこと。1段、2段で方向性(フリ)を作って、最終違う方向への意外な展開(ただし、フリとあまりに関連性がないと逆にわかりにくくなる)が大きな笑いを生む秘訣のようです。

▼すべらない話の話し方のコツ

1.「○○な話なんですけど」という出だし

Photo by George Doyle / Stockbyte

聞き手に「これは何の話か?」としっかりほのめかすことで、期待と予測を正しい方向に案内する

以下の項目にも出てきますが、意外性を笑いにつなげる上でも、この最初のテーマ設定が重要です。

2.ウケようとする姿勢を露骨に見せない

Photo by Comstock Images / Comstock

話のネタに期待させずに、自分の日常に起こった些細な出来事程度の話っぷりで話をしてみてください

笑うのは最後です。そこまではポーカーフェイスを徹底し、風船をふくらますかのようにフリを吹きこんで、「いったいどうなるんだ!」とハラハラさせて、最後にBANG!です。

「面白い話があってね・・・ププッ」みたいな感じで話されると、期待以上の話じゃなければあまり笑えなくなってしまうもの。ハードルを上げ過ぎないという効果もあるように思います。

1 2




このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

このまとめに参加する



公式まとめ