1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

電気基本料金を半額にする「アンペアダウン」のメリットとリスク

今やってる人が急増している究極の節電方法「アンペアダウン」についてまとめてみました。

更新日: 2012年06月27日

和田丼さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
178 お気に入り 173047 view
お気に入り追加

現在申し込みに人が殺到しすぎてブレーカーの在庫が不足するほどになっている「アンペアダウン」のメリットとリスクについてまとめてみました。

アンペアダウンとは

電気の基本料金を決める「契約アンペア」を変えること

電気の基本料金はアンペアによって決まっており、最大で60A
一戸建てなどは大体60Aとなっている。オール電化の家だと100A以上での契約になっていたりする。

自分の家の契約アンペアはブレーカーの色でも判断が可能です

メリット

電力量が減るので、結果として節電につながる

リスク

一度に電化製品を使用するとブレーカーが落ちる

同時に使える電力量が減るので、例えば、夏の夜などにエアコンとドライヤーや電子レンジ、パソコンなどをいっしょに使用すると、ブレーカーが落ちるというデメリットがある

年間契約なので、変更後足りないと感じても変更ができない

夏と冬だけアンペア数を大きくするというようなことはできない

同時に使う電力量を把握し、計算する必要がある

例えば、炊飯器使用中は電子レンジを使わない、ドライヤー使用中に掃除機は使わない、テレビは1部屋に集まってみる、などの工夫が必要になる。家庭の電気使用状況にもよるが30A以下にするとかなり不便になるかもしれない。

主要な家電製品のアンペア数は以下のとおり

・炊飯器 13A
・電子レンジ 12A
・ドライヤー 12A
・エアコン 10A
・掃除機 10A
・アイロン 10A
・洗濯機 4A
・冷蔵庫 1.5A
・TV/ノート型PC 1A
・扇風機 1A

■自分の家で一度にどれだけの器具を使うかを下記のサイトでチェックできる

【我が家のアンペアチェック】
http://www.tepco.co.jp/life/custom/ampere/index-j.html

申し込むには

【申し込み方法】
インターネット、もしくは電話での受付

【東京電力:ご契約アンペアの変更】
https://www3.tepco.co.jp/ccweb/DV01ADTOP.jsp

【カスタマーセンター】
http://www.tepco.co.jp/info/custom/center/index-j.html

※以下の場合はインターネット申し込みができないのでカスタマーセンターに電話

・工事の希望日が、本日、または翌日※の場合
 ※翌日が土曜・日曜・祝日・年末年始の場合は、次の平日まで
・取り替え工事の希望日が、61日以上先の場合
・お客さま番号がわからない場合

【料金】
取り替え工事は基本無料
ただし設備の状況によっては有料での配線工事が必要となる

参考リンク

1




和田丼さん

初心者です

このまとめに参加する