1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

公衆無線LANのセキュリティーで知っておきたい3つのこと

スターバックスでも公衆無線LANサービスが始まりましたね。便利そうで楽しみです。ただ公衆無線LANのセキュリティーってどうなのかな?と気になったので調べてみました。

更新日: 2012年06月29日

ペェルさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
899 お気に入り 256570 view
お気に入り追加

【1】通信内容の傍受

【危険性】
通信を盗聴される可能性がある

無料の公衆無線LANの中には暗号化をしていない場合があります。その場合、入力したIDやパスワード、クレジットカード番号等の個人情報を盗み見される可能性があります。

【対策】
個人情報を送るときは、SSL等の暗号化が行われていることを確認する

【2】不正アクセス

【危険性】
セキュリティ設定を行っていない場合、自由にネットワークに接続できてしまう

パソコン内の共有フォルダなどにアクセスされると、個人情報の盗難、ウィルス感染など様々な被害が想定されます。

【対策】
ウィルス対策ソフト・ファイアウォールソフトの活用

万全というわけではありませんが、少なくとも不正侵入を高い確率で防いでくれます。

【3】偽アクセスポイント

【危険性】
偽のアクセスポイントを作成して、個人情報を盗み取る可能性がある

偽アクセスポイントに接続して偽認証ページを見せられている状況は見分けることができません。

【対策】
怪しげな無線LANアクセスポイントにはつながないようにする

認証なく接続できるアクセスポイントは接続しないようにしましょう。

その他のセキュリティ対策

認証ページのURLがhttps://で始まっていることを確認する

URLがその接続サービスのものであることの確認をしてください。利用者は気づかないまま、ユーザー名やパスワードを盗まれる恐れがあります。

共有設定を無効にする

共有フォルダ内のファイルを容易に改ざんされる可能性が少なくなります。

関連リンク

1





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ペェルさん

私が気になった情報をまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう