1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

文章が劇的に上手くなる!驚くほど単純なライティング上達法

日ごろから文章を書く機会は多いですよね。でも、思ったように伝えられずに困っている人もいるでしょう。そこで、文章力をアップすることが出来る方法を紹介します。

更新日: 2012年07月04日

skyfisherさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11272 お気に入り 526646 view
お気に入り追加

結論を最初に書く。

タイトルとあわせて、冒頭に主張したいことを短くまとめます。

余分なつなぎ語を削る

削るべきは、「そして」。あっても読者は混乱しませんが、ない方がすっきりします。

「という」を削る

一般的に「あってもなくても文意が通るなら削る」方針を貫きましょう。

テーマの補足を書く

「何について語っているのか」はっきり読んだ人の頭に浮かぶように、具体的に書きます。

自分の持っているイメージに沿ってもらえるように、多少誘導的でもかまわないと思います。

目的によって文体を使い分ける

「である調」は,事実を正確,簡潔に表現するのに適した文体です。が,読者に高圧的,威圧的で押しつけがましいとの印象を与えかねません。対して,「です,ます調」は,冗長で間延びした印象がある反面,読み手が親近感を持つ表現であることから,読み手の動機づけ,共感を得るのに適しています。

具体的なエピソードを書く

主に、どうしてその結論に至ったのかというエピソードを挙げます。

しゃべるように書く

貴方はおしゃべりな人ですか?寡黙な人ですか?文からは音はしませんが、読みやすい文章というのは非常に雄弁です。文の勢いから筆者の声が聞こえるようなのです。

PREP法

POINT(導入結論):○○に関しての結論は○○
REASON(理由):なぜならば○○だから
EXAMPLE(具体例):具体的には○○
POINT(最終結論):よって○○の結論は○○となる

起・承・転・結を作る

日記文で無い限りは、読者に対するサービスをしなければなりません。四コマ漫画を想像して下さい。「オチ」の無い漫画はつまらないものです。「オチ」の無い文章もつまらないのです。

ひらがな、カタカナ、漢字の変換、句読点の挿入

漢字をあえて平仮名にする事も、読みやすい文章を書く上で有効だ。全体の雰囲気を考えて、平仮名を片仮名にしてみるのもいい。

同じ言葉を繰り返さない

語尾に同じ言葉を続けて持ってくると、大変単調な文章に仕上がりますね。これは意外と多い例です。

関連リンク

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

skyfisherさん



  • 話題の動画をまとめよう