1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

無駄な時間を無くす!サルでも出来るほど簡単な時間管理術

毎日時間に追われてしまっている人は、すごく多いでしょう。そういった人のために、有効に時間を使うことが出来る方法をまとめてみました。参考にしてください。

更新日: 2012年07月05日

skyfisherさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
646 お気に入り 85283 view
お気に入り追加

初めに知っておくべき、時間についての考え方

少しでも早く、早く!

来客などのアポイントメントが入った時は、予定表で空いている一番早い時間に会うようにする。自分のスケジュールも立てやすく、「忙しい仕事の合間に時間を作ってくれた」と相手に与える印象も良くなる。

「やりたいことメモ」で仕事を整理

事を効率的にこなしていくために、まず今やりたいことをメモに書き出す。それぞれの項目の重要度に応じた大きさの丸印をつけ「重要性」「時系列」を整理しながら、1つずつ片づけていこう。

嫌な原因を見つけて、取り除け!

嫌な仕事のことばかり考えていると、ますます嫌な部分にはまってしまい、新しい発想が生まれてこない。

ゴールを明確にする

目標のない時の問題は、得点せずに人生のフィールドを行ったり来たりしているようなものだ。

やるべき事を、重要性で分類する

あなたがタスク管理、Todo管理というものを実践しているのなら、きっと2種類のリストを持っていることでしょう。

1つ目は“今やるべきこと”の全てが記載されているリストであり、2つ目はその中から“今からやること”だけ書き出したリストです。

無駄な時間は何かを考える

「余暇の時間」とは何か有意義なことをしている時間で、「無駄な時間」とは文字通り無駄に過ごしている時間のことです。

時間を管理するためのテクニック

見る必要のないものを減らす

放っておいてもいろいろなメールや資料はデスクに舞い込んでくるものですが、見る必要のない資料送付は断ったり、開くまでもなく捨ててゆく癖をつける

仕事の重心は午前に

夕方に1時間労働時間を延ばしても結果はあまりかわらない。それよりは1時間早く来て仕事を始めた方が効果が大きい

TO DOリストを作成する

いわゆる行動チェックリストの作成。しかも一度作って放置ではなく、必要があれば逐次更新する。そのためにもデジタル式の媒体(携帯電話など)の方が運用はしやすい。さらにできるだけ要件を細かく分解し、詳しく書き連ねること。

人に任せる

自分にしかできないと思っていたことでも、よく考えると人に任せられる点はあったりする。人を信頼して任せる習慣を身につけよう。

デッドラインの設定とその遵守

各作業のデッドラインを設定し、その期日を極力守るようにする。明確な目標を設定することによってプレッシャーはかかるものの、遵守率は高くなる。

邪魔を避ける

時間がまったく無いのなら、個室で作業をしている場合には扉を閉める。同僚にもその旨を伝えて対応するヒマが無いことを意思表示しておく。

現状を把握する

これは基本です。1週間から数週間の期間で区切ってみて時間をどのように使っていたかを確認する。

イヤなことの先延ばしは止める

つまらないことを後回しにしたくなるのは人間の性(さが)というもの。しかし「つまらないこと」を先に手がけることで、「これが終われば次に自分の興味深い作業に取り掛かれる」というポジティブな心境で作業をすることができる。逆に後回しにしてしまうと「このあとには、あのイヤな作業をしなきゃならないよ」という思いにかられ、好きな作業の効率も落としかねない。例えば数字とにらめっこをするのが苦手な人なら、会計関連の作業は(頭がさえている)朝一にこなしておくべきだ。

1





skyfisherさん



  • 話題の動画をまとめよう