1. まとめトップ
  2. カラダ

小さな動きでカロリー消費!ズボラ系ダイエット

夏になって露出が多くなりましたが、少し動いただけで汗をかくこの季節、正直あまりダイエットで汗かきたくないですよね。そこで極力うごかないで痩せる方法はないかと調べてみました。大して動かないのに痩せるのは、きちんとした理由があったんですね。これでズボラダイエットができそうです!

更新日: 2012年07月05日

5435 お気に入り 406526 view
お気に入り追加

▼3分まっすぐ立って、代謝をアップ

【手順】
1.平らな壁に背中をつけて、まっすぐに立つ
2.かかと・おしり・肩甲骨・後頭部の4点がしっかり壁につける
3.肩を後ろに引き、おなかとおしりにギュッと力を入れる

この姿勢で3分間キープするだけでOK!

「インナーマッスル」を刺激して基礎代謝がアップ

背骨と骨盤を元の形と位置に戻すことで、代謝の主役「インナーマッスル」などの筋肉を刺激して基礎代謝がアップします。

「腹筋」を使うので、余分なぜい肉がつきにくい体に

まっすぐ立とうとすると腹筋に力が入ります。腹筋を効果的に使えてインナーマッスルが鍛えられます。

▼5分横になって骨盤の歪みをとる

出典slism.jp

【手順】
1.枕が腰骨の真下にくるようにセット
2.お腹を凹ませ、力を抜いて横になる
3.手は上に伸し小指を合わせる
4.足はハの字になるように親指を内側に向ける

この姿勢を5分キープするだけでOK!

【用意するもの】
・バスタオル2枚
・ビニールひも

【作り方】
4つ折りにしたバスタオルを2~3枚重ねて、堅く巻いたら、ビニールひもなどでしっかりと縛る
※直径10cm程度がべストです

骨盤のゆがみを元に戻し、内臓の働きを活発にして代謝がアップ

骨盤がゆがんでいると、内臓もゆがんでしまい、代謝機能が落ちてしまいます。
骨盤をゆがみを元に戻すことで、内蔵が元に戻り代謝もアップし、腰回りのお肉もスッキリします。

▼寝て体をひねるだけのストレッチ

【手順】
1.仰向けになり、大の字に寝る
2.左手を上に伸ばし、指先が肩甲骨を引っ張るように、肩を床から離し右手へ倒す
3.手を合わせて、左背中全体をゆっくりストレッチ
※動作はゆっくりと。お尻が浮き過ぎないように注意

交互に5回ストレッチするだけでOK!

「肩甲骨」の可動域を広げ、痩せやすい体に

肩甲骨まわりをストレッチして刺激すると、脂肪をガンガン燃やす「褐色脂肪細胞」が動きだし、痩せやすい体になります。

肩・背中・腰のコリにも効果的。バストアップ効果も

肩を伸ばすことで、背中、腰までストレッチされて、血行がよくなりコリがほぐれますよ。
さらにバストアップしてくれるツボもあるので、スタイルアップにも効果的!

▼水中散歩で効率良く脂肪を燃やす

【手順】
1.プールに入る前に脚を伸ばすなど準備体操をする
2.ダラダラっとおしゃべりできるスピードで歩く

30分歩いて、10分休憩を2セットするだけでOK!

「温度」が低いので、自然とエネルギーが燃える

水温は体温より低く設定してあるので、体温を保とうとしてエネルギーを燃やそうと必死になるため、陸上で歩くよりもっと燃えます!

「水圧」で腹式呼吸になるので、心肺機能が鍛られ代謝がアップ

水圧がかかることで自然に腹式呼吸になるので、心肺機能が鍛えられ、筋肉もついて代謝がアップします。

「水流」のマッサージ効果で皮下脂肪の燃焼に

水中を歩いていると水流ができ、水流が体に当たることでマッサージ効果になりますよ。

参考リンク

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ねこ鍋2010さん

冬はねこ鍋にかぎる(●´⌓`●)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう