1. まとめトップ

いつか必ず役に立つ!お腹が痛くなった時(腹痛)の緊急対処法まとめ:みんな工夫してる!

【必ずお読みください】軽い腹痛でも重要な疾患の場合があります。腹痛が続く場合は、早めに医師に相談してください。

更新日: 2014年09月30日

Badbaloonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1076 お気に入り 2542396 view
お気に入り追加

◆まずとっても大事なこと

トイレに駆け込んだりすれば治ってしまうケースが多いが、中には耐えられない痛みに続けて襲われることも。激しい腹痛は命にかかわる病気のことがあるので、一刻も早く救急医療機関にかかることだ。

下痢が3日以上続く場合や嘔吐・発熱などの症状もともなう場合、水のような激しい下痢の場合は受診が必要ですので、医師に相談することをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆潰瘍性大腸炎かな、と思ったら

若い人の間で特に多いのが、この病気と言われています。あの安倍総理もこの病気でしたね。詳しい原因は不明ですが、どうやらストレスが大きな一因になっているようです。下痢がなかなか止まらなかったり、血便が出たりしたら、これを疑ってもよいでしょう。ひどくなると激しい腹痛や貧血なども起します。早めに病院に行きましょう。ここでは食事について、ご案内しておきます。

高たんぱく、高カロリー、高ビタミンで、消化のよいものをとり、アルコール、香辛料(こうしんりょう)などの刺激物や脂肪は制限します。

1)高エネルギー
2)低脂肪
3)低残渣(低繊維または水溶性繊維:編者注)
4)タンパク質
5)乳酸菌
6)オリゴ糖
7)カルシウム
8)鉄

【なぜ、その条件なのでしょう】
「傷ついた腸壁を直してくれるのはタンパク質です。UC(潰瘍性大腸炎)の症状があるときは体が炎症を治そうと働くので、多く のエネルギーを消費します。それを補うために高カロリーを摂取しなければなりません。また、症状が出ていない緩解期は、暴飲暴食だけしないように気を付け ていれば、あまり厳しく制限する必要はないと言われています。」
引用:http://vsuc.web.fc2.com/food.html

具体的な食材として体験例を挙げられている方がいらっしゃいます。オススメです。

Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆とりあえず何とかしたいという場合は?

--- ひたすら耐えろ系 ---

しっかりとお尻に意識を集中して、外肛門括約筋を強く収縮させましょう。筋肉の収縮という意味では、この行為はスポーツ選手が土壇場で見せる華麗なプレーと同じです。

腹圧を下げる(中略)座っているよりは立っているほうが腹圧が下がります。(中略)お腹を押さえながら内股で歩くのは「お腹が痛い」様子の古典的な表現ですが、前傾姿勢は腹圧が下がる一方で排便しやすい姿勢です。

ベルトを緩めズボンの留め具を外しチャックは半開もしくは全開
腹を何かで暖め呼吸は出来るだけ浅くしろ
着座姿勢は片ケツに重心を置いてケツを締めろ
それでも限界が来たら息を止めてダイナミックに震えろ

右の腹を下にして横になって寝ます。腹痛によります

--- とにかく温めろ系 ---

腹と腰に雑誌をあてがって、ベルトできつく締める
とりあえず応急処置としてはこれで大丈夫

自販機で暖かいお茶かって一本は飲め
もう一本はタオルに包んで下腹部に当てろ

我が家では、腹痛用の温パックを作ってます。ジプロック(チャック付きのフリーザーバッグ)に、水で濡らしたハンドタオルを固く絞ったものを入れただけなんですけど。おなかが痛くなった時には、電子レンジで温めて(500W で 30~40秒くらい)、腹にあてて温めます。

骨盤(尾てい骨の周り)や恥骨下を温めましょう。
骨盤内の血液の流れがよくなり、子宮の緊張がほぐれ、痛みが軽くなります。
カイロがお手軽に使えます。

--- これ飲んどけ(食べとけ)系 ---

1 2 3 4




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

ニヤリズムでまとめてます。

このまとめに参加する



公式まとめ