1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

思いっきり趣味を楽しむ“ロフトスペース”の使い方

ロフトスペースって寝るには暑く、荷物を置いたりするだけで、意外に使えてないとよく聞きます。そんなロフトの使い方を見てみると面白い使い方をしてる人や、真似したくなるような使い方をしている人もいましたので、有効な使い方をしている参考例をまとめたいとおもいます。

更新日: 2012年07月08日

亀吉53さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2361 お気に入り 501329 view
お気に入り追加

☆棚を使った大容量の収納スペース

寝る時に本を読む人にはもってこいのレイアウト。本ってけっこう置き場所にこまるので、ロフト利用は◎。

ちょっとしたものを収納したい時に、ロフトスペースの壁を利用するのは、ぜひ真似したいところですね。

CDを置くところって意外にこまるのですが、ロフトだと壁全面を埋めても圧迫感もなくていいですね。

収納棚で大量の本を収納し、その横にくつろぎスペースを作り、そのまま本をずっと楽しめる空間になっています。

☆家族で使うロフトスペース

家族でのんびりする時などに使えるロフトスペース。あんまり何も置かないほうが圧迫感がなくて良さそうです。

ちょっと宿題をしたり、書きものをする際に家族が入れ替わりで使えるデスクスペース。テーブルを低いものにしているので、狭さを感じないですね。

たまにゴロンとしたい時につかえる和室スペース。ゴロンとするだけだったら天井が低くてもいいので、ロフトは最適。

☆遊べるキッズスペース

出典suumo.jp

ロフトスペースは秘密部屋っぽい雰囲気もあるので、子供の遊ぶ空間にもはもってこいですね。

どんどん増えていく本を一箇所に集約する際に、天井が低くて使い方に迷うロフトが便利に使えます。

家族それぞれが遊ぶものを持ち寄り、いつでも遊べる空間として活用している家族のプレイルーム。

☆趣味に没頭できるこだわりスペース

音楽などの趣味を思いっきり楽し、ギターや好きなもので飾る大人の趣味空間。

オーディオ機器に音楽にと趣味をたくさん持っているお父さんが楽しめる趣味のお部屋。

芸能人の家なんかにあるオーディオルームの縮小版みたいな雰囲気で大好きな映画などを思いっきり楽しめる大人の時間を楽しめるスペースです。

プラレールって出したり直したりが面倒だし、毎日眺めてたいって時には、ロフトが大活躍です。

音楽を聞いたり、ボードを磨いたり、大好きな趣味に没頭するための素敵なスペースです。

☆集中できる書斎として

パソコンをする時は座っているので、ロフトでもぜんぜん問題ないですね。

パソコンを置くことで、家で仕事をする際の書斎に早変わりです。

1





亀吉53さん

ちょっとわかりはじめた

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう