1. まとめトップ

手術なしで目が良くなる!簡単な視力アップ方法まとめ

目が悪くて困っている人は、多いでしょう。生活に支障をきたすくらい、悪い人も少なくありません。そこで、誰でも出来る視力アップの方法をまとめました。

更新日: 2012年07月07日

skyfisherさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
439 お気に入り 432251 view
お気に入り追加

視力がアップする食べ物(まずは食べ物から変えよう)

緑色野菜

ほうれん草、フダンソウ、ケール、ブロッコリー、芽キャベツなどの濃い緑の野菜にはLutein(ルテイン)とZeaxanthin(ゼアキサンチン)という2種のカロテノイドが含まれています。ルテインとゼアキサンチンは異性体で、ヒトの網膜に存在し、はっきりとした像を結ぶには不可欠です。光にさらされることによって年とともに失われるルテインとゼアキサンチンを食品で補うことは、加齢による失明の予防につながるとのこと。摂取の目安は1日100gの緑の葉物野菜をサラダや加熱調理して食べるとよいそうです。

ルテインとゼアキサンチンは卵黄にも多く含まれています。1日置きくらいに卵数個のスクランブルエッグを食べたり、新鮮な卵黄で作ったマヨネーズなどで取り入れるとよいそうです。

うなぎ

ビタミンAなどが豊富で、視力アップにも効果的です。

ブルーベリー

夜間の視力に関係あるとされ、第二次世界大戦中は夜間任務のパイロットの視力向上のため取り入れられていました。ブルーベリーやブラックベリーなどの濃い色のベリー類はアントシアニンが豊富で、白内障や加齢黄斑変性による失明を予防し、進行を遅らせることができるそうです。目に血液や栄養を送り込む毛細血管を強くする働きも研究により示唆されています。朝食のシリアルにトッピングしたり、スムージーなどで取り入れると良いそうです。

動画で分かる簡単トレーニング

視力回復のマッサージ

1.両手を軽く握り、人差し指だけは「カギ状」にします。つまり第一関節と第二関節は曲げたまま、第三関節は伸ばします。人差し指の第二関節を、眉毛の下の骨の出っ張りに当てます。

2.そのまま骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻まで軽くマッサージします。

3.今度は同じように目の下の骨の出っ張りに沿って、目頭から目尻に向かって軽くマッサージします。

4.2と3を繰り返し行います。3分ほど行うと良いでしょう。

1





skyfisherさん



  • 話題の動画をまとめよう