1. まとめトップ
  2. ガールズ

彼氏が気づかない“お泊りメイク”

メイクがナチュラル傾向に向きつつありますが、最近ではナチュラルよりももっとナチュラルにした「すっぴん風メイク」が話題になっています。 ちゃんとメイクしながらも素肌感を出すお化粧ちょっとしたコツが必要になります。すっぴん風メイクを上手にするためのコツをまとめます。

更新日: 2012年07月12日

2210 お気に入り 551104 view
お気に入り追加

ベースメイク…下地は『多め』ファンデは『少なめ』

ローションパックをして肌に潤いを与える

まずはスキンケアで肌にしっかりと水分を補給しておきましょう。

下地をやや多めの量で顔の中心から全体にのばす

肌がワントーン明るくなるベージュ系が◎。この段階である程度の色ムラやくすみをカバーしたいので量はやや多めにします。

ファンデを顔の中心から外側に少量を薄く丁寧にのばす

目の周りや頬の、顔の中心においてから指の腹を使って外側になじませていきます。ファンデは通常の約半分~2/3の量にします。

くまなどが気になる部分にはファンデを指で重ねづけする

気になるくまなどには、ファンデを重ねづけ。ごく少量を指でトントンと軽くたたくようにしてなじませます。

パール入りのハイライトを、目の下Cゾーンにオン

濡れたような艶がでて、すっぴん風でキレイな素肌感がでます。ハイライトは粒子が細かいものを選びましょう。

フェースパウダーをスポンジで薄くつける

パフよりも断然スポンジがおススメです。毛穴が気になる所はブラシを使うとさらにGOOD☆

すっぴん感を出しつつしっかりとするアイメイク

眉はペンシルで薄めに描き、ブラシでぼかす

自眉よりワントーン明るい色を選ぶと自然に馴染みます。

まつげはビューラーのみで仕上げる

ビューラーをドライヤーで温めてから使うと、カールが長持ちします。ボリュームがもうちょっと…という人は毛束感のでない透明マスカラや自然に見えるマスカラも◎

アイラインはダークブラウン、ペンシルで極細に引く

黒よりもダークブラウンを使うとより自然になります。まつげの隙間を埋めるように引くのがポイント。
下まつげにはアイラインを引かないほうが、すっぴん感がでます。

仕上げにふんわりチークとリップメイク

チークはラメなしを頬の一番高いところを中心に薄くふわっとのせる

すっぴん風ならチークを塗ってるか塗ってないか分からないくらいでOKです。

リップペンシルを唇全体に均一に塗る

鮮やかにしっかり発色する、リップクレヨンや軟らかめの芯のリップペンシルがオススメです。

ふっくら唇にしたいならリップクリーム+グロス

リップクリームやリップラインを唇全体に均等に塗って、その上にグロスを塗りましょう。
中央にたっぷりのせて左右に広げると自然な厚みとツヤを出すことができます。

参考サイト

1





このまとめへのコメント4

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

怪盗ツインEさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう