1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

Photoshopの超基本テクニック

Photoshopは色んな機能がついていて万能なソフトですが、いまいち使い方が分からずなんとなく使っているという方も多いですよね。そこでPhotoshopを使って超簡単にできるテクニックを集めてみました。ほとんど1分~10分ぐらいでできて、きれいに仕上がりますよ!

更新日: 2012年07月12日

only_youおさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12536 お気に入り 546003 view
お気に入り追加

写真のイメージを変える人物レタッチ

「コピースタンプツール」で簡単にクマを薄くする

1.背景レイヤーを複製し、レイヤー名を「クマ除去」と入力
2.ツールパレットから「コピースタンプツール 」を選択
3.コピースタンプツールの設定は「マスター直径:15px」、「モード:比較(明)」、「不透明度:10%」に設定します。
4.option(alt)キーを押しながら、肌の明るい部分をクリックしてサンプルを取る
5.目の下のクマを繰り返しなぞる※不自然にならないよう、完全に消してしまわないようにしましょう。

「トーンカーブ」と「カラーバランス」で簡単に美白

1.目をクイックマスクモードで塗る
2.クイックマスクモードを解除して、新規レイヤーにコピー&ペースト
3.新規で作成したレイヤーを選択し、「イメージ」→「色調補正」→「カラーバランス」でブルーの方向に引っ張る
4.唇はピンクにしたいので1~3の手順でカラーバランスをピンクの方向に引っ張る
5.「イメージ」→「色調補正」→「トーンカーブ」で明るいところはもう少し明るく、コントラストを少し強くする
6.「イメージ」→「色調補正」→「カラーバランス」で少し青みを出す

レイヤースタイルを「オーバーレイ」にするだけで立体的に

1.写真を開き、レイヤーを複製して、同じレイヤーが二つある状態にする
2.複製したレイヤー(二つあるうちの上のレイヤー)のレイヤースタイルを、「オーバーレイ」にする
※写真に白い部分が多い場合は、「ソフトライト」にします。

見たままの色を出す方法

「明るさ・コントラスト」で印象を変える

1.「イメージ」をクリックし、「色調補正」の中から「明るさ・コントラスト」を選択
2.明るさとコントラストの数値をあげる。プレビューにチェックを入れると変化が分かりやすいです。
※コントラストは上げすぎると画像が粗くなります。明るさの数値よりも低めに設定しましょう。

レベル補正&フィルタで夜景をキラキラさせる

1.「イメージ」→「画像補正」→「レベル補正」を選択
2.黒と白をハッキリ発色させられるように、△を右端までドラッグ
3.「背景のコピーレイヤー上で右クリック」→「レイヤーオプション」→描画モードをスクリーンに設定
4.「フィルタ」→「ブラシストローク」→「網目」を選択し、作成したスクリーンレイヤー01になっているか確認
5.ストロークの長さ:50、シャープネス:2、強さ:3に設定し、フィルタで効果を与える

「トーンカーブ」を使って色調を補正(食器の白を補正する場合)

1.レイヤーウィンドウから「トーンカーブ」の設定をひらく
2.一番右のスポイトマークを選んで、白くしたい場所を選択

マスクを使って簡単に切り抜く方法

「クイック選択ツール」を使って簡単に切り抜く

1.クイック選択ツールを選択し、必要な部分をクリックして選択。※ここでは必要な領域より少なめに選択しましょう。
2.マスクパネルで「ピクセルマスクを追加」をクリック
3.マスクパネルで「マスクの境界線」をクリックし、「マスクの調整」の「半径を表示」をチェック
4.エッジの調整ツールで境界線を修正し、「マスクの調整」の「エッジを調整」で仕上げる

「クリッピングマスク」で写真を文字で切り抜く

1.画像を開く
2.テキストの入力
3.レイヤーパレットで画像レイヤーをドラッグして、テキストレイヤーの上になるように配置
4.画像レイヤーをクリックして、「レイヤー」メニューの「クリッピングマスクを作成」を適用

Webアイテムの簡単チュートリアル

レイヤースタイルを設定する

角丸長方形ツールなどで基本的な型を生成したら、そのレイヤーにレイヤースタイルを設定します。
・ドロップシャドウ…角度と、不透明度を調整
・グラデーションオーバーレイ…グラデーションはポイントを3つほど用意し、濃い部分で2点、濃い色と同系色の明るい色で1点利用
・光彩(内側)…ソースはエッジで、サイズやチョークはプレビューしながら設定しましょう

「クイックマスクモード」で綺麗な反射グラデーションをつくる

1.基本的な型が描かれているレイヤー上をCtrl(MacはCmd)を押しながらクリックして選択範囲を作成し、「選択範囲」メニューから「選択範囲を変更」→「選択範囲の縮小」を選択肢、選択範囲を「2px」ほど縮小
2.新規レイヤーを作成し、先ほど縮小した選択範囲を白で塗りつぶす
3.白く塗りつぶしたレイヤーの不透明度を「80%」ほどに設定
4.先ほど白く塗りつぶしたレイヤーの下半分ほどを円形選択ツールで選択し、選択した部分を削除
5.クイックマスクモードに変更し、グラデーションを描きマスクを作成
6.画像描画モードに戻り選択部分を削除

ハーフトーンパターン機能を使う

1.描画色と背景色を選んでおく
2.メニューから「フィルター」→「スケッチ」→「ハーフトーンパターン」を選択
3.パターンタイプに「線」を選ぶ。サイズは線の太さです。
※コントラストをあげると境目がはっきりします

雲のブラシを使って青空をつくる

1.適当な大きさのキャンバスを青で塗りつぶす
2.フィルタ⇒描画⇒逆光ですきな場所に太陽をつくる
3.雲のペイントブラシを読み込んで好みの場所に配置する

Photoshopのはねフィルターを使う

1.メニューバーの[フィルター]-[ブラシストローク]-[はね]を選択
2.はねの模様が気になる場合は、スプレー半径を小さくしたり、滑らかさを大きくしたりして調整する

1





このまとめへのコメント8

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

only_youおさん

オンリーユーなまとめ作ります!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう