1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

表やグラフが「見やすいね」と言われるExcelの小ワザ

Excelで資料を作るときに、テンプレートの設定を使っていましたが、「なんか見にくいよね」と上司に言われてしまいました。自分ではなんとも思っていなかったのですが、人に見せる時は一工夫あったほうがいいんですね。そこでExcelデータを見やすくする小技をまとめてみました。だいぶわかりやすくなりますね。

更新日: 2012年07月17日

9646 お気に入り 830553 view
お気に入り追加

表データをパッと見てわかるようにする

条件付き書式を利用して、1行おきに色をつける

1.設定したいセルを範囲選択
2.[書式]→[条件付き書式]をメニューから選択
3.条件には数式を[=MOD(ROW(A1),2)=1]を入力し、書式のパターンから好みの色を選択

条件付き書式の設定で、条件を満たす数値を赤く目立たせる

1.データを範囲選択し、メニューバーの「書式」→「条件付書式」を選択
2.条件付き書式のダイアログボックスに「次の値より大きい」を選択、「30」と入力
3.「書式」を押して、「フォント」のタブの中で、「太字」と文字の色を赤に設定

データの増減を直感的にわかるように、条件式で記号を付ける

1.新しいテーブルにデータをコピー
2.データ部分を空にして、「=ROUND(C10,0) & " " & IF(C9<C10,"▲", IF(C9=C10,"●","▼"))」を入力
※C10は元のデータ、C9は比較するデータ、●▲▼は上げ下げ。
3.次に、条件付き書式で、データのフォントの色を赤・青・緑に設定
3.メニューより、「書式」→「条件付き書式」を選択
4.「数式」を選択し、「=C9C10」は「赤」を選択

行間・列間・罫線の色を整えて、見やすい資料にする

1.シート全体を範囲選択して行間を広げる。列の間は見やすい幅に感覚的に。
※A4サイズでの印刷をする場合、文字の大きさは10ポイント、行間は15.00がおすすめのサイズです。
2.罫線の設定を「40%灰色」にする
3.ヘッダーは黒背景に白抜きの文字、タイトルは14ポイントに設定

きれいで見やすいグラフを作る

ドーナツ型でイメージが付きやすいデータを作る

1.データを選択し、「グラフの種類」で「ドーナツ」を選択
2.円グラフは「パーセント表示」に設定
3.凡例をダブルクリック→位置で「下」を選択

直感的にわかるように、ラベルにテキストではなく画像を使う

1.グラフを選択した状態で、メニューの「挿入」→「図」→「ファイルから」を選択
2.配置する画像を選択し、「OK」ボタンをクリック
3.配置した画像のサイズを調整する

同じグラフの中で分析ができて、見やすく設定する

1.合計の棒グラフ上で「右クリック」ー「グラフの種類」を押す
2.折れ線グラフを選んで、「OK」を押す
3.合計グラフ上で「右クリック」→「データ系列の書式設定」→「軸」タブで「第2軸」に設定し「OK」

「|」記号と数式を使って、セル内に棒グラフのように配置する

1.棒グラフを配置するセルを選択し、セルのデータに、「=REPT("|",C9/5)」を入力
※C9は数字のセル、「|」は棒グラフの元。
2.「メニュー」→「書式」→「条件付き書式」を選択
2.「数式」を選択し、「=($C14>AVERAGE($C$8:$C$67))」を入力
3.書式にフォントの色「赤」を選択し、「OK」ボタンをクリック

白黒印刷しても見やすいデータにする

白黒印刷に最適な設定にチェックして、塗りつぶしパターンを変える

1.グラフ入りのドキュメントを作成したら、[ファイル]タブの[印刷]→[ページ設定]をクリック
2.[シート]タブをクリックし、[白黒印刷]にチェックを入れて、[OK]をクリック
3.作成したグラフのデータ要素の1つを右クリックして、[データ系列の書式設定]を選択
4.[塗りつぶし]の[塗りつぶし(パターン)]を選択し、パターンを選ぶ。[前景色]を黒、[背景色]を白にしたら、[閉じる]
5.[データ系列の書式設定]書式設定ダイアログボックスで、[系列のオプション]の[系列の重なり]を[離す]の方向にドラッグする

参考リンク

1


おすすめまとめ



このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

にょろ~ぬさん

このまとめに参加する



公式まとめ