1. まとめトップ

少女時代の振付師「仲宗根梨乃」とは何者なのか

ソニーの重低音ヘッドホン「EXTRA BASS」のコンセプト・ムービーに出演されている、少女時代「GENIE」の振付をされた仲宗根梨乃さん。調べてみると凄い経歴をお持ちの方でした。

更新日: 2012年07月23日

ty0911さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
69 お気に入り 119697 view
お気に入り追加

仲宗根梨乃とは

仲宗根 梨乃またはリノ・ナカソネ・ラザラン(Rino Nakasone Razalan、1979年6月11日 - )は、日本のダンサー、振付師。現在、アメリカ合衆国ロサンゼルスを拠点に活動している。

08年に、韓国の男性グループSHINeeのデビュー・シングル「お姉さんは本当にきれい(Replay)」で振付師としてデビュー。

経歴

1979年(昭和54年)、沖縄県那覇市で生まれた。小学5年生の時にマイケルが出演する映画『ムーンウォーカー』を見て、進路を固めた。

19歳で渡米。

その仕事が転機となり、様々な仕事が舞い込むようになった。

'04年のグウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」

2009年、アメリカ合衆国のダンス競技番組『America's Best Dance Crew』シーズン3に、女性ダンスグループビート・フリークスの一員として出演し、準優勝。

2009年、少女時代のシングル「GENIE」の振付を行う。

一世を風靡したこのダンスの振付をされています。

仲宗根さん本人がGENIEを踊っています。身体のキレが凄い!!

2010年、プッシーキャット・ドールズに加入。

2007年7月6日、開業医を父に持つフィリピン系2世のリー・ラザランと結婚。

主な振付

1 2




ty0911さん

興味を持ったこと、可愛い動物、音楽やファッション系のまとめが多いです。

このまとめに参加する