1. まとめトップ
  2. カラダ

よく「足がつる人」は注意したい怖い病気

足がつってしまう…誰でも経験することではありますが、テレビでみたのですが、よくつる人は病気が潜んでいる可能性もあるそうです。中には切断しないといけないと診断した人まで…。そこで、よくつってしまう人に注意して欲しいことや対策をまとめたいと思います。

更新日: 2012年07月26日

kuroneko便さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
369 お気に入り 1520017 view
お気に入り追加

病院に行った人が受けた診断結果

まさか…こむら返りで足切断!?
閉塞性動脈硬化症が原因で、「放置すると足を切断しなければならない可能性がある」と告げられました。

脚がつるので病院に行ったところ、腎臓病が発覚しました。

病院に行ったときの話しでは、“腰の冷え”からもくると言われました。

夜も両足が交互につりましたので、原因を徹底的に調べましたら・・・ナント糖尿病になってました。

病院に行くと「甲状腺障害」が原因と診断されました。血栓障害でも成るそうです。

“足がつる”症状に潜んでいる病気

椎間板ヘルニア

背骨の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が、老化や激しい運動などによって外に飛び出してしまい、神経を圧迫している状態です。

閉塞性動脈硬化症

足の太い血管が動脈硬化を起こして詰まってしまい、血流が悪くなる病気です。

糖尿病

内分泌疾患などがあって足がつることもあるそうです。

脳梗塞や心筋梗塞

血液の流れが悪いと、足がよくつるようになり、結果、脳梗塞や心筋梗塞につながる可能性があるようです。

病気以外で症状を引き起こす原因

日常生活においてもしっかり予防しましょう。

栄養素や水分の不足

カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムといったミネラル分や、ビタミンB1やタウリンといった栄養素が不足しているとつりやすくなるそうです。

筋肉の冷えによる血行不良

腰や足が冷えると、筋肉を収縮させるため、足がつる原因となることがあります。

骨盤のゆるみ

プールなどの遊泳時に足がつることがありますが、これは水の中に浮いていると徐々に骨盤がゆるんでくる事が原因です。

つったときの正しい対処法

足がつった場合、よくストレッチやマッサージをしますが、コツや注意したいことがあります。

患部に温タオルを当てるなどしてあたためる

「足がつる(こむら返り)が起こったら、とりあえず冷やす」のは間違いで、あたためて血行をよくしましょう。

やさしく心臓に向かってさする

ふくらはぎを下から上へ向かってやさしくさするようにマッサージしたり、ひざの裏をもむ、足首を回すなどの方法で血行を促し、硬くなった筋肉をほぐしましょう。

無理をせず「ゆっくり伸ばす」ことが大切

無理に伸ばしたりすると、肉離れを起こしてしまうこともあります。

参考サイト

1




このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1

kuroneko便さん

このまとめに参加する



公式まとめ