1. まとめトップ

日本発なのに日本人がほとんど知らない国際協定「ACTA」★欧州議会が大差で否決するまでの流れまとめ

模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)★日本の国会での審議が始まった。ヨーロッパを中心に反対する抗議の声が多いことは日本では報道されない。ヨーロッパでの流れをまとめてみた。ACTAを拒絶する50の理由。

更新日: 2012年10月18日

50 お気に入り 119219 view
お気に入り追加

2008年にWikiLeaksにリークされるまで内容すらわからなかったACTA。リークで初めてその存在が日本に伝えられた。

2011年9月30日玄葉外相会見。2012年7月4日欧州議会で否決。

ACTAに対して、ヨーロッパでは激しい抗議活動がおこなわれた。

反対署名は280万を超えた。そして……

ACTA、このビデオのデモや抗議は11すべてのヨーロッパ全土にわたって2012年1月23日から2月11日まで行われました。これはそれらのほんの一部です。動画途中ででてくる地図が、デモが行われた地点を示しています。たくさんの場所でデモが行われ参加者は10万人を超えました。反対署名は280万以上。

EU議会は、ACTAを否決。反対478票、賛成39票、棄権165票

ACTAの交渉が極めて不透明に行われ広く国民的な議論が全くなされて来なかったこと

結果として、ACTAの条文が曖昧となっており、表現の自由やプライバシー、個人情報保護の権利などを害するような各国法制をもたらす危険があること

特に、非商業的規模の個人による著作権侵害に対する刑事訴追や、ISPなどによる通信の監視・ISPの著作権警察化をもたらす危険性が高いこと

を問題として欧州議会はACTAを否決しているのである。

今日7月4日。ヨーロッパはアメリカの特殊利益からの独立の日を祝う。

今日、我々は大企業に対する我々の最も基本的な権利のために立ち上がって、勝った。

私たちのすべてと、この現象が発生した、世界中のバリケード上のすべての兄弟姉妹のおかげです。おめでとうございます。

欧州議会で掲げられた、ACTAを拒絶する50の理由(50reasons to reject ACTA)

6.ACTAは、将来の技術進化を止め、現状の技術にわたしたちを固定化します。

13.ACTAは、インターネットの個々の使用の監視をする形態を伴う措置を奨励しています。(当該技術分野で含む。27.3と27.4)

15.ACTAは、人権と芸術のEUの基本権憲章、欧州条約で保護されたプライバシーの権利、データ保護、通信の機密性へのコーポレートアクションによって違反です。

16.ACTAは、表現の自由を危険にさらします。

18.ACTAは、重要な用語が未定義で曖昧にできてます。

19.ACTAは、非常に問題がある刑事制裁の『幇助と教唆』を課しています。

1 2





スイカのタネさん

一番作りたいものは、『動画サイトに氾濫する動画をテーマ別に効率的にわかりやすく見るための動画集まとめ』です。しかし、大量の関連動画をすべて見てから取捨選択しているので、なかなか仕事が捗りません。



  • 話題の動画をまとめよう